« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

天宮塚・やすらぎ広場・野鳥たち

今年は残すところ後5日になり、皆さんにおかれてはお正月を迎える準備もそろそろ始まっていると思います。
私も昨日年賀状を出し終わり、今日は迎春用のお花を買いに宝塚の山本地区にある園芸店に行く予定です。

先日天気が良かったので天王寺川沿いから中山寺横を流れてる天王寺川の支流、足洗川沿いを歩き中山連山の中でひときわ目立つ地元では三角山と呼ばれてる天宮塚から中山奥の院、そしてやすらぎ広場を通り清荒神の参道に下山したので紹介です。
まずはその天宮塚からの光景です。
Spc233264
東方向は大阪の豊中方面から遠くは生駒山が見えます。大阪空港もうっすらと見えていますね。
Spc233261
南を見ると遠くに紀州の山々見え、右を流れてる川は武庫川です。
Spc233263
西方向を見ると、ポッコリ見えるのが西宮の甲山でその右遠くは六甲山ですね。
Spc233265
カメラの倍率をあげて写すと武庫川の流れの先に海が見えており、右岸が西宮で左岸は尼崎になります。
山を歩くと赤い実が目立ちます。
Spc243285
ソヨゴでこの木の皮はトリモチになるそうです。
Spc223251
またピアカンサスの実も目に入りました。
山椿の木も多いんですよ。
Spc223244
これからしばらく楽しめそうです。
Spc223250
アップで写すと光があたりいい色ですね。
続いて中山寺奥の院から清荒神に向かう途中にあるのがやすらぎ広場です。
Spc233268
ハイキングの休息ポイントになってるんですよ。
Spc233266
広場のまわりは桜の木が多くて開花の頃はハイカーでにぎわいます。
ここから野鳥ですが初撮影に成功したジョウビタキの雌です。
Spc233253
天王寺川沿いでした。
Spc233255
目がかわいいですよね。
Spc233256
こちらを警戒しながら小さく移動します。
Spc233252
この後ろ姿を写せたので図鑑でジョウビタキの雌と確認できたんです。
Spc243281
翌日に偶然に中山寺の境内の梅林前で写せたジョウビタキの雌
いつもの場所にいたツグミ
Spc233259
アップで写しました。
Spc243271
ゴイサギは久々に見ました。
柿の木にメジロがきていました。
Spc253290
実の熟し具合を見るのかツツイテから次に飛び移ります。
Spc253305
川にはセグロセキレイがいましたがペアーでいることが多い野鳥です。
「ピーピー」と高い鳴き声が聞えるので上を見るとヒヨドリでした。
Spc223243
今中山寺の参道でいちばん賑やかな野鳥です。
久しぶりに見たモズ
Spc253306
枝にとまったままでしたが首から上を回して周囲はしっかり確認していましたよ。
天王寺川下流域で最近時々見るようになったイソシギ
Spc163235
腰を上下に動かしながら浅い水辺をいそがしそうに歩いています。
今回はこれでおしましでした。

大峰山から福知山線廃線跡をハイキング

先日中山寺奥の院参拝で知り合った友人たちと中山寺山門で待ち合わせして中山寺奥の院から中山山頂(478、2m)、そして十万辻に下り、そこから大峰山山頂(552、4m)に登り、武田尾の桜の園に下山して旧福知山線跡のハイキングをして宝塚駅まで歩いたので紹介です。
阪急中山観音駅から数分の場所にある中山寺山門で待ち合わせました。
Spc173237
ここは豊臣秀吉が安産祈願をし秀頼を授かって以来有名になり、幕末には中山一位局が当山の鐘の緒を受けて明治天皇を御平産され、明治天皇勅願所となっています。
境内の奥から梅林前を抜けて、夫婦岩を過ぎて参道を約2km歩くと中山寺奥の院に着きます。
Spc173238
奥の院は新築工事中で来春完成予定で急ピッチに工事が進んでいました。今の中山寺の旧地はここ奥の院にあったともいわれている。
休憩後、1、2kmほど先にある中山山頂を目指します。
Spc173239
山頂から見た北摂の山々。西方向はこれから登る大峰山や北東にかけては妙見山、五月山連山見渡せました。下はゴルフ場が広がります。
頂上を後に北方向に下山しながら、左に宝塚高原ゴルフ場を見てジグザグの道を下ると車道と平行に流れてる惣川に出ました。
Spc173240
惣川を渡り、十万辻の車道を横切りその前の急斜面を登りますが一番の難所。
樹林の中を登りきると傾斜がゆるやかになり、やがて送電線が見えてきます。
Spc173241
北摂の山々
Spc173242
このコースで唯一の展望のきく場所なんですよ。

