« サルスベリの花&アオバズク | トップページ | ユリの花&アオサギ »

ノーゼンカズラ&キビタキ

中山寺に向かう道中でひときわ目立つノーゼンカズラの花
真夏の青空に似合います。
Dsc_5937
天王寺川沿いのハクセキレイ
Dsc_5804_20190808145501
中山寺から奥之院参道のヤマガラ
Dsc_5875
コサメビタキ
Dsc_5884
メジロ
Dsc_5886
エナガ
Dsc_5993
コゲラ
Dsc_6003
キジバト
Dsc_5938
ツバメ
Dsc_6101_20190808150401
コシアカツバメ
Dsc_6102
キビタキでした。
Dsc_6108





 

« サルスベリの花&アオバズク | トップページ | ユリの花&アオサギ »

コメント

ノーゼンカズラは、テッポウユリに形が似てますね(^.^)
真っ青な空に ほんとにマッチしてます。
そちらの暑さはいかがですか?こちらは もう たまりません!!
じっとしていても、汗が吹き出ます…
鳥たちは 平気なのでしょうかね?

ヤマガラいましたね。キビタキもかわいいですね。
燕がつかれているかのようです。
みんな子供が巣立った感じでしょうか?
お疲れさまといっていいんでしょうか?小鳥は話せませんね。
人間の想像で。ありがとうございました。

ワン子さんに~💌

そう~~ノーゼンカズラの花はユリの花に形が似ていますね。
今朝の奥之院参道で真っ白いユリの花があちこちに咲いていました。

やはりこちらも朝からカンカン照りで奥之院から帰路は陽射しが強いので日傘をさして坂道を下っていますよ。500mmのお茶のボトルを2本リックに入れてますが帰宅する昼頃までに空になることが多いです。
野鳥も朝の登り道は時々出会うけど、帰り道はほとんど見かけません。

とこさんに~💌

ヤマガラが目の前にちょこんと止まってくれたんですよ。
このヤマガラは割合フレンドリーで色々なポーズを見せてくれました。
キビタキは久々に出会ったんですが一瞬で飛び去り、この時期になると鳴き声を聞くことがなく出会いがしらなので見るのもホンにまれになりました。

ツバメはコシアカツバメも普通のツバメも阪急宝塚線の中山観音駅周辺の電線にとまっており、巣立ちした若い感じでしたが餌を自分でとり慣れた頃に海を渡って越冬する南の島に渡る試練があるんですよね。
飛行技術を身につけ来春また元気で帰ってきてほしいものです。


いや~こんばんは。
あの花だけは・・・・苦手なんです。

ちごゆり嘉子さんに~💌

こんにちは

へー ちごゆりさんはお花が大好きなのにノーゼンカズラの花はあかんのですね。
初めて切りました~(^O^)

ノウゼンカズラ!
この花、結構寿命が長くて結構楽しませてくれる花ですね。
関東は梅雨明けが遅かったので結構長く咲いてくれることでしょう。

ハクセキレイ!!!
この構図は素晴らしい。
鶺鴒の目線と空間の広がりがちゃんとおうてます!
スナップでもこうしてこれでどないや!みたいなのは気迫があってええです!
すいません。九州男児の関西訛りにつきあってもらって。

キジバト?
なんでこんなエクソシストばりの首の回転が!
絶えず危険にさらされいる鳩だからこそなのでしょうか?

コシアカツバメ!
調べてみると、文字どおりに腰になにか赤いベルトのようなものを!
まだ見たことないですね・・
なにかお洒落のツバメかと。

ツバメ、まだまだ関東にはいらっしゃいますが来月末にはいなくなる?

茂グリはんに~💌

まいど~
暑い毎日が続きますね。

ノウゼンカズラは毎年同じ場所に咲いて楽しませてくれるんですね。
そちらも咲いてるんですね~♪
真夏の空に似合います。

たくさん写した中んで1枚選んだハクセキレイ
茂グリはんのお目にかなって良かったですわ!
なかなか専門的な解説をおおきに。
関西弁でお礼です~(^O^)

キジバトはたまに出会えますがやはり用心深く人の動きを良く見ています。
野鳥は見てる分にそれほど警戒心を持たなくてもカメラを向けると即飛び去るんですよ。
やはり本能的なもんでしょうね。

コシアカツバメは名前のように腰回りが赤っぽいのが特徴ですが今回は腰を写せなかったです。
もうツバメは渡りが始まってるのかいつもいてる場所のツバメの数は減りましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サルスベリの花&アオバズク | トップページ | ユリの花&アオサギ »

無料ブログはココログ