« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

タイタンビカス&カワセミ

今、中山寺境内で一番元気がある花のタイタンビカス
P9111801
タイタンビカスはモミジアオイとフヨウの交配の花でアオイ科フヨウ属とのこと。
同じような花が天王寺川沿いの土手道に咲いている。たぶんフヨウの仲間でしょう
P9121823
同じく天王寺川の土手道にニラの花も咲いていた。
P9131852
前回紹介したゲンノショウコは奥之院に近いやすらぎ広場のあちこちで見られた。
P9121837
ゲンノショウコの赤花をやすらぎ広場で探したが見当たらなく、奥之院の境内で赤花を見つけた。
P9121840
中山寺奥之院から下山時に御殿山の池で見た赤トンボ
P9131866
近郊の野鳥たちでイソヒヨドリ
P9121845
カワセミ
P9121841
ハクセキレイ
P9131869
セグロセキレイ
P9131871
コサギ
P9131848
アオサギ
P9131851
チュウサギ
P9131867
チュウサギの飛翔でした。
P9131868

ゲンノショウコ&キビタキ

中山寺奥之院に近いやすらぎ広場で咲いていたゲンノショウコの花
P9101799
中山寺奥之院参道のあちこちで見られるオトコエシの花
P9091769
奥之院からの下山中に宝塚の御殿山にある上池で出会った疲れてるチョウトンボ
P9091778
近郊の野鳥たちでアオサギ
Dsc_3609
ヒヨドリ
Dsc_3610
メジロ
Dsc_3612_20200910170401
ホオジロ
Dsc_3621
イソヒヨドリ
P9091780
コサギ
P9081759
ダイサギ
P9081761
間もなく越冬地の南の島に渡たるキビタキ雄
Dsc_3617_20200910170501
また来年の春には元気な姿を見せて欲しいものです。
Dsc_3619

アメリカフヨウ&チゴモズ

中山寺境内で咲いてるアメリカフヨウ
Dsc_2961
アメリカフヨウはアメリカ合衆国の南部の原産でハイビスカスの一種とのこと。
キバナコスモス
Dsc_3113
キバナコスモスが天王寺川沿いの土手道に咲き始める。
ヘクソカズラは奥之院参道で見た。
Dsc_3148
葉とか茎を折ると悪臭がするからこのヘクソカズラの名前がついたとのこと。
ハンミョウ
Dsc_3275
奥之院参道で時々出会う。
ここからは近郊の野鳥たち
ヒヨドリ
Dsc_3108_20200905182701
早朝から良く鳴いており、我が家のベランダから写したヒヨドリ
奥之院参道で出会ったヤマガラ
Dsc_3269
両足で食べ物を掴んでる。
Dsc_3271
回りを警戒しながらつついていた。
Dsc_3273
天王寺川沿いのダイサギ
Dsc_3279
昨日行った大阪城公園で出会った少し変わった羽根のハト
Dsc_3288
キビタキ雌
Dsc_3428
これから越冬地のマレー半島やスマトラに渡る途中のサンコウチョウは3羽いた。
Dsc_3436
サンコウチョウその2ですが雄の長い尾っぽが短くなり雄雌の区別がつきにくい。
Dsc_3438
サンコウチョウその3
Dsc_3449
サンコウチョウその4
Dsc_3444
サンコウチョウその5
Dsc_3445 
チゴモズ雌
Dsc_3456
初撮影で目と腹しか写っていないが珍しいので載せました。夏鳥で図鑑によると中部地方から東北南部の丘陵地や山地で繁殖し、
この時期に中国南部やマレー半島の越冬地に渡るとのこと。

 

 

ヒガンバナ&サンコウチョウ

武庫川沿いを歩くとヒガンバナが咲いている。
Dsc_3094
奥之院参道のアゲハチョウ
Dsc_2664
近郊の野鳥たちでメジロ
Dsc_2449
コゲラ
Dsc_2646
ソウシチョウ
Dsc_2656
エナガ
Dsc_2905
アオサギ
Dsc_3084
セグロセキレイ
Dsc_3096
コサギ
Dsc_3086
先日行った大阪城公園で出会った野鳥たちで水浴び中のヤマガラ
Dsc_2945
ヤマガラとメジロ
Dsc_2944
メジロとシジュウカラ
Dsc_2946
シジュウカラ
Dsc_2948
エナガ
Dsc_2934
サンコウチョウ
Dsc_2937_20200902213101
サンコイウチョウその2
Dsc_2917
サンコウチョウその3
Dsc_2923
ムシクイでした。
Dsc_2930

 

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

無料ブログはココログ