« 野草オフ会他 | トップページ | センダンの花&アマサギ »

竜門山ハイキング

奈良に住んでいる友人からのお誘いがあり、土曜日に和歌山の紀の川沿いの名峰、竜門山(755、9m)に登ってきました。
別名、紀州富士といわれる所以は和歌山港に入る船から見た時に竜門山が富士山の形だとのことだそうです。
JR粉河駅のホームに立つと竜門山が見えます。
Dsc_9965
駅前には西国33ヶ寺の3番札所の粉河寺の看板がある。
Dsc_9964
紀の川
Dsc_9969_2
奈良の大台ケ原が源流で日本有数の多雨地帯のため豊富な水量をほこる。
Dsc_9970_2
マップ
Dsc_9971
山道にかかるとホオジロが鳴いて迎えてくれる。
Dsc_0063
上空はトビ
Dsc_0066
道沿いにマムシソウ
Dsc_9987
ワラビやイタドリがあり摘みながら歩く。
Dsc_9988
ハイキング風景
Dsc_0046
フジの花
Dsc_0040
638mの田代峠で昼ご飯を食べる。
尾根道はスミレの花があちこちに咲いている。
Dsc_0009
磁石石
Dsc_9997
山頂近くから下を見る。
Dsc_0001
記念撮影
Dsc_0015_2
下山途中で見た風穴
<Dsc_0019
明神岩
Dsc_0024
明神岩の上に立つ友人
Dsc_0025
明神岩付近から見た下を流れる紀の川
Dsc_0027
下山時の景色
Dsc_0037
段々下ります。
Dsc_0038
麓は柿の果樹園やキュウイが目につきます。キュウイも花が終わり小さな実がつき始めてる。
Dsc_0053
下山し、振り返って見た竜門山
Dsc_0054
大阪に帰り京橋で打ち上げ会をしました。

ここからはいつもの野鳥
ツグミ
Dsc_9948
ソウシチョウその1
Dsc_9949
ソウシチョウその2
Dsc_9951
オオルリは良く鳴いていたが遠い。
Dsc_9953
センダイムシクイ
Dsc_9962
シロハラでした。
Dsc_0067


« 野草オフ会他 | トップページ | センダンの花&アマサギ »

コメント

和歌山まで行かれたのですね。マムシソウなんて怖い名前ですね。
知らない間に頭も薄くなられたのですね。
この前の写真の展示会で知りました。いつも帽子をかぶってられるから!!
いつも楽しい写真ありがとうございます。

登山ですね!
空気が美味しそう~
きゃっ!マムシ草 まちがえますね。

紀ノ川を渡って紀州富士の竜門山の
山歩き、今の時期が山歩きに いい季節ですね
登ってからの山頂の景色が なんとも言えません。
山歩きの醍醐味です。
運動した後の京橋での打ち上げ、
ビールが美味い~~~
マムシ草 鎌首を持ち上げてるみたいです。
初めて知りました。(^^ゞ

おはようございます。

こちらは朝から雨になり空気が少しひんやり
しています。
和歌山まで山歩きに行かれてたんですね。
画像の上から4番目が紀州富士でしょうか?
徳島の阿讃から見たおこっさん(阿波富士)に似ています。

京橋の打ち上げでつめた~いおビールが
美味しかったのでは?
シロハラは里山で良く目につくようになりました。(*^。^*)

とこさんに~mailto

紀の川沿いのお山にハイキングをしてきましたよ。
そこで見たマムシソウ、いつも行ってる中山寺奥ノ院で見ない花ですがマムシが鎌首を持ち上げたような形でした。
そう~とこさんとお会いした時は確かまだ五十歳代だったように思うのですがあれから十ウン年経ち髪の毛も減り、記憶力も落ちましたよ。
体力や記憶力が落ちるのを少しでも少なくするため日々頑張ってますよ!
いつもブログの応援をおおきにね~(^O^)

ワン子さんに~mailto

竜門山は標高が約756mあったんで登り甲斐があり、山頂からの見晴らしは良かったですよ。
紀の川の流れが眼下に広がり、空気も特にうまかったです~(^O^)

マムシソウは奇妙な形ですよね。
今年はまだマムシと出会ってないけど、中山寺奥の院の参道でシマヘビとは遭遇しましたよ~(^O^)

ボタはんに~mailto

まいど~~
和歌山は家から遠かったですわ!
バスでJR伊丹駅まで行ってそこから大阪駅経由今宮駅で南海電車に乗り換えてそこから橋本まで行って乗り換えてまたJRの和歌山線で粉河駅まで行ったんですよ。(経済的に安い)
まだJR和歌山線の粉河駅などはイコカカードが使えなく、現金で切符を買いましたよ。