Spc173243
雑木林がしばらく続くと大峰山山頂です。
Spc173245
ここで昼食をとる予定でしたが雨がポツリとしたので下山して桜の園の東屋まで行くことにしました。
西方向に下山しますが、樹林の中の尾根道は良く踏まれていて歩きやすかったです。
しばらくいくと桜の園の標識がありそこを下ります。
Spc173247
樹林間に見えるあずまやの中で食事をとりました。
桜の園は以前にも紹介しましたが「亦楽山荘」と呼ばれ、桜研究家の笹部新太郎(1887~1978)氏の没後、有志の方々で手入れをされてましたが、その後にご遺族からのご寄付と宝塚市の購入によって市有林となり、 1999年に兵庫県里山林整備事業とし、その後はボランチィアの手によって維持されている春は山桜、夏は武庫川の清流、秋は紅葉できれいな場所です。
食事後武庫川畔に降り廃線跡をJR武田尾駅まで行く予定が宝塚駅まで歩こうとの話になりテクテク歩きます。
Spc173248
遠くに見える穴が廃線跡のトンネルです。
Spc173249
武庫川の水はこの時期は少ないですね。
武庫川に架かった鉄橋跡も渡ります。
Spc173250
真下は渓流なんですよ。
Spc173251
川沿いは巨岩がゴロゴロ
Spc173253
下流域を見ます。
Spc173254
場所によって上から見る飛沫も見ごたえがありましたよ。
Spc173255
季節の良い春から秋にかけて廃線跡は人気のあるハイキングコースですがこの時期はウォーキング中の数人に会っただけで、名塩からは国道176号沿いを歩いて宝塚駅に着きました。

