« コムラサキ&ノビタキ | トップページ | アケボノソウ&アカゲラ »

妙見山ハイキング

土曜日にいつもの仲間たちと能勢にある妙見山(標高660m)にハイキングに行ってきました。
今回は地元にお住いのAさんとそのお友達が案内してくれ、能勢電鉄の妙見口駅に集合し、上杉尾根コースを登りました。
Dsc_3885
前半はキツイ登り坂もありましたが展望の良い場所もありました。
山上駐車場で昼食を食べてから記念撮影
Dsc_3890
参道で出会ったエナガ
Dsc_3967
この妙見山は北極星信仰の聖地で日蓮宗の総本山ですね。
境内は広いんですよ。
Dsc_3914
また境内に大阪府と兵庫県の境界がありました。
お参りを済ませて、大堂越コースを下山しましたが数人は途中にあるケーブルで下山です。
ケーブル駅近くに妙見の森ふれあい広場があり園内の乗り物が走っていました。
Dsc_3928
下山して駅に行く道中で出会ったイソヒヨドリ
Dsc_3972
畑と山裾の境の網に上にいたキジバト
Dsc_3973 
集合場所の妙見口で解散して、希望者だけで打ち上げを京橋で行いました。
天候に恵まれ良いハイキングになりました。

前回のブログ更新から昨日までに出会った蝶と野鳥の紹介
花にきたアゲハチョウ
Dsc_3731
ムクドリの幼鳥
Dsc_3727
イソヒヨドリの飛翔
Dsc_3732
セグロセキレイ
Dsc_3853
キセキレイの飛び出し
Dsc_3856
抱いている卵を嘴で回してる親鳥のカイツブリでした。
Dsc_3858













 

 

 

 

 

« コムラサキ&ノビタキ | トップページ | アケボノソウ&アカゲラ »

コメント

いいハイキングをされましたね!
山自体が修行の場になているのでしょうか?

わが故郷にも日蓮さんの像はありまして湾の方をながめて
おられます。

カイツブリが卵の面倒を!
この時期でも雛をかえすんですね。
早くしないと寒い冬が来るのに・・。

おはようございます。
雨になりそうな朝を迎えています。

能勢の妙見山は数十年前の昔いったことがありますが
当時ケーブルはなかったように思いますが、、、!?
お仲間と楽しまれて良かったですね。

蝶と花は似合いますね。
今回も野鳥画像が素敵です。(*^。^*)

茂グリはんに~💌

まいど~
ハイキングは本来9月に計画してくれていたんですが雨で流れて10月の開催になり、最高の天気に恵まれました~(^O^)
このコースは世話役さんが地元なもんでコースを熟知していたんで、至れり尽くせりのハイキングになりました。
関西のお山で信仰の対象になってるお山はあちこちあって、昔から修行の場になってますね。

そうですよね!
今の時期に卵を抱いてるのは遅すぎて、カイツブリは何度もチャレンジしてるようですが今回こそは、うまく孵って欲しいですね。

なるきんさんに~💌

こんにちは
こちらは朝から雨が降りそうでしたがまだ降ってなかったんでいつものように家を出て、中山寺から奥之院の道中で本降りになり傘をさしてのお参りになりました。
下山時はやんで良かったです。

妙見山は行かれたことがあるんですね。
山頂まではケーブルとそれからリフトを利用すると楽に行けるんですよね。
何時できたか知らないけど私が十ウン年前に行った時にもうケーブルは動いてましたね。
いつもの仲間は集まるとワイワイと楽しいです。

蝶とお花をほめてもらい、ありがとうございます。

ムクドリの幼鳥は可愛いですね、見たことがないです
イソヒヨドリの飛ぶ姿綺麗ですね!!

セグロセキレイはハクセキレイではないかと思うのですがどうでしょう?

大木さんに~💌

天王寺川沿いはムクドリが多いんですよ。
成鳥か幼鳥か写してみないとなかなかわかりません。
やはり幼鳥は幼さを残していますね~(^O^)

ハクセキレイの夏羽ととても似ていますが胸の部分が黒くて喉の部分が白く、頬の黒い部分がハクセキレイより気持ち広く、上面の黒い羽根とつながってるのでセグロセキレイと判断したんですよ。
見分けずらい個体ですよね~(^O^)

ありがとうございます
鳥の判別は本当に難しいですね
鶺鴒もそうですが、一番苦手なのはシギ、チドリ類です

昨日都鳥を見ました、先輩方が喜んでいたのであまり会えない鳥なのかと思いました

大木さんに~💌

書き込みをおおきにでした。
ハクセキレイとセグロセキレイは過去に何度か名前を間違って、諸先輩方から教えてもらった記憶があるんですよ。
でもいまだにハクセキレイとセグロセキレイの幼鳥の判別は難しいと思っており、それぞれの幼鳥を数多く見ないといけないですね。

まだミヤコドリは見ていないですね。
見られた大木さんがうらやましいです。
大河川や海岸付近の田んぼ周辺に行く機会が少ないのでシギ類に会う機会が少ないんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コムラサキ&ノビタキ | トップページ | アケボノソウ&アカゲラ »

無料ブログはココログ