« 大峰山・吉野山修行の旅(後) | トップページ | 世界最長の吊り橋から日本を代表する「時のまち」明石へ! »

箕面の猿とアオバズク

昨日は天気が良かったので友達のブログで今年もアオバズクが帰ってきたとの記事を見たので箕面に行ってきました。
アオバズクが滝道に帰ってきていました。
Dsc_6389
アオバズクのほかに滝道ではオオルリが良くさえずってます。
Dsc_6386
オオルリその2
Dsc_6388
エナガも顔を見せてくれました。
Dsc_6385
しばらく歩いてるとまたオオルリの鳴き声がしましたがなかなか見つけられなかったけど、何とか見つけて写せました。
Dsc_6397
箕面の大滝
Dsc_6305
ビジターセンターに向かう道中で見たオオルリ
Dsc_6399
オオルリその2
Dsc_6403
道中で猿が4匹いました。
その1
Dsc_6344
その2
Dsc_6346
その3
Dsc_6355
その4
Dsc_6359
帰り道でもまだ同じアオバズクがいました。
Dsc_6407
以上箕面で見たアオバズクや猿たちでした。


今日は中山寺奥之院の参道で見たササユリの花
P6061308
ササユリの花その2
P6081321
野鳥たちです。
ハッカチョウその1
P6031148
ハッカチョウその2
P6031189
たぶんムシクイ
P6061317
その2
P6061318
セキレイの水浴びその1
P6081344
その2
P6081345
その3
P6081347
水浴び後のセキレイその1
P6081350
その2
P6081354
その3
P6081365
コサギ
P6101371
何か咥えたムクドリ
P6101379
コゲラでした。
P6101380


« 大峰山・吉野山修行の旅(後) | トップページ | 世界最長の吊り橋から日本を代表する「時のまち」明石へ! »

コメント

アオバズク ふくろうですか?
珍しいですね!
お猿さんは人間なれしてるのですか?

こんにちは。

箕面の近くに住んでいた頃
買い物や、お散歩に良く行ってて
滝までの間でビニール袋を持って
歩いていたら、猿に盗られたり盗られそうに
なったりしてましたが、今も猿は入るんですね。
懐かしいです。
アオバズク、可愛いですね。

ワン子さんに~mailto

こんばんは
アオバズクはフクロウ科で越冬地の東南アジアから青葉の頃に日本にきて繁殖するんですね。
毎年ほぼ同じ場所に帰ってきます。
ツバメと同じ夏鳥ですね。

箕面の猿はかって滝周辺にたくさん生息していたんですが、人に慣れていたずらをはじめたため山奥に移動させられたんですね。
今ではたまに小集団やってきたり、ハグレ猿が滝周辺にいます。

なるきんさんに~mailto

こんばんは
アオバズクは置物みたいで青葉の中で似合います~(^◇^)

なるきんさんも滝道でお猿にいたずらをされた思い出があるんですね。
うちも子供が小さい頃に箕面に遊びに行った時に子供が数匹のお猿に囲まれて怖い目をしたことがあるんですよ。
手に食べ物を持ってる人にお猿が寄っていくんですよね。
それからしばらくして箕面に行くと、まったくお猿はいなくなり山奥にお猿の集団を移動した話を聞いてたんですが、たまに出てくるようですね。
最近はシカも時々出ると聞いてます。

いいお天気に恵まれて多くの鳥に恵まれてよかったですね。セキレイの水浴びも
かっこよく撮れていて!!いつもありがとう!!

とこさんに~mailto

ここのところ良い天気が続いたので野鳥たちもきれいに写せましたよ!

セキレイは身近に見ることができるので被写体にはいいですね。
水浴びは年に数回写すことができるのですがセキレイが一生懸命に身体を洗ってる時に出会うと、カメラを向けても気がつかないふりをしているんですよ!
普段は1枚か2枚シャッターを切ると飛び去るんです~(^◇^)

アオバズクは、フクロウに似てるけど、
よく見ると、ちょっと違う気がします。
箕面の主の お猿さんと遭遇~~~
突然出会うと怖い気もします。
ササユリが綺麗です。
滝と野に咲く花とお猿さん、野鳥達
と会えて、天気も良く良かったですね。

アオバズク!昼間でもオメメがパッチリで!
しかし、いいですね、梟の類が身近にいて。
関東だとどの辺にいるんだろう?

箕面の猿!
いやあ話には聞いておりましたがいるんですね。
結構奥でしょう?

セキレイの水浴び!
気持ちいいのでしょうね。
こんな陽気になったからなのかな?

アオバズク大麻神社今年も来てるかしら?
きょうはいきいき体操覗いてきましたが、出席の皆さんはお達者でして
元気もらえました。

ボタはんに~mailto

まいど~

フクロウはアオバズクより眼が小さく引っ込んだ感じですよね。
フクロウは留鳥で日本に住んでるけどアオバズクは夏鳥で日本で子育てして秋には東南アジアで越冬するんです。

猿も数多くいると怖いのはわかりますね。
1匹だけでも大きい身体やったら、突然出会いこちらも構えたことがありましたよ。

ササユリは奥之院の道中で出会えきれいだなぁ~と思います~(^◇^)

茂グリはんに~mailto

アオバズクなどのフクロウ科の野鳥も関東にもいると思いますよ。
日本野鳥の会の千葉支部でしたら情報をもってるでしょうね。
千葉に住んでる鳥友でブログを書いてるんですが今年の春先はコミミズクを写していた記憶が残ってますよ。

この4匹の猿との出会いは滝のすぐ上にある駐車場の横を流れてる箕面川だったんですよ。
ハグレ猿だったらわかるけど、集団でいたのには驚きでしたわ。

セキレイの水浴びはたまに見ますね。
野鳥は季節の関係なしに水浴びをする感じですよ。
羽根は命やから、清潔にお手入れでしょう~(笑)

ちごゆり嘉子さんに~mailto

たぶん大麻神社にもアオバズクが帰ってきてるように思いますね。
あちこでアオバズクの話を聞くようになりました。

いきいき体操を覗いてきたようですが運動はいいですよね。
私は仕事をリタイヤしてから中山寺奥之院通いとデューク更家氏のウォーキング教室にずっと通ってるので仕事をしてた頃より体重が落ちて体調がすこぶる良くなってますよ。
参考にしてくださいね。

確か箕面の猿さんってお仲間に居ましたよねsign01

大木さんに~mailto

はい!
この春の私たち仲間の箕面のハイキングの企画と道案内をしてくれたんが箕面の猿さんでした。
今は仕事とFacebookへの書き込みが忙しいので、小生のブログは見てるけどコメントを書けませんわ!と会った時に話てました。
今も彼は箕面の滝道を良く歩いていて、ハグレ猿と顔見知りになり彼の姿を見ると猿はコソコソと姿を隠すようになったと聞きました。(滝道でお猿を見つけた時にいたずらしてたんで大声で叱ったようなんですよ)、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/65393846

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面の猿とアオバズク:

« 大峰山・吉野山修行の旅(後) | トップページ | 世界最長の吊り橋から日本を代表する「時のまち」明石へ! »

無料ブログはココログ