« オニバスの花&カイツブリ親子 | トップページ | 稲穂&施餓鬼供養 »

オミナエシ&トビ

中山寺に向かう道中のとあるおうちの前にオミナエシの花が咲いています。
秋の七草のひとつでしたね。
Dsc_8676
中山寺から奥之院への道中で赤い色のタニウツギが見られます。
Dsc_8486
同じ道中で白ユリが咲き始めました。
Dsc_8506

Dsc_8507
出会った野鳥はアオサギその1
Dsc_8527
アオサギその2
Dsc_8524
アオサギその3
Dsc_8468
カワウその1
Dsc_8528
カワウその2
Dsc_8529
ソウシチョウその1
Dsc_8491
ソウシチョウその2
Dsc_8498
ヤマガラその1
Dsc_8519
ヤマガラその2
Dsc_8622
キジバト
Dsc_8615
キビタキ幼鳥その1
Dsc_8619
キビタキ幼鳥その2
Dsc_8621
コゲラその1ですが左に少し写ってるのはヤマガラ
Dsc_8623
コゲラその2
Dsc_8624
ホオジロ
Dsc_8629
ハクセキレイその1
Dsc_8633
ハクセキレイその2
Dsc_8635
コサギその1
Dsc_8700
コサギその2
Dsc_8701
コサギその3
Dsc_8702
たぶんトビその1
Dsc_8705
トビその2でした。
Dsc_8707


« オニバスの花&カイツブリ親子 | トップページ | 稲穂&施餓鬼供養 »

コメント

おはようございます。

秋の七草の一つ、女郎花が咲いてるんですね。
こちらでは殆ど目に入らなくなりました。
白いユリは繁殖力がありあちらこちらで
咲いてます。
羽根を広げたカワウは幼鳥かな?
トンビが空を飛ぶ優雅な姿を
綺麗に写真に収められましたね。sign03

なるきんさんに~mailto

こんにちは

そうなんですよ!
オミナエシが咲いてるのを見て、残暑は厳しいけど秋がだんだん近づいてきてることを実感しました。
中山寺に行くまでのおうちで毎年オミナエシの咲いてるのを見れるのもここだけなんですよ。

白いユリはこちらでもあちこちで見れます。
清楚でいいですよね。

カワウは多くいて時々羽根を広げて乾かしてる姿に出会うんですよ。
昆陽池公園にコロニーがあって育ったカワウでしょうね。

最近トビなどの猛禽類にも時々出会えてご機嫌なんですよ~(^◇^)

秋の花。。。早いですね! 
コゲラとハクセキレイが印象にのこり…ました。
なるきんさんも、お元気なんでしょうね…できればコメント下れば
うれしいです。
besoさまは徳島来られてますか?
いつも有難うございます ドジなので日が変わってしまいました(苦笑)

ちごゆり嘉子さんに~mailto

おはようございます。
朝晩は気持ち秋めいてきたと思ってるとオミナエシの花をみかけたんで写しました。
秋の花と出会うと早く昼間も秋の気候になってほしい願う毎日ですよね~(笑)

コゲラやハクセキレイは最近良く出会うようになりましたが野鳥との出会いはタイミングですね~(^○^)

なるきんさんはお元気で活躍されてますよ。

お盆なので今から用意して徳島に向かい墓参りなどして実家で一泊する予定です。
残暑が厳しいですがご自愛くださいね。


オミナエシ、こんななにか派手?な花でしたっけ?
秋の七草というとどこか質素な感じがしますよね。
まあ女郎花と漢字で書くとさもありなん、ですけどね。

アオサギ、今東京のどこかでジャコメッティ展をやっておりますが?
なにか彼がモティーフにしそうな気がしました。
足なんかはもう骨に皮がかぶさったようなもんですからね。

コゲラ、前回も言いましたが綺麗に円形に穴をあけるんですね。
まだ工事の途中のようですね。
穴を掘るのは雄の仕事なのでしょうか?

オニバス見つからずでした。

女郎花ですね~もうすぐ秋!
そう言えば昨日は鱗雲が出ていました

コサギは黄色の靴下を履いているので分かりやすいですね♪

オミナエシの里山に出かけてみましたが、草刈った後でした・・・残念!

茂グリはんに~mailto

まいど~

オミナエシはひとつひとつの花を見ると可憐でかわいいんですね。
たくさん集まってるから派手に見えると思います~(^◇^)

20世紀を代表する彫刻家アルベルト・ジャコメッティをサギを見て連想する茂グリはんはなかなかの美術通ですね。
サギの細い足を見てもなかなか連想しなかったですわ。

このコゲラの掘りかけの穴は後日見に行くとそのままでしたから放棄したのかなぁ~なんて思っております。
過去に見た巣穴はほぼ正確な円形で、昨年観察したアオゲラの穴掘りは交代制で雄雌共同作業でした。

ちごゆり嘉子さんに~mailto

こんにちは

オニバスが見つからなくて残念でしたね。
アンテナをあげておくと、オニバスの花の情報がちごゆりさんの手元に届くかもですよ~(^◇^)

オミナエシの里に行くと刈り取りをした後で残念だったですね。
私も今年写したネジバナの写真を再度写そうと足を運ぶと前日に広場の草を短く刈り取られておりがっかりした記憶がよみがえりました。

大木さんに~mailto

鱗雲は私も先日見て、空は秋と思ったんですよ~(^◇^)
お花や空の雲を見て季節の移ろいがわかります。

そう~ コサギの黄色い靴下はおしゃれな表現ですね。
このおじゃれな足先を使って小魚を探してるところを何度か見たけど器用に動かすんですよ。
機会があればぜひ観察してくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/65651041

この記事へのトラックバック一覧です: オミナエシ&トビ:

« オニバスの花&カイツブリ親子 | トップページ | 稲穂&施餓鬼供養 »

無料ブログはココログ