昆陽池から天神川に沿ってバラ公園コースを歩く

イチニイチニと歩く伊丹 水とみどりのネットワークの会の催し物があり参加してきました。
今回は歩く前の準備運動と天神川沿いの散策でした。
インストラクターより歩く時の3つのポイントの実技指導とウォーキング前のたいせつなことの話がありました。
Spc123235
画像は会の責任者からスワンホール広場でインストラクターの紹介の場面です。
指導ポイントその1.正しい姿勢で10mから20m先を見て歩く。
              その2. 足を出した時に踵から地面に着けて歩く。
        その3. 腕を後ろにしっかりと振って歩く。
デューク更家のウォーキング教室で常に言われてることでした。
次のたいせつな話は初めて聞きました。
トレーニングシューズの紐の結び方で紐は最初はゆったりと締め、中ほどをしっかり締めてまた足元に近い場所はゆったり締めることでした。
講習が終わると出発です。
Spc123236
ここは昆陽池(こやいけ)の隣にある貯水池で遠くの山は六甲山です。
貯水池横を歩いて昆虫館の前で説明がありました。
Spc123238
この雑木林は約50年ほど前に植えられた木が多く、また市制施行50周年記念の平成2年に昆虫館はオープン、昆虫館の中は1年中蝶が舞う温室や4階展望室から昆陽池公園が一望できます。宝塚から伊丹に引っ越してきた当時は昆虫館の年間パスポートを買って良く通ったんですよ。
ここから天神川緑地を歩きますがこの天神川は行基が灌漑用に昆陽池を造った時の同時期に地元の人たちを指導して造った人工の川であるとの説もあるとのことでした。
Spc123241
川沿いにある春日大社です。
Spc123240
ここのムクロジの木の葉は黄葉して散り始めてましたが果皮を水に浸けてこすると、石鹸のように泡だって使えるし、黒い種は羽子板の羽根になるんですよ。
右手に見えてきた荒牧バラ公園
Spc123242
メタセコイヤの紅葉が見えてきていますね。
荒牧バラ公園では250種1万本のバラが育てられています。
まずバラ園と道を挟んだ隣にあるみどりのプラザの中にあるタイワンモクゲンジを見に行きました。
Spc123278
タイワンモクゲンジは台湾やジャワ島が原産地とのこと。
Spc123248
遠くから見ると木にピンクの花が咲いてるように見えますがもっと大木になるようです。
Spc123247
少し近寄ってみました。
Spc123249
もっと近寄ります。
Spc123252
黄色い花火のような花はすでに咲き終わっていて、ピンク色した紙質の果皮がシャンデリアのように付いています。果皮の中に、直径5mm程で真っ黒の種子が2、3個入っていて固く、その種子の固い性質を利用して、数珠やネックレスが作られるとのことでした。ここでこの会は解散してあとは自由行動になりました。
Spc123279
久しぶりだったので施設の中を見学するとクリスマスの飾り物展が開かれてます。
Spc123282
ステキなクリスマスリースですね。
続いてバラ公園の見学です。
意外とたくさんのバラに出会えました。
Spc123277
広い敷地内に初冬ということもあり人はほとんど見かけなかったです。
Spc123275
黄色のバラはきれいでした。
Spc123276
赤いバラも良かったです。
Spc123272
子供とおかあさんがモニュメントの平和の塔の横を散歩していました。
Spc123273
唯一名前をメモっていたバラの花でクンバヤ(仏)
プラザで昼食を食べたあとバラ園を後にして中山寺に向かう途中の天神川沿いの桜
Spc123284
十月桜が寒桜でしょうか。ちらほら咲きでした。
中山寺奥の院に登る途中の夫婦岩付近でコゲラを見ました。
Spc123292
集団でいたのでカメラを向けたんですがコゲラの動きは意外と早く1枚だけ写ってました。
続いての野鳥は前日天王寺川沿いで見たカワセミです。
Spc113196
川岸にいました。
姿勢を低くして気づかれないように近寄ります。
Spc113206
カワセミに小生の姿が見つかったようですね・・・笑
Spc113232
場所をかえて、ゆっくりともっと近寄ります。
Spc113210
近寄れましたが首を上げた瞬間飛び立たれました。

天王寺川から中山寺奥の院の野鳥

好天が続きますね。
ジョウビタキを見つけました。
Spc042985
姿勢がいいですね。
Spc043026
また2羽目も川沿いの木の繁みにいたんですよ。
いつもの柿の木に「メジロがきていました。
Spc043011
カメラを向けると5、6羽いたのに皆逃げて1羽だけ残ってくれたので写せました。
Spc073115
移動して柿の間から顔をだしたのでパチリ。
下の谷川にキセキレイがきていました。
Spc043013
正面からは珍しいんです。
Spc043015
横向きの姿がすっきりしていいですね。
川から飛び立ったモズが獲物を咥えて電線にとまりました。
Spc043019
最後まで見とどけなかったんですよ。
川で今年2度目のイソシギと遭遇
Spc043041
護岸を歩いてました。
Spc043043
草むらにはいり、からだを伸ばすと別の野鳥みたいなんですが同一なんですよ。
Spc043046
また川の中の沼地を歩きながら地面をつついていました。
ムクドリのツーショットです。
Spc053065
集団でいるんですね。
Spc053066
別のムクドリは下で水浴びでした。
Spc073118
また葉のほとんど散ってしまった桜の木の枝にもとまっていました。
「つんつん」音がするので見上げるとコゲラです。
Spc053080_2
良く見てもらうと嘴と目と背中とシッポがわかると思います。
シジュウガラは葉の落ちた桜の木の枝にいました。
Spc053090
枝から枝へと飛び渡ります。
Spc053091
しっかり枝をつかんでるんですね。
セキレイは良く見るようになりました。
Spc073119
これは背が黒いからセグロセキレイですね。
帰りに上の池を覗くとコガモがいました。
Spc073120
隣にある池が宝塚の水上ゴルフ練習場でした。
今日もいい天気!
Spc083121
右が天神川で左が天王寺川、この左土手道を歩いて中山寺に向かいます。
川沿いに時々出会うカワセミです。
Spc083138
川面を飛んでいたのですがうまく近くにとまってくれました。
Spc083156
アップ画像
中山寺が近くになるといつもの場所にツグミです。
Spc083153
背を向けていました。
Spc083155
私に気づいたのか移動して飛び上がる体勢になりましたがじっとしてくれてたので写せました。
今回はここまでです。

