« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

金木犀の香り

天王寺川沿いを歩いてると金木犀の香りが流れ始めました。
P9266616

秋を知らせてくれる香りですよね。
P9206557

フヨウの花はまだきれいに咲いています。
P9266620

コスモスの花は風に揺れあちこちで咲いてる姿を見ることができます。
P9266602

中山寺から奥の院に登る途中の1本の木の葉がきれいに色付いてます。
P9266598

今日は天気が良かったので中山山系にある通称三角山(440m)の天宮塚経由で奥の院まで行きました。
中山山系でいちばん見晴らしがいい場所なんですよ。
ここからは最近写した野鳥です。
P9206539

ムクドリ
P9246583

ハクセキレイその1
P9246585

ハクセキレイその2
P9226558

ハクセキレイその3
P9236566

セグロセキレイ
P9206541

コサメビタキ→野鳥観察会の知人からコサメダビキでなくモズであると教えてもらいましたので訂正をします。
P9206555

コサメビタキ
P9206549

ソウシチョウ
P9226564

エナガ
P9226565

メジロ
P9236574

モズ
P9256596

カワラヒワ
P9266609

コゲラ
P9266621

カワセミ

秋のリレーウオーク

今回は日本三大八幡宮のひとつ「石清水八幡宮」から歩きはじめて、木津川沿いの自転車道路を歩き、木津川に架かる名橋・流れ橋(上津屋橋)を見て、松花堂昭乗ゆかりの松花堂庭園など八幡の名所を巡り楠葉(くずは)では枚方八景のひとつ、樟葉宮跡の杜(交野天神社境内)、続古今和歌集で詠われた鏡伝池有する市民の森を巡る京都・大阪二府をまたぐコースです。
P9216558

京阪電車の八幡市駅を出るとすぐに、はちまんさんの大鳥居が迎えてくれます。
P9216559

受付ははちまんさんの頓宮前広場でした。
P9216561

坂道を登るとはちまんさんの二の鳥居があります。
P9216562

三の鳥居をくぐると本殿が見えてきます。
P9216566

説明図
P9216565

本殿の左にある大楠は「楠正成公の楠」であり、本殿の中には織田信長公が奉納した「黄金の雨樋」があります。
下りは竹林の多いひだまりルートを通りました。
P9216570

木津川の土手の自転車道路を歩きます。
P9216574

約4キロとのことでしたが周囲の見晴らしが良かった。
P9216576

流れ橋が見えてきます。
P9216577

生憎、昨年の10月にきた18号台風で橋板が流出してしまい、今は新工法で復旧工事の最中でした。
P9216581

四季彩館で昼ご飯を食べました。ここは地元の「食」を味わえるレストランや物販コーナーがあって地元でとれた梨をマドレーヌに焼き込んだ手作りおかしをいただきました。
P9216587

松花堂庭園と美術館ですが前回に庭を見学をしたので今回はパスしました。
P9216588

少しだけ覗かせてもらいましたが隣は京都吉兆でした。
P9216596

途中で公園に入ると継体天皇樟葉宮跡伝承地があります。
P9216598

その近くには交野(かたの)神社があります。
P9216600

樟葉(くずは)の社の説明板
P9216601

ここは古代の月の名所、鏡伝池緑地で今は市民の森になっていました。
P9216606

ゴールは樟葉中央公園です。
樟葉駅から京阪電車に乗って帰路につきました。

黄色い彼岸花

先般白い彼岸花をここで紹介しましたが今回は黄色い彼岸花です。
P9196533

天王寺川沿いに作られた花壇にたくさん咲いていました。
P9196534

花びらがつややかできれいだったのでアップで写したんですよ。
P9126435

続いては早朝に鳥の鳴き声がするのでベランダに出るとイソヒヨドリが前の駐車場横のテラスガーデンの柵のでっぱりにとまって鳴いていました。
続いてはソウシチョウです。
P9126445

ソウシチョウその1
P9126448

ソウシチョウその2
P9146481

ソウシチョウその3
P9146484

セグロセキレイ
P9146485

カイツブリ
良く見かけだしたメジロです。
P9156508

メジロその1
P9156511

その2
P9176514

その3
P9176515

ヤマガラの後姿でした。
P9176522

カワセミ
P9176523

居た場所が遠かったのでアップにしました。
P9186529

エナガ
P9186530

エナガその2
P9196537

逆光で暗く写っていますが初撮影のコサメビダキでした。

生駒山

生駒山は大阪府東大阪市と奈良県生駒市の県境にある標高642mの山で昔から日本の台所として栄えた大阪から奈良や吉野、そして伊勢に向かうための峠越えの暗越(くらがりごえ)コースを歩いてきたので紹介です。
江戸時代は官道で、最初は馬の鞍のような峯から鞍ガ嶺峠といわれていたが、松や杉があたりを暗くしていたので、いつしか暗峠になっていたという。
P9136446

