« ホタルブクロ&ツバメ | トップページ | 大峰山・吉野山修行の旅(後) »

大峰山・吉野山修行の旅(前)

縁あり宝塚誠信講の方々のお世話で霊山・大峰山と吉野山に参拝ができましたので紹介です。
宝塚市逆瀬川をバスで6月4日の朝7時に出発し、中国自動車道から近畿自動車道を経由南阪奈から山麓線を走り、黒滝を通り洞川(ドロガワ)に着き登山の開始です。
女人結界門
P6041150
しばらく杉林が続く
P6041151
修験者さんの後から登る。時々耳にした「ざんけ ざんげ ろっこんしょうじょう」の合唱と法螺貝の音色は歩く力をもらえるんですね。
P6041153
役の行者のお助け水
P6041154
洞辻茶屋で一休み
P6041157
茶屋を出て世界遺産の大峰奥駆道を歩く。
P6041158
画像の奥に写ってる草鞋塚を見る。昔は草鞋で登り、ここで新しい草鞋に履き替えた場所と聞く。
P6041159
尾根道を歩く。
P6041160
しばらく登ると最初の行場、鐘掛岩の鎖場でテレビ東京テレビのクルーが我々一行を撮影していた。
鎖をしっかり持ち岩場を登る。
P6041163
岩場を登ると近くに咲いていた高山植物イワカガミの花に癒される。
P6041168
奥駆道から見た景色
P6041170
見る方向をかえる。
P6041171
大峯山寺に近づく。
P6041174
次の行場の西の覗に近づく。
P6041183
命綱を付けてもらい貴重な覗き体験をする。
P6041186
鐘掛岩を後にしてしばらく歩くと大峯山寺山上宿坊が見えてくる。
P6041188
大峯山寺本堂
P6041193
本堂のお勤めの読経
P6041190
その後にリック等の持ち物(カメラも含む)を置き、身軽になり山先達さん話を聞いて、裏行にはいる。
これは岩場の修行で不動登り岩、胎内くぐり、蟻の門渡り、平等岩の回り込みなど、山先達さんの指導の元で一歩一歩進んでいきます。
場所によって断崖絶壁ですから、岩の頂点をしっかり掴み身体を岩から離さないように歩きます。
行中は怖くて下を見る勇気が出なかったところもありましたが無事に終わり、ホッと一息が本音でした。
この裏行が終わると皆さんと帰路につきます。
山上ヶ岳
P6041195
登りと違い下りは広々した印象を受けます。
P6041197
周りの山々
P6041198
一歩一歩確実に
P6041200
滑らないように歩きます。
P6041204
途中で振り返ると岩場修行した場所が少しだけ見えました。
P6041206
登山口に下山し、バスに乗り宿泊の久保治旅館に向かいます。
P6041208
日も傾き、初日はここまでの紹介でした。

« ホタルブクロ&ツバメ | トップページ | 大峰山・吉野山修行の旅(後) »

コメント

お天気に恵まれ写真を見てる分には良い景色ですが命綱とか断崖絶壁だとかと読むと怖い怖い。テレビ放送されるときはぜひお知らせください♪

バスで行かれたのですか?
こちらにも御利益いただけますように………
高山植物、きれいですね。

すごい経験をされたのですね。なかなかこんな機会はないと思います。

いい経験をされましたね。

バルルンさんに~mailto

今日は朝から雨が降り続いていますがこの大峰山から吉野山に行った日は最高の天気に恵まれ、皆さんの常日ごろの精進が良かったとの声がありましたよ~(^◇^)
テレビ放映の日時を聞いたのですがメモをしなかったんで、忘れてますわ。
ごめんなさいね~
登ってみたかったお山に登坂でき良い思い出がひとつ増えました。

ワン子さんに~mailto

今回参加させてもらった宝塚誠信講は昭和26年に発足してから大峰山参拝が続いていて、道中は貸し切りバスの旅になりました。
役の行者さんが開かれた修行の場が残されてることはすばらしいことだと思いますね。

高山植物のイワカガミは数ヵ所で見ることができ、登山中の楽しみのひとつでしたよ。

とこさんに~mailto

はい!
日常生活では味わうことができない、経験をしてきました。
このような「行」を続けてられる修験者の鍛錬はすごいなぁ~と思いましたね。
山先達さんのお話の中で先週まで日陰で雪が残っていた話をききました。