散歩道のカワウ・容住寺などなど

師走になるとなんとなく慌しい気持ちになりますがでも天気の良い日はテクテク散歩にでかけます。
この日は家から近い昆陽池(こやいけ)です。
Spb282882
行く途中でカリンの実を見つけました。カリンは砂糖漬けや果樹酒になるんですよね。
Spb282885
昆陽池はカワウがたくさんいました。樹木の中に繁殖とネグラを兼ねたコロニーをつくっており何度かここで紹介させてもらいましたね。
奥に見える建物が昆虫館
Spb282888_2
カワウは「ガァグルル」と騒がしく鳴くんですよ。この日は昆陽池を一周して帰宅です。
今朝もいい天気でした。
中山寺奥の院に行こうと家を出ると前を流れてる天王寺川の中にコサギがいました。
魚を咥えてるところを見たのでカメラを向けます。
Spc032937 
アッと言う間に食べてしまい次の獲物を探しだして、いい瞬間は残念ながらとらえることができませんでした。
川沿いの木にモズが鳴いています。
Spc022899_2
近づいて写せました。
Spc022900
嘴は鋭いけど、案外ええ顔をしていますね・・・笑
春にきれいな花を見せてくれた桜木の葉っぱが紅葉して散り始めました。
Spc022901
川沿いの道をテクテク。
大きなイチョウの木が見えました。
Spc022905
天王寺川沿いにある聖徳太子建立と伝わる容住寺(ようじゅうじ)です。
伊丹唯一の天台宗の寺院
Spc032938
ここのイチョウの木は伊丹市指定保存樹の第一号です。
Spc022907
境内には太子が休憩された腰掛け石や駒繋ぎの松の碑がありますが、今朝は入り口にネコが行儀良く座っていました。
近くの川の中に今朝もキセキレイを見ました。
Spc022920
尾羽を上下に振りながら歩き可愛いです。
Spc022923
少し離れた場所の電線にとまっておりカメラを向けると飛び立つ瞬間のセキレイです。
川の中にもいました。
Spc022934
セグロセキレイですが2羽ペアーで見ることが多いですね。
中山寺に着きました。
Spc032944
山門をはいった参道は左右に皇帝ダリアの鉢植えが置かれてます。奥の紅葉と似合うので写しました。
Spc032946
ここは塀の瓦に菊の紋なんですね。
中山寺から奥の院まで約2キロの山道です。
Spc032948
奥の院に通い出して顔見知りになった人が名前を教えてくれたソヨゴの赤い実。
実は7~8mmでたくさん生っています。
奥の院に着きました。
Spc032951
奥の院のもみじの紅葉は終わりかけていますが、イチョウはみごとな黄色なんですよ。
このイチョウの黄色い色は離れた伊丹や宝塚の町から見ることができるんです。
帰りの参道でハトを見つけました。
Spc032970
キジバトで木の実を探して食べています。
Spc032973
ヤマバトとも呼ばれていますね。
Spc032965
突然固まったみたいに動かなくなりましたが1分後くらいにまた餌を探し始め安心しました。
今回はここまです。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

無料ブログはココログ