« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

恒例の神戸森林植物園

今年もアジサイ見物を兼ねて神戸森林植物園に行ってきました。
神戸市営地下鉄の谷上駅に集合して、山田道を登り約1時間半後に森林植物園正門に着きました。
記念撮影
P6241453
たくさんのアジサイを見ました。
P6241455
アカネと名札がついてます。
P6241456
珍しいアジサイです。
P6241458
長谷池近くの広場のオニグリミの木の下で昼ご飯を食べその後に園内を回りますがまだツツジの花が咲いていました。
P6241461
池には水連の花
P6241462
東口に向かいます。
P6241463
トエンティクロスを下山します。
P6241466
下りだけでなく登りもあります。
P6241468
道中で見た擬態の虫(昆虫か)→名前はわかりません。知ってる方がいたら教えてくださいね。
ブログ友達のmamekoganeさんからフタモンウバタマコメツキであると教えてもらったので追記させてもらいました。
P6241469
野鳥はオオルリが鳴いていたけど写せたのはアオサギ
P6241471
神戸の街の見える展望所
P6241472
布引の雄滝
P6241474
雄滝を横から見たところ
P6241479
新神戸駅裏に下山して、希望者でクワハウス神戸温泉につかり汗を流します。
P6241480
青森の郷土料理を出すお店で打ち上げをして解散でした。
P6241483


能勢の妙見山

天気に誘われ能勢電鉄に乗って妙見口駅で下車しました。
妙見山(標高660m)に登るのはリフトで登る方法かまたは一般的なハイキングコースが5コースあるのですが今回は初めての初谷渓谷コース(約6キロ)を選びテクテクと歩きました。
谷筋に出るまでに電線でホオジロが良く鳴いていた。
Dsc_6554
ホオジロが下を向いた時にもう1枚
Dsc_6555
橋を渡り林道に入り谷沿いに登ったがオオルリが杉林の奥の3ヶ所で鳴いていた。
初谷川の沢を十数回渡りながら登っていくと初谷出会いにある妙見山駐車場に通じる車道に出ました。
標識
Dsc_6534
その車道を少し進むと参道があり参道途中から建屋が見えてきました。
Dsc_6536
能勢妙見山は関西随一の日蓮宗霊場で、開運北辰妙見大菩薩を祀っていて、紀元750年頃に行基菩薩によると伝えられている。
Dsc_6540
本殿に参り、見晴らしの良い場所で昼ご飯を食べる。
六甲山や中山山系、甲山、また阪神間の市街地、遠くは海と淡路島もかすかに見えた。
Dsc_6549
下山は上杉尾根コースを選び途中で見た山里、道中はキビタキが1ヶ所で鳴いていた。
Dsc_6551
妙見口駅近くにツバメ
Dsc_6557
電車で帰路につきました。

今日はいつもの中山寺奥之院詣でです。
道中のアオサギ
P6181374
中山寺境内のハス
P6181372
奥之院参道のヤマアジサイ
P6181365
夫婦岩周辺でよく鳴いていたウグイスその1
P6181379
ウグイスその2
P6181381
ソウシチョウでした。
P6181375


世界最長の吊り橋から日本を代表する「時のまち」明石へ!

昨日の日曜日は朝日・5私鉄リレーウオークの阪神が担当するイベントに参加してきました。
垂水(たるみ)駅から歩いて10分ほどのマリンピア神戸さかなの学校前をスタートして明石海峡大橋を見ながら海辺を歩きます。
Dsc_6412
岸では釣りをしてる人が多くいて、家族連れも数組見かけました。
Dsc_6415
天気がイマイチでくもり空ですが歩くのには丁度良かった。
Dsc_6419
舞子公園でモニュメント越しに見た明石海峡大橋
Dsc_6422_2
舞子公園駅を過ぎると右折して舞子台から大歳山遺跡にいく。
Dsc_6429
大歳山遺跡
Dsc_6430
そこから見た町の景色で遠くの島は淡路島
Dsc_6432
東谷公園から松が丘古墳そして朝霧公園を通り抜けます。
町の花、ユリがあちこちで咲いていた。
Dsc_6485
団地の中の公園
Dsc_6440
公園を下るとまた大蔵海岸公園に出ます。
Dsc_6445
ここで海を眺めながら昼ご飯を食べ、次に明石の町中を歩きます。
時のモニュメント
Dsc_6448
天文科学館
Dsc_6452
子午線の前を通過です。
Dsc_6455
明石市立文化博物館前から明石公園にはいるとお祭りをやってます。
公園内のフリーマーケット
Dsc_6459
鉄砲隊演武の空砲の音が「ドーン」と数発聞こえました。
武者行列
Dsc_6460
行進中の武者さんがポーズをとってくれる~(^◇^)
Dsc_6462
城郭を見て公園を出る。
Dsc_6463
明石駅前から見た「明石・時のお祭り」のゲート
Dsc_6469
次に向かったのは有名な「魚の棚商店街」
Dsc_6471
お店の前に並べられたおさかな
Dsc_6472
商店街を抜けてゴールの「パピオスあかし」で今日のリレーウォークは終了になりました。
Dsc_6476
この「パピオスあかし」の中でも、お祭りのダンスが行われている。
Dsc_6479
かわいい子供たちのダンス
Dsc_6481
また小学校高学年か中学生くらいの2人のダンスは上手でしばし楽しみました。
Dsc_6477
以上です。

