サザンカ&ノゴマ

先日の早朝に家のベランダから見た空ですが久々に東の空が焼けました。
Pa055556
中山寺の奥の院の道中で見た季節を先取りしてるサザンカの花
Pa085573
サザンカの花その2
Pa085574
ミョウガの花→友人からこの花はショウガの花と指摘があり、ショウガの花と訂正をしてお詫びを申します。
Pa065568
ここから野鳥で最初はセキレイ
Pa055564
モズの鳴き声が聞ける季節です。
Pa065572
ここからは今日大阪城公園で見た野鳥たち
コサメビダキその1
Pa095596
コサメビダキその2
Pa095599
コサメビタキその3
Pa095613
コサメビタキその4
Pa095614
オオルリ(若)その1
Pa095605
オオルリ(若)その2
Pa095601
キビタキ♀
Pa095574
初見初撮影のノゴマその1
Pa095581
ノゴマその2
Pa095584
ノゴマその3
Pa095586
ノゴマその4でした。
Pa095594


ミュージックパーティー「アトレの集い」

1st : Standard JazzSp4220015

1 「Strike Up The Band」
2  「Stardust」
3  「Fly Me To The Moon」
4  「Misty」
5  「The Queen Bee」
6  「Take The "A"Train」Sp4220019
7  「Alright,Okay,You Win」
8  「All Of My」
2nd : ハワイアン&フラSp4220021
1  「イアリイ ノ オエ」
2  「パパリナ ラヒラヒ」
3  「マヌ オ オ」Sp4220027
4  「南国の夜」
5  「カ レフア プノノ」
6  「エピ リマイ」Sp4220032
7  「ソフィスティケーテッド フラ (月の夜は)」
3rd : 電影宣伝音楽的心etc
1  「Autumn Leaves」Sp4220033
2  「電影宣伝音楽的心」Sp4220035
3  「What A Wonderful World」

出演バンド他紹介
 AGJO(エイジド・グリーン・ジャズ・オーケストラ)
 NOHEA(ノヘア)
 こおろぎゆきこプロ(歌)
 Hula Halau アロハ フラ オ カ ラニ

演奏、歌、踊りはもちろん良かったですがバンマスと司会者のかけあいが漫才を聞いてるようで楽しくアッと言う間の2時間半。

ちなみに場所は伊丹ホールで声をかけてくれた友人はNOHEAのBessのM氏でした。

  

神戸・北野坂界隈

友人の誘いではじめてのメキシコ料理を食べに行ってきました。

神戸三宮から北野坂を歩いて十数分のティファーナ カーサ・デ・ララと言う創業40年のお店です。

席に着くとトルティーヤ(タコスを包む皮を硬めに焼いたもの)のつき出しがおかれ、それに香辛料の効いたトマトケチャップのようなソースをつけていただきます。

飲み物はマルガリータ(テキーラがベースのカクテル)でカクテルグラスの周りはお塩が載せられてました。

牛肉、鶏肉、海鮮それぞれのタコス料理を注文してオリジナルソースでおいしく食べアルコールのお代わりはメキシコビールを出された瓶のまま飲みます。

ほか海鮮サラダやご飯類等などを食べてると、お隣の席の人たちが珍しいチョコレートの料理を食べてたので注文することにしました。

すると私たちの話を聞いてたのか「良かったら少しですがどうぞ食べてくださいと」チョコレートで味付けをした鶏肉とアボカドのはいった料理を隣の席のお客さんから差し入れがあり、ありがたくいただきました。

これは糖類が使われてないカカオ味の料理でしたよ。K3400020

料理をほぼ食べ終えた頃、オーナーによるラテンの歌のサービスがありました。

食べて飲むことに夢中になり料理の画像が1枚もないのはとても残念です。K3400021

キサスキサスキサス他2曲を歌ってくれました。

その帰り道に神戸ジャズ発祥の地のライブ会場である「ソネ」に寄ります。

サックスが里村稔氏、ヴォーカルが岩宮美和さん、ピアノは杉山悟史氏、ベースは西垣昌也氏、ドラムが引田裕路氏です。K3400022

クリスマスソングのジングルベルなどの曲も歌ってくれて、1日早いクリスマスイブを楽しんだ夜でした。

Salon de AManTo

昨年の9月に行って以来、久しぶりにAManToの音楽イベントに参加。

会場のAManToは大阪駅に近い中崎町にあるが、この付近一帯は戦災に合わず古い家屋が密集しており、築120年の民家を空家再生パフォーマンスで100パーセントのリサイクルで作られたイベントハウスである。Sp6140147

会場入り口でチケットを販売する風景でこの家の中で演奏が行われる。

今回は開場と同時に入場、一番最前列を確保し開演まで1時間、友人達と雑談に興じる。Sp6140153

3曲で約2時間、20本の弦を操り、バイオリンのような高音域からベースのような低音域までの演奏をたっぷり楽しめインド音楽の世界に身をおくことができた。

シタール奏者の石濱匡雄氏は若干15歳で北インドの民族楽器を習い始めインド東部のカルカッタ移住し、シタール奏者に師事、国内外で積極的なライブ活動を行い最近では尺八とか異楽器とコラポレートし幅を広げてるとの事。Sp6140151 Sp6140152

休憩の時カメラを向けるとポーズを決めてくれたタンプーラ奏者と左右の太鼓を操り、伸びの良い繊細な音と話しかけてくるような表現をするタブラ奏者。

石濱氏手作りの特製インドカレー

中にはいっている香辛料とキュウリ、ピーナツがカレー風味を独特なものにし、美味しく頂いた。Sp6140148

CALCUTTA NIGHT

週末にマイミクさんより定期イベントCALCUTTA NIGHTの案内があり、友人とでかけた。

場所は大阪北区中崎にある築120年になる古民家を改造したと言うイベントスペース、昔のアングラ劇場の雰囲気。

インド古典楽器 シタールの演奏は初めて聞いたが、遠くヒマラヤのせせらぎの流れが大河ガンジス川となるようにゆったりと時には激しく聞くことができた。

他に2つ一組の太鼓のタブラと弦楽器のタンプーラの息の合った競演で時の経つのも忘れ楽しむことができた。K3100010_s2_2 K3100011_s1_2

演奏の合間に寛ぐ奏者。

BEATLES

近所で毎月第3土曜日に開かれてるライブに行く。

お店は宝塚駅から数分のPromised Land

http://sound.jp/promised_land/

店長は気さくで気持ちいい対応をしてくれる。

ビートルズナンバーが中心の演奏と歌の中に身をおいて久々に酔い痺れる。

体が自然とリズムをとってるんがわかる・・・・・・・・笑

バンド名はTHE BEATNOISE

http://beatnoise.cool.ne.jp/

開始前にミクシーの友人からバンドマン、マチャニーさんの紹介を受ける。

家族的な雰囲気の中、演奏の合間のコメントの中に参加者みんなの笑いがあり約3時間、十二分に楽しめた。お近くでビートルズ&70年代ポップスのお好きな方はぜひ一度行かれることをお奨めします。

写真は演奏風景のスナップPa210042 Pa210050

無料ブログはココログ