« 龍王山登山 | トップページ | 水仙&トビ »

ツバキの花&日本リス

いつもの散歩道の中山寺境内に咲いてるツバキの花
Dsc_3042
中山寺観音梅林の梅の花は全体的にまだ蕾が多いのですが日当たりの良い場所は先日もここで紹介しましたが一部咲き始めているので今回もアップさせてもらいました。
Dsc_3052
この梅林から中山寺奥之院の参道で今年初の日本リスに遭遇その1
Dsc_3060
リスはあちこち動きまわります。
Dsc_3059
リスをまともに写せた1枚です。
Dsc_3088
道中で見た野鳥たち
シロハラ
Dsc_3083
カイツブリ
Dsc_3147
コサギ
Dsc_3149
シジュウカラその1
Dsc_3150
シジュウカラその2
Dsc_3151
イカルその1
Dsc_3152
イカルその2
Dsc_3154
モズ
Dsc_3158
ヒヨドリ
Dsc_3155_2
イソヒヨドリその1
Dsc_3395
イソヒヨドリその2
Dsc_3397
キセキレイその1
Dsc_3399
キセキレイその2
Dsc_3400
コゲラその1
Dsc_3402
コゲラその2
Dsc_3405
ジョウビタキ雌その1
Dsc_3418
ジョウビタキ雌その2
Dsc_3419

昨日行った神戸森林植物園でヤママユが出て空き家になったマユ玉がまだ枝先に残っていたのを教えてもらったんで写しました。→(追記)知人から間違いの指摘があり修正をしますのでよろしくお願いをいたします。内容のヤママユはウスタビガの繭玉であるということでした。
Dsc_3269
(参考)ヤママユの繭→ ヤママユの成虫は10センチを超える大きな蛾。秋に羽化して幼虫は野生のカイコ(天蚕)の一つとされ、コナラ、クリなどの葉を食べる。 この繭からとれる天蚕糸は、家蚕に比べて太く、また、一つの繭からとれる糸の長さは家蚕の約半分で天蚕糸を織った布は天蚕布と呼ばれ、淡い緑色で美しいとのことです。
森林植物園で見たメジロ
Dsc_3271
ミヤマホオジロ
Dsc_3274
アトリその1
Dsc_3276
アトリその2
Dsc_3277
ジョウビタキ雄でした。
Dsc_3267


« 龍王山登山 | トップページ | 水仙&トビ »

コメント

besoさん フットワークの良さにいつも感心してます。それに毎回多種類の野鳥を確認されているのに驚きです。守備範囲が広いのですね。ひとつ訂正があります。森林植物園のヤママユはウスタビガの繭玉です。

mamekoganeさんに~mailto

おはようございます。

山歩きが好きなんで、予定がない日はカメラ持参で中山寺奥の院に通ってるので野鳥などに出会える機会が多いですね。
リスも時々遭遇するんですよ。
森林植物園で見た繭はヤママユでなくウスタビガの繭玉だったんですね。
ご指摘をありがとうございます。
さっそく本文に追記をさせてもらいました。

おはようございます。

昨夜から春の嵐が吹きまくり今は
荒らしも少し治まり青空が広がっています。

椿に梅の鮮やかな花に朝から元気をもらいました。
今回も野鳥画像を楽しませて頂き
ありがとうございました。 
こちらでもヤママユを見かけるんですが
今回のbesoさんの画像とは少し違っているので
ヤママユも形の違うのがあるんかな?と思ってましたが
ウスタビカの名の繭玉もあるんですね。

なるきんさんに~mailto

こんにちは

そうです!
こちらは早朝に凄い風が吹いてましたね。
マンションは外を吹いてる風の音はわからないけど今朝は聞こえました。
午前中は風が残っていたけど今は穏やかになりました。

このツバキは中山寺の境内に咲いてましがた園芸業者さんが良く手入れをして、楽しませてくれるんですよ。
梅林に訪問される人も増えてきました。

なるきんさんはヤママユを目にされるようですが私は今回が初見でした。
これからは小鳥だけでなくて繭玉も探すことにしましょう~(^O^)

毎回凄く沢山の野鳥ですね!
毎日何歩くらい歩いているのですか?
私は1月、2月は1日平均一万歩を達成でした。
リスは先日、台湾リスを撮りました。

散歩中に花に出会うと嬉しいですね、私も先日同じような椿を見つけましたnote
春の嵐が聞こえないお家って良いですね
我が家は台風並みの風音に、鳥の気持ちが分かりましたwobbly

シジュウカラその1さんはネクタイが立派ですね
ウスタビガの繭で作った服は、高貴な方が着られるんでしょうね。

椿と梅の花が~~~
春が一歩、一歩とちかづて来る気配を感じます。
今回はリスが登場、ちょろちょろと可愛です。
コゲラその2、細い足で、よく体を支えてますね。

keiさんに~mailto

たくさんの野鳥に出会え楽しい日々を送ってます。
私も数年前に行った台北市内の公園で台湾リスと出合い写真を写した思い出がありますよ。

keiさんは1万歩いていますが私は平均だと1万5千歩前後だと思います。
たまに近くの昆陽池公園だけの日があると1万歩弱になりますが山登りや野鳥探索に行くと3万歩前後の時があります。

大木さんに~mailto

春の嵐の様子がわかる住まいが本来の日本の家屋でしょうね。
還暦過ぎまで住んでたので良くわかりますよ。

ツバキの花の種類って多いんですよね。
アンコツバキは都はるみさんの歌でした~(^O^)

シジュウカラのネクタイの立派なのが雄、細いのが雌でしたね。
このシジュウカラは雄でしょう。

ウスタビガの衣装は天女を連想しました。

ボタはんに~mailto

まいど~
春ですね!
今朝の中山寺の梅林でウグイスの鳴き声を聴きましたよ。

リスの動きは早く、たくさんシャッターを切ったけどここに載せた3枚しか見れる画像がなかったんですよ。
これからもリスを探しながら山道を歩きますね。

コゲラは木をクチバシで突くので存在場所がわかるんです。
細い足ですが指が前向きに2本、後ろ向きに2本あり、硬い尾羽を幹に当て、身体を支えるようにして木の幹に縦にとまるのが特徴のようですよ。

森林植物園で見たメジロが面白く綺麗で
ジョウビタキ雄の姿が 一番素敵でした(^^♪

ちごゆり嘉子さんに~mailto

こんにちは
春らしい陽気になってる阪神間です。

メジロの正面から見た顔もいいですよね!

ジョウビタキの雄の黒い燕尾服姿は似合います!
もう間もなくシベリア方面の繁殖地に渡るのでまた秋に元気に帰ってきて欲しいです~(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/66444254

この記事へのトラックバック一覧です: ツバキの花&日本リス:

« 龍王山登山 | トップページ | 水仙&トビ »

無料ブログはココログ