« 大峰山・吉野山修行の旅(前) | トップページ | 箕面の猿とアオバズク »

大峰山・吉野山修行の旅(後)

前夜は温泉に入りその後飲んで食べてまた入浴して熟睡でした。
朝は大峯山龍泉寺で6時からお勤めなので準備をして宿を出ます。
山上川に架かる観音橋からの朝景色
P6051211
洞川にある龍泉寺の八大竜王堂
P6051213
滝行から2日目は始まりますが小生はパスさせてもらい読経で応援です。
P6051216
境内を見せてもらう。
P6051217
帰りの観音橋で突き当りの左右の道が行者通りで宿泊してる久保治旅館もあります。
P6051218
朝食を頂き次は五代松で護摩供養です。
現地に着くと山に藤の花が咲いていました。
P6051219
護摩供養後の光景
P6051220
吉野山までバスに乗り移動します。
蔵王堂入り口
P6051244
蔵王堂
P6051245
蔵王堂から見た境内
P6051248_2
堂内で勤行
蔵王堂を後にして桜本坊に徒歩で向かう。
P6051252
桜本坊の説明
P6051253
本坊内
P6051254
本坊内で護摩供養
行が無事に終わったことの御礼も行いました。
昼食画像です。
P6051257
続いて飛鳥寺の見学です。
黒滝のドライブインでキセキレイと出会う。
キセキレイその1
P6051287
キセキレイその2
P6051288
他に出会った野鳥はイソヒヨドリと鳴き声を聞いたのはキビタキ、セキレイ、ゲラ類でした。
移動中にバスの中から写した景色
P6051259
飛鳥寺は日本最初の寺
P6051281
説明板
P6051266
本尊飛鳥大仏(釈迦如来坐像)
P6051270
阿弥陀如来坐像
P6051271_2
聖徳太子孝養像
P6051273_2
太子16才の時、父 用明天皇のご病気回復を祈願されてる姿とのこと。
拝観を終えて帰路につきました。


« 大峰山・吉野山修行の旅(前) | トップページ | 箕面の猿とアオバズク »

コメント

楽しまれていますね(^^)
お料理、豪華なんですねぇ。
仏像さまに手を合わせました 有り難うございます。

ワン子さんに~mailto

お陰さまで2日間に色々なことを体験させてもらいました。
そう~旅館の夜や朝の料理もなかなか良かったし、画像を載せた昼の料理もおいしかったですよ。
この画像の料理の他にも出てきたので食べきれないご飯類はおにぎりにしていただいて帰りました~(^◇^)
この飛鳥寺の本尊飛鳥大仏の前で推古天皇や聖徳太子が祈りを捧げたことを思うと、時空を超えて感無量でしたよ。
ワン子さんも手を合わせてもらいありがとうございました。

飲んで食べて熟睡って最高に健康的ですね
いつまでもお元気で活躍されることを願っています
私も楽しいですhappy01

銀木犀が350年前も生きられるのに驚いていますsign03
飛鳥寺の住職の熱い思いも伝わってきました。

なかなかの修行でしたね。お疲れさまでした。(^◇^)

大木さんに~mailto

おおきに~(^◇^)
身体が健康であるのは嬉しいことですよね。
親に感謝、家族に感謝、皆さんに感謝です。

飛鳥寺の若い住職さんの理路整然としたわかりやすいお話をたっぷり聞いてきましたが・・・そう~ 樹齢350年の金木犀の木を見て写真を写そうと思いながらも今回きれいさっぱり忘れていました~( ;∀;)
気をつけたいものです。
毎年開催されてる奈良のサイクリングで飛鳥寺に行く機会があれば忘れずに写してきますね~(^◇^)

とこさんに~mailto

いつも見てもらえ感謝です~(^○^)

やはり修験道の方々とご一緒させてもらうと学ぶことが多かったです。
初参加でしたが先輩諸氏が色々と気遣いをしてくれ楽しく参加させてもらったんですよ。
気合を入れてもらったり、和ませてもらったり、また大笑いをさせてもらいました。

こんばんは。

普段経験出来ないような貴重な経験された
のではないでしょうか?
2日間お疲れさまでした。
食べる事の好きな、なるきんは
美味しそうな昼食に喉がゴックンと
鳴っています。(笑)

なるきんさんに~mailto

こんばんは

大峰山は1度登ってみたいお山であり、今回念願が叶いました。
個人で登った場合は「覗きの行」と「裏行場廻り」は出来なかったでしょうから本当に良い経験ができました。

また旅館の夕食と朝食また昼ご飯を食べたお店も待遇が良くて、この講の皆さんが毎年立ち寄ってるようでして毎年実績を作ってるんでしょうね。
大満足の旅になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/65385855

この記事へのトラックバック一覧です: 大峰山・吉野山修行の旅(後):

« 大峰山・吉野山修行の旅(前) | トップページ | 箕面の猿とアオバズク »

無料ブログはココログ