近鉄電車の奈良線の平岡駅で降りて、駅のすぐ前にある平岡神社より登る。
P9136447

平岡神社は古く初代神武天皇が大和橿原の地で即位される前からあったと伝えられており、神武天皇が御東征時に勅命を奉じて天種子命が国土平定を祈願し、天児屋根命・比売御神の二神を本殿後の霊地、神津嶽に祀られたのがはじまりだとのこと。
中世には一宮制度の成立で河内の国一之宮となり明治4年には官幣大社に列せられた由緒ある神社です。
P9136450

ゆっくり登って約2時間で山頂に着きました。
見晴らしは良くて下には大阪の町から、遠くは淡路の山々や六甲山や中山連山、五月山が見えて左方向には葛城山や金剛山、奥には熊野の山々が見えました。
P9136449

一緒に登った仲間と記念撮影です。
世話役さんAちゃんの案内で峠の茶店で昼ご飯を食べます。
P9136457

すぐ近くには峠の碑がありました。
P9136456

この峠道は芭蕉が晩年に伊賀上野から大阪に入る時に通り、また途中に大師の水場もあるとの話でした。
P9136451

道沿いに咲いていたノジギク
P9136459

下りの道沿いに棚田が広がります。
P9136461

コンバインで稲の刈り取りをしていました。
P9136465

約1時間余りで下山し今登ってきた生駒山を竜田川沿いから振り返ります。
山頂付近には各社の電波塔が並んでますね。
ここから近い音(ね)の花温泉で疲れを癒しその後に小宴会で楽しいひと時となりました。


白い曼珠沙華他いきものたち

今年も彼岸花の咲く頃になりまたね。
P9076351

天王寺川沿いは赤い彼岸花より先に白い花が咲いてそれから遅れて赤い彼岸花が咲くんです。
ここからはいつもの散歩中に見た野鳥たちです。
P9066350

ヤマガラその1
P9076372

ヤマガラその2
P9076373

キビタキを久しぶりに見ました。
P9086379

アオサギとカワウのコラボです。
メジロのそれぞれです。
P9096390

メジロその1
P9096402

メジロその2
P9096393

メジロその3
P9096401

メジロその4
P9106420

セグロセキレイ
P9106425

コゲラ
ここからはカワセミで久々に2日続けて天王寺川沿いの護岸で写すことができました。
P9086381


カワセミその1
P9086384

カワセミその2(その1の拡大版)
P9096403

カワセミその3(2日目です)
P9096408

その4
P9096409

その5
P9096410

その6(拡大版)
ここから蛇なので爬虫類の苦手な方はスルーをよろしくです。
山道の真ん中で大きな蛇が何かを襲うところに遭遇です。
P9076357

蛇が襲ってるのは大カエル
P9076358

大カエルの右後ろ脚をのみこんでます。
P9076362

大カエルは約1メートル蛇をひこずって谷の斜面に落ちた拍子に、蛇がのみ込んでいた大カエルの脚が外れたので大カエルは逃げ出すことができました。

メジロ

最近ウォーキング中に良くメジロに遭遇する。
P8306319

10羽近くいて群れをなして「ティーティー」と鳴きながら動きが早い。
P8316326

なんとか目の周りが白いのでメジロとわかる。
P9016328

コサギは天王寺川沿いで時々見かける。
P9016329

アオサギは川沿いで出会うことが多い。
前回のブログで紹介させえもらった宝塚の下の池ではなく、今回は宝塚の安倉の下池で巣を造り卵を抱いてると聞いたので見に行った。
P9016343

巣が遠くにあって見えにくいのだが、生まれたばかりの子供が動いてるみたい。
P9016347

何とか子供のカイツブリとわかりますね。翌日また見に行くと親のカイツブリの背中に子共を乗せて池の奥のほうに去っていくところで、カメラに写すことができなかった。
散歩道の花
P9046350

ランタナ
P9046351

まだヤマブキの花が残っていました。
続いては昆陽池の生物です。
P9046353

正面から写したカモ
P9046357

カモがたくさんいてこれは、きれいな色をしていました。
P9046363

昆陽池のオニバス
P9046365

オニバスの花のアップです。
P9046368

昆陽池のコイたちでした。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

無料ブログはココログ