« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

中山寺奥之院落慶法要と授与式

昨日宝塚にある中山寺奥之院の落慶法要があったので見学をしてきました。
この奥之院は何度か紹介させてもらってますがその完成を見たので関係者が集まっての式典です。
P7195900

中山寺奥之院光景
P7195891

大勢の見学者です。
P7195880

本堂内の様子
P7195901

落慶法要
P7195902

護摩木も炊かれました。
式典が終わったあと引き続き奥之院登拝回峰行の認定式が行われ、私も昨年末に300回を達成をしたので参列をさせてもらいました。
P7195908

認定書と金剛杖を渡されてるところです。
P7195909

そのあと中山寺の長老 村主康瑞氏の講話があり達成のお祝いと回峰行は安全第一でこれからも続けてほしいとのお話でした。
P7195913

頂いた認定書と金剛杖を持って記念撮影です。
P7195897

境内の入口に貼り出された認定者一覧です。

伊丹の散策道を歩く

先日「伊丹の 水と緑のネットワークの会」主催の歩く会に参加してきました。
今回は我が家から歩いて20分ほどの場所にある昆陽寺(こやでら)に集合です。
過去にも何度か紹介をさしてもらいましたが奈良時代に僧行基により創建され昆陽施院の系譜をひくお寺で、建物も過去の阪神・淡路大震災で大被害を受けましたが、復旧や修理が行われています。
P7125793

昆陽寺の朱塗りの山門前で本日のコースなど会のリーダーから説明を受けているところです。

昆陽寺から昆陽池に向かうのですが、昆陽池から流れて出ている用水路の流路に伊丹西高校沿いに長さが約500mの緑地があり、昔の面影を残す「昆陽の松原」と呼ばれています。
P7125794_2

松並木が続き、今年の3月末に道が整備された散策道を歩きます。
P7125795

約30分弱で昆陽池公園に着きました。
昆陽池公園の西入口から昆虫館の入口までの約600mはふるさとの小道と呼ばれ、伊丹自生の樹木50種類を含む120種余りの樹木が生い茂り、また多くの生物が生息して自然観察道として守られています。(夜間は通行禁止)
P7125796

逆光なので種類は特定できない野鳥ですが嘴に特徴がありました。
P7125798

ムクドリですがここでカワセミやコゲラ、シロハラ、シジュガラなども見た場所なのですよ。
P7125799

昆虫館入口の花壇はハゲイトウと思われる植物が色鮮やかでした。
ここから瑞ヶ池(ずがいけ)公園に向かいます。
P7125800

池の周辺は1600mのトリムランニングコースになっており、また広場に健康器具が並んでるので皆さん、それぞれを楽しんでました。
P7125802

瑞ヶ池公園の花壇は花がたくさん咲いていました。
東野の植木の里の横を通り伊丹廃寺跡に着きました。
P7125806

以前にも紹介をさせてもらいましたが「水煙と基壇の一部」が発見され、奈良時代前期に建てられた法隆寺形式の寺が確認され、国の史跡に指定され金堂基壇や朱塗りの北門などが復元され史跡公園として公開されています。
P7125805

その説明ですね。
本日はここでこの会は解散になったので、近くの緑ヶ丘公園で昼ごはんを食べて、中山寺の奥の院まで行ってきました。
P7125810

途中のお地蔵さん
P7125823

ここでヤマガラを見つけたので写します。
P7125809

そしてソウシチョウです。
P7135826

また帰り道の家の軒先でツバメの子供を見ました。
P7155830

最後はヒヨドリでした。

沢登り

宝塚に住んでた頃の山友から東六甲山にある赤子谷の左俣コース登山の誘いがあり行ってきたので紹介です。
心配されたお天気もなんとか持ち集合場所の塩尾寺(えんぺいじ)に向かいます。
P7055710

途中の休憩場所
P7055711

休憩場所の上にある東方向の展望の開けたところで、ここは宝塚に住んでた頃に日の出を写しにきた場所なんですよ。左下に宝塚歌劇の大劇場の屋根が見えますね。
宝塚駅から約40分で集合場所の塩尾寺に7時30前に着き、しばらくすると今回の参加者8人が揃ったので観音谷を下り赤子谷の左俣コースの入口に着きました。
赤子谷がここで右俣コースと左俣コースに分かれます。
P7055717_2

今回は左俣コースを登ります。
P7055720

少し歩くと山アジサイの群生でした。
P7055721

しばらくすると赤子滝が見えてきました。
P7055724

傍に寄るとそれなりの迫力でした。
ここから谷沿いの坂道が険しくなり山と高原地図に赤字で書き込まれている「尾根を含め降雨後は危険」の特別表示がわかります。
P7055728

先頭を登るリーダは後続のメンバーに気を使いながら登ってくれています。
P7055732

両サイドから岩がせり出し夏場は涼しい、いい場所だと思いました。
P7055734

滑らなよう慎重に足を運びます。
P7055737

谷沿いの景観は苔むして、なかなか良いものでした。
P7055743

最後の大岩を乗り越えます。
P7055746

赤子谷左俣コースの水源場所に着きました。
P7055744

流れ出る清水を順番に飲んで休憩です。
美味しかったですよ!
P7055749

そこから少し登ると六甲山縦走路に出ます。
岩倉山(488m)の反射板のある場所で休憩です。
P7055751

はるか下に甲山が見えますね。
ここから集合場所の塩尾寺経由でふもとにある甲子園大学の食堂に立ち寄って昼ご飯を食べ解散になりました。


オフ会

以前四国巡礼をしてた頃に知り合った友人から「クエ鍋と日本酒を飲む」オフ会のお誘いがあり久々に参加してきました。
P7025727

九絵屋(クエヤ)さんで有名人が訪れる店だとのこと。
P7025707

お店の中の水槽で泳いでるクエ
P7025709

メンバーが集まるとビールで乾杯をしてケンサキイカとヒラマサをいただく。
P7025713

日本酒の銘柄
P7025715

クエの煮物
P7025716

ハモを梅肉でいただく
P7025717

クエ鍋が出来上がり舌鼓をうつ。P7025718

日本酒も色々でてきた。
P7025719

宴たけなわの頃にマスターがしゃぶしゃぶ用のクエを持ってきてくれる。
P7025725

最後は雑炊とおつけものの至りれりつくせりのオフ会になりました。
ここからはいつもの散歩道で見たものです。
P6285655

ムクドリの雛
P6295670

きれいなトンボ
P6295677

フヨウ
P6305675

コゲラ
P6305677

イノシシ
P7025680

モズ
P7025684

清荒神の龍王滝
P7025685

祀られている不動明王
庭のヤマモモの実を食べるメジロ
P7025691

たくさんのメジロがきていた。P7025699

最後はネムの花

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

無料ブログはココログ