こんばんは。

今日梅雨入り宣言されましたが朝から雨です。

大峰山の修行の場を歩かれた様ですが
中々経験出来ないですよね。
この山は確か、一部女性禁止の場所があるって
聞いたんですが!
良いお天気で景色も良く、何と言っても
緑の木々がこちらまで元気をもらえました

凄い体験ですね。
往時の修行者を偲ぶ体験ですね。
TVのカメラマンも重い器材を抱えて大変ですね。
登りはきついけど、途中の野に咲く花と景色で
疲れも癒されますね。

なるきんさんに~mailto

こんばんは
こちらも朝から1日中雨が降ってましたわ!
入梅でアジサイの花が元気になり雨に似合いますよね。

1枚目の画像が女人結界門で大峯山は女性が登れないんですね。
数人の女性がこの講に参加しておりましたが同行でなく、稲村山コースを歩いたと聞きました。

最高の天気に恵まれ、行場を歩け、いい経験を積むことができました~(^◇^)

ボタはんに~mailto

まいど~
ええ体験ができましたわ~(^◇^)

そう~TVのカメラマンはさすがプロと思わせる人たちでしたね。
黙々とお仕事をしてました。
修験者の方々もすごい人たちで同行させてもらい、色々勉強になりました。

大峰山の修行の場を歩かれたのですね‥すごい体験できましたね。
身が洗われましたでしょ!
イワカガミが、きれいでしたね きょうもどうぞ!お越しくださいね。

大峰山や石鎚山の修行の場をテレビで見たことがあります。
そういう場を歩かれたのですね!
健脚でなければできませんね。

あの有名な大峰山の岩覗きが出来たなんて最高!
テレビでよく見ますが、besoさんも!!~良かったですねhappy01

次は和歌によく読まれる吉野山sign01~楽しみにしています

修行の方達と一緒だと雰囲気がまるで違ってきそうな?

その分ご利益もきっとあるのかと?

たまにはこんな登山もいいですね。
久しく山に行っておりません・・・。
そろそろですね。

山伏さんの 後ろ姿が 頼もしいですね。
きょうも雨です。 アジサイが咲きました。

ちごゆり嘉子さんに~mailto

修験者の方々とご一緒させてもらい、「行」をはじめとしていい経験ができました。
今回の参加者の中で4人が初参加だったんですが「覗き」や「裏行場」などは優先的に参加ができて、有意義な初日を無事に終わることができ良かったです。

またイワカガミで出会えてうれしかったんですよ~(^◇^)

keiさんに~mailto

ほぼ毎日のように行ってる中山寺奥之院通いのためか、今回の登山も遅れることなく皆さんについていかれ自信を持てましたです。

行場の体験は一生の思い出のひとつになりました。

大木さんに~mailto

TVのカメラマンは「ドローン」も使い撮影をしていましたね。
やはりいい映像を撮るには最新兵器も使うのかと思ったしだいです~(^◇^)

大峰山の岩覗きは山先達さんたちが岩の上から、吊り下げられた私に向かって「親孝行をするか」と声があり私が「は~い」と答えると「家族を大切にするか」と続いて声をかけられ「は~い」と答えると「よし」と返答があって終わるんですね。
いい体験になりました。


茂グリはんに~mailto


急な坂道など登ってる時に「ざんけ~ざんげ~」とどなたが音頭をとると、みんなで「ろっこん~ しょうじょ~」って返し、その掛け合いがしばらく続くんです。
声を出すことは元気を出すことにつながると実感しましたね。

修験道者の方々とご一緒でき、とても良い経験になりました~(^◇^)

ちごゆり嘉子さんに~mailto

こちらも朝は雨が降ったりやんだりでしたが昼からは天気が回復しました。

午前中は日課の中山寺奥之院詣でに行ってきました。
年内に千回を目指してるので、行ける時に行かないとね。

この講に参加し、山伏さんたちの「行」に頭が下がりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/65378871

この記事へのトラックバック一覧です: 大峰山・吉野山修行の旅(前):

« ホタルブクロ&ツバメ | トップページ | 大峰山・吉野山修行の旅(後) »

無料ブログはココログ