« ウメバチソウ&ノゴマ | トップページ | 武田尾の紅葉 »

ムラサキシキブ&キクイタダキ

ムラサキシキブは春に薄紫色の小さな花が咲いて秋に紫色の小さい実が生ります。散歩道の川沿いでムラサキシキブの実を見つけたので紹介です。
Dsc_6323
一昨日、大阪城公園でキクイタダキがはいってるとの情報をもらい見に行ってきました。
皆さんは名前を聞くのが初めての人が多いでしょうがこのキクイタダキは日本で一番小さな野鳥で、全長が約10センチで体重は5グラムから6グラムとのことなんですよ。
本州中部以北の山地から高山帯の針葉樹林に生息していますが冬季は本州以南にやってくるんですね。
キクイタダキその1
Dsc_6178
キクイタダキその2は頭の上の黄色い部分が写ってますね。
Dsc_6194
キクイタダキその3は食べ物を見つけたようです。
Dsc_6180
キクイタダキその4は嘴の上に食べ物が乗ってますよ。
Dsc_6181
キクイタダキその5で動きっぱなしですよ。
Dsc_6188
キクイタダキその6
Dsc_6196
キクイタダキその7
Dsc_6198
キクイタダキその8
Dsc_6199
ノゴマその1
Dsc_5569
ノゴマその2
Dsc_6137
ノゴマその3
Dsc_6143
ノゴマその4
Dsc_6150
アトリの水飲みシーンその1
Dsc_5572
アトリその2
Dsc_5575
アトリその3は飲み終わったのか飛び去る前でした。
Dsc_5580
ウグイスその1
Dsc_6202
ウグイスその2
Dsc_6208
ムギマキその1
Dsc_6210
ムギマキその2は顔が後ろを向くんですね~(^◇^)
Dsc_6211
ジョウビタキ雄
Dsc_6176
この日はたくさんの野鳥に出会った大阪城公園でした。

ここからは近隣の散歩道で出会った野鳥たち
ヤマガラその1
Dsc_5546
ヤマガラその2
Dsc_5550
コゲラ
Dsc_5552
ジョウビタキ雌その1
Dsc_5556
ジョウビタキ雌その2
Dsc_5568
シジュウカラ
Dsc_5557
モズその1
Dsc_6319
モズその2
Dsc_6321
オオバンその1
Dsc_6325
オオバンその2
Dsc_6326
イソシギ
Dsc_6317
ハト
Dsc_6322
ジョウビタキ雄その1
Dsc_6331
ジョウビタキ雄その2
Dsc_6332
ヤマガラは実を口に入れる。
Dsc_6334
メジロその1
Dsc_6336
メジロその2
Dsc_6337
メジロその3でした。
Dsc_6338


« ウメバチソウ&ノゴマ | トップページ | 武田尾の紅葉 »

コメント

沢山の珍しい鳥さん達
凄くはっきりと綺麗でまるで図鑑のようだ~って思いましたが。
図鑑以上ですとね、周りの風景や森の中の様子止まっている樹木が
よく解ってとても楽しく見せて頂いてます。
有難う御座いました。

キクイタダキ!
これ漢字で書くと菊頂き?の感じ?
頭の黄色が目印のようですが、とっぺんにあるのでなかなかそれを
見るの難しいのだとありますが、どうしてどうして!
いい写真を有難うございました。
メスも雄も頭の上は黄色のようですね。

ムギマキの後ろを振り返ったのはなにか日本画、そう上村なんとかさんの
絵にありそうな?
品のいい色合いで恰好いい!

ムラサキシキブかわいい実をつけますね。私もよく似た実を付けている花を持っています。赤ですが。
鳥は羽を広げているときれいに見えますね。好きとおった羽が!なかなか見られないのに!
うまく撮れましたね。いつもありがとうございます。

キクイタダキ、小さな鳥ですね、色は緑に近いですか?ムラサキシキブは いろも綺麗ですね、可愛い花なんですねぇ。

chirakuteiさんに~mailto

こんにちは
好天が続き、色々の種類の鳥たちも出てきて写すことができました。
この時期は夏鳥と冬鳥が交錯する時なのでバードウォッチングは特に楽しめるんですね。
キクイタダキと対面したのは数年前の西宮森林公園以来だったのでうれしかったんですよ。
大阪城公園の飛騨の森に集団でいたのでたくさん写すことができました。
コメントをありがとうございました。

茂グリはんに~mailto

まいど~
キクイタダキの頭の黄色は写すことができて良かったです。
でもね!
キクイタダキの雄の頭頂の黄色い部分の中央線の部分は少し赤いんですよ。
今回、赤い部分は写せてなかったのでいつか出会った時に写したいと思ってます。
今年はコゲラの発情期に頭部のうしろの赤い羽根毛を初めて写せたんですよ~(^◇^)