遠いだけに良いハイキングになりましたわ。
天気に恵まれ仲間に恵まれ、またマムシソウにも出会え、ワイワイガヤガヤ歩き、恒例の京橋の打ち上げは最高でした~(^O^)

なるきんさんに~mailto

こんにちは

こちらも昼前から雨になってますよ。
そう~4枚目の画像の山はおこっさんに似ていますね~(^O^)
その山は紀の川沿いの上流の山々で名前の知らない山ですね。
登り口の粉河から見た竜門山は最初の画像や2枚目の画像、またハイキングの最後の画像ですが台形状でした。
竜門山は和歌山港付近から見ないと富士山の形をしていないと聞きました。

打ち上げの最初の一杯のビールは最高に旨かったです。
山登りをした後でなければ味わえないような味でしたよ~(笑)

シロハラは里山で出会ってるんですね。
こちらもシロハラは里山でいて親しめます。

いいお仲間がおられていいですね。
京橋の打ち上げだけでも参加させてもらいたいような(笑)

この時期になると山はTシャツでしょうね。
マムシ草、ウラシマソウと同じですか?
形が似ていると思います。故郷の山でもよくみかけました。

良いお友達がたくさんおられますねhappy01

マムシ草はウラシマソウとも言うらしいですね、いつも鳥見に行く眉山に、沢山咲いています
花の先端の長いひも状のものが釣り糸みたいだから?と勝手に考えています

オオルリに会いたいなぁheart01城山探鳥会で見たと聞き、とっても羨ましかったです
眉山では、ヤブサメが居たのですが、私には見られず声も聞けずでしたdown
高音が聞き取れないのです、目も耳も老化が進むばかりですが、残った機能を使って楽しむしかないですね

茂グリはんに~mailto

お陰さまで良い友がいるので退屈しないで定期的にイベントに参加していますよ。
今回も一週間前に友人が計画してくれていた吉野山ハイキングが雨に流れるとすぐに別の友人がこの計画を立ててくれたんですよ。

京橋で飲む生ビールは最高に旨かったですよ!
飲んで食べた後、歌好きの友人から声がかかり、友人が行きつけのお店のカラオケで若かりし頃の青春歌謡曲を皆で歌ってまた盛り上がりました。

マムシグサとウラシマソウの違いは知らないのでネットで調べると少し違うんですね。
原種やまた園芸品種などなどあり説明しきれないですわ~(^O^)
ごめんね~m(__)m

大木さんに~mailto

写真のメンバーのうち1人は幼稚園から小学校中学校高校まで同じ学校の同級生ともう1人は中学だけ同じですがそれ以来、気が合ってとぎれることなくずっと付き合いが続いてる親友なんですよ。

マムシグサをネット検索するとこの仲間(テンナンショウ属)は30種余りもあって定義が難しいようですがマムシグサとウラシマソウは花の終わった後で実を見ると区別ができるとありましたね。

眉山の鳥見はいいなぁ~
城山探鳥会も行かれたんですね~♪
今朝は雨があがったんでいつもの奥の院に行く道中でオオルリの鳴き声が聞こえ、捜し見つけたけど高い枝の先にとまって鳴いていたんですよ。
高い場所だと写しても、きれいな青色が出ないんですね。
ヤブサメは1度見ただけで、そこから抜けたのかその後見ていないし鳴き声も聞いてないですね。
キビタキは2ヶ所で声を聞いたので捜して姿を一瞬見たけど逃げられて写せなかったです。

古希を過ぎ若い時と比較したら身体能力が落ちるのはどうしょうもないから、残った機能を使い楽しむのは大賛成ですよ~(^O^)


和歌山 よかったですね。
わたしは香川県境の 三頭トンネル周辺歩きでして
ユキモチソウウを、見てきました。
アオテンナンショウもやさし気で いいですよね。

ちごゆり嘉子さんに~mailto

こんにちは

紀州の紀の川沿いのお山、竜門山は尾根道からの見晴らしが良くて楽しめました。
家から少しばかり遠かったです。

香川県境の三頭トンネルは記憶にないのですがお花を見せてもらいにお邪魔しますね~(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/66642477

この記事へのトラックバック一覧です: 竜門山ハイキング:

« 野草オフ会他 | トップページ | センダンの花&アマサギ »

無料ブログはココログ