大峰山・吉野山修行の旅(後)

前夜は温泉に入りその後飲んで食べてまた入浴して熟睡でした。
朝は大峯山龍泉寺で6時からお勤めなので準備をして宿を出ます。
山上川に架かる観音橋からの朝景色
P6051211
洞川にある龍泉寺の八大竜王堂
P6051213
滝行から2日目は始まりますが小生はパスさせてもらい読経で応援です。
P6051216
境内を見せてもらう。
P6051217
帰りの観音橋で突き当りの左右の道が行者通りで宿泊してる久保治旅館もあります。
P6051218
朝食を頂き次は五代松で護摩供養です。
現地に着くと山に藤の花が咲いていました。
P6051219
護摩供養後の光景
P6051220
吉野山までバスに乗り移動します。
蔵王堂入り口
P6051244
蔵王堂
P6051245
蔵王堂から見た境内
P6051248_2
堂内で勤行
蔵王堂を後にして桜本坊に徒歩で向かう。
P6051252
桜本坊の説明
P6051253
本坊内
P6051254
本坊内で護摩供養
行が無事に終わったことの御礼も行いました。
昼食画像です。
P6051257
続いて飛鳥寺の見学です。
黒滝のドライブインでキセキレイと出会う。
キセキレイその1
P6051287
キセキレイその2
P6051288
他に出会った野鳥はイソヒヨドリと鳴き声を聞いたのはキビタキ、セキレイ、ゲラ類でした。
移動中にバスの中から写した景色
P6051259
飛鳥寺は日本最初の寺
P6051281
説明板
P6051266
本尊飛鳥大仏(釈迦如来坐像)
P6051270
阿弥陀如来坐像
P6051271_2
聖徳太子孝養像
P6051273_2
太子16才の時、父 用明天皇のご病気回復を祈願されてる姿とのこと。
拝観を終えて帰路につきました。


大峰山・吉野山修行の旅(前)

縁あり宝塚誠信講の方々のお世話で霊山・大峰山と吉野山に参拝ができましたので紹介です。
宝塚市逆瀬川をバスで6月4日の朝7時に出発し、中国自動車道から近畿自動車道を経由南阪奈から山麓線を走り、黒滝を通り洞川(ドロガワ)に着き登山の開始です。
女人結界門
P6041150
しばらく杉林が続く
P6041151
修験者さんの後から登る。時々耳にした「ざんけ ざんげ ろっこんしょうじょう」の合唱と法螺貝の音色は歩く力をもらえるんですね。
P6041153
役の行者のお助け水
P6041154
洞辻茶屋で一休み
P6041157
茶屋を出て世界遺産の大峰奥駆道を歩く。
P6041158
画像の奥に写ってる草鞋塚を見る。昔は草鞋で登り、ここで新しい草鞋に履き替えた場所と聞く。
P6041159
尾根道を歩く。
P6041160
しばらく登ると最初の行場、鐘掛岩の鎖場でテレビ東京テレビのクルーが我々一行を撮影していた。
鎖をしっかり持ち岩場を登る。
P6041163
岩場を登ると近くに咲いていた高山植物イワカガミの花に癒される。
P6041168
奥駆道から見た景色
P6041170
見る方向をかえる。
P6041171
大峯山寺に近づく。
P6041174
次の行場の西の覗に近づく。
P6041183
命綱を付けてもらい貴重な覗き体験をする。
P6041186
鐘掛岩を後にしてしばらく歩くと大峯山寺山上宿坊が見えてくる。
P6041188
大峯山寺本堂
P6041193
本堂のお勤めの読経
P6041190
その後にリック等の持ち物(カメラも含む)を置き、身軽になり山先達さん話を聞いて、裏行にはいる。
これは岩場の修行で不動登り岩、胎内くぐり、蟻の門渡り、平等岩の回り込みなど、山先達さんの指導の元で一歩一歩進んでいきます。
場所によって断崖絶壁ですから、岩の頂点をしっかり掴み身体を岩から離さないように歩きます。
行中は怖くて下を見る勇気が出なかったところもありましたが無事に終わり、ホッと一息が本音でした。
この裏行が終わると皆さんと帰路につきます。
山上ヶ岳
P6041195
登りと違い下りは広々した印象を受けます。
P6041197
周りの山々
P6041198
一歩一歩確実に
P6041200
滑らないように歩きます。
P6041204
途中で振り返ると岩場修行した場所が少しだけ見えました。
P6041206
登山口に下山し、バスに乗り宿泊の久保治旅館に向かいます。
P6041208
日も傾き、初日はここまでの紹介でした。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

無料ブログはココログ