うまく後ろを向いてくれたムギマキを写せて、黄色い部分がラインのように見えました。
ムギマキのバックが暗かったので珍しい背景になりました。

とこさんに~mailto

ムラサキシキブが散歩道の川沿いに紫の実をたくさんつけてくれたので写してきました。
とこさんは赤い実をつけた樹木をお持ちなんですね~(^◇^)

野鳥が羽根を広げた姿はいいもんですよね。
木にとまってる時の鳥の飛び出しをカメラで狙うのですがなかなかうまくいかなく、たまに写せた1枚でした。

ワン子さんに~mailto

ムラサキシキブの実はちいさなちいさな実ですね。
花は薄紫色だったです。

キクイタダキは日本で一番小さな野鳥ですが動きは早く枝から枝に移っていくんですね。
カメラで追っかけは大変でした。
キクイタダキの色は数種類ですが主体は薄黄緑色でしょうね。

キクイタダキって、愛らしいですね。
黄色のお帽子が菊にたとえられているのでしょうか?
お写真から、ちょこまかと動く様子が見えるようです。
羽根の動きがとてもきれいに捉えられていて、素敵です。
besoさんの、鳥を追う目が進化してるんでしょうね。
お蔭で、なかなか見られないものを見せていただいてます。

源氏物語の紫式部じゃなく、野に咲く花の
ムラサキシキブ これまた初めて知りました。(^^ゞ
野鳥のキクイタダキ これも初めて知りました。
野に咲く花、野鳥 いつもここで、初めて聞く名前、
雑学になります。(^^ゞ

こんばんは。

ムラサキシキブの実は見事ですね。
キクイタダキ、ムギマキの野鳥は
初見、初耳です。
可愛い眼の野鳥ですね。

鳩の飛ぶ姿、シャツターチャンスが凄いです。
流石です。smile

ムラサキシキブは、庭木にしている家をよく見ますが、川沿いにあるって素敵ですね
キクイタダキが最少とは知りませんでした!てっきりエナガかなと・・・・考えてみるとあの子は尻尾が長いですね
野鳥を観察するようになって人生がより楽しくなりました~これからもよろしくお願いしますねhappy01

たみまるさんに~mailto

秋晴れの良い天気が続き、場所によって紅葉も見頃を迎えてますね。

キクイタダキは名前のように黄色の帽子をかぶってるようでおしゃれな格好をしています。
カワイイですよ~(^◇^)

バードウォッチングも年数を重ねると野鳥と会えるポイントがだんだんわかってくるのと野鳥の動きに目がついていくようになるんですね。
野鳥もシーズンによって違うので季節ごとの楽しみが増えました。

ボタはんに~mailto

まいど~~
毎回ブログの更新にお付き合いしてくれておおきにです。

そう~ 植物にしても野鳥にしても名前は面白いですよね。
でも名前の付け方によって何となく想像できるものがありますね。

ムラサキシキブは色にひっかけてるように思いますし、ムギマキは麦の種まきの頃にやってくるんですよね。
いい天気が続くのでバードウオッチングを楽しんでます~(^◇^)

なるきんさんに~mailto

紫の小さな実が鈴生りで秋真っ只中を思いますね。
実のなる植物もいいもんです。

ムギマキは秋のこの季節にムギマキの好きなカラスザンショの実が熟する頃に毎年出会えるんですがキクイタダキは会えない年もあるんですよ。
だからこそ、キクイタダキがやってきたことを聞くと、イソイソとその場所に出向きます。

ハトの飛躍は空がきれいだったので写しました~(^◇^)

大木さんに~mailto

天王寺川沿いは色々な植物があってうろうろ見ながら歩くのに最適で、ここを散歩しだして5年を過ぎたのですがこれだけたくさんの実を付けたのは初めて見ました。
今年はまだ堤防の草の刈り取りが行われてないからかもですね。

エナガが好きな大木さんもきっとキクイタダキに対面すると好きになると思いますね。
姿の割に動きがこまやかで見あきません。
めったに出会えないからかもしれないですね~(笑)

キクイタダキは、初です。
ムラサキシキブの実は、いつまでもなっています。
鳥さん食べないのかしら?

ちごゆり嘉子さんに~mailto

こんばんは
今日もいい天気でしたね。
明日も晴れやから登山を予定しています。

キクイタダキは高山帯に生息していて冬場には西日本の公園にもやってくるんですね。
やはり珍しい野鳥だと思います。

ムラサキシキブの実は野鳥が食べるのは見たことがないですね。
今は完熟の柿に色々な野鳥が集まってますね。

お返事有難うでした。
きょうもご覧下さいね・・・。

ちごゆり嘉子さんに~mailto

おはようございます。
雨の阪神間です。

ちごゆりさんのブログに訪問させてもらいました。
昨日ハイキング中に話題になったムカゴ画像がちごゆりさんのブログに載っていましたね。
最近は栗拾いのシーズンが終わったんで、ムカゴ取りに頑張ってる友人がいるんですよ~(^◇^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/66000988

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキシキブ&キクイタダキ:

« ウメバチソウ&ノゴマ | トップページ | 武田尾の紅葉 »

無料ブログはココログ