« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

第4回奈良サイクリングの旅

桜井・天理に点在する古寺社や古墳を巡り、古代ロマンや古代の息吹きに触れるとのサブタイトルで今年も世話役さんの尽力により古都・奈良を楽しんできました。
桜井駅に集合、サイクリングのスタートです。
Sp5251718
最初に訪れたのが恵比須神社、今年3月のMBSラジオウォークで訪れた時は境内の枝垂れ桜がきれいだったのを覚えていますが今は新緑でした。かってはここの境内でその年の三輪そうめんの値段が決められた由緒ある神社。
Sp5251719
次の見学場所、三輪そうめん山本に移動です。
Sp5251722
今のそうめん作りは機械化されてるとのことで、かって手作りをしてた頃のビデオを見せてもらえました。手間をかけて寝かせる時間管理が旨いそうめん作りのポイントでした。古く中国から伝わったそうめんの製法と三輪山の清浄なお水でこの一帯の産業として栄えてきたとのこと。
次に行ったのが卑弥呼の墓と言う説が有力な箸墓古墳
Sp5251724
全長28m、3世紀後半の築造で宮内庁の管理になっており、日本書記に昼は人が造り夜は神が造ったとの不思議な記事が残る。
Sp5251723
古墳の前で記念撮影
Sp5251727
次に行ったのが纏向(まきむく)古墳群
Sp5251726_2
看板を参照してくださいね。
Sp5251728
同じく住居跡
続いて黒塚古墳資料館に行った。
Sp5251731 
中の展示物で竪穴式石室
Sp5251730
三角縁神獣鏡
Sp5251733
古墳の上にあがり下を見る。
天理トレールセンターで昼食をとる。
Sp5251735
午後からは第10代崇神(すじん)天皇陵
Sp5251738
第12代景行天皇陵(やまとたけるのみことの父)
Sp5251740
山辺の道を自転車で移動してる様子ですがビューポイントにある額田王の歌碑や相撲神社をまわり桧原神社へ向かいます。
Sp5251743
桧原(ひばら)神社の入り口ですがこの神社は元伊勢の伝承地です。この下にある茶店でカキ氷を食べたのですが汗をかいていたので最高に美味でした。
井寺池のビューポイントに川端康成揮毫の記紀万葉の歌碑がありました。
Sp5251744
「大和は国のまほろば たたなづく青垣 山ごもれる 大和しうるわし」
Sp5251746
大神(おおみわ)神社入り口できき酒
Sp5251753 
日本最古の大神神社参拝のあと前で記念撮影
Sp5251750_2
宮水をいただく。
Sp5251754
お隣にある聖徳太子が開いた平等寺、つつじの花がきれいでした。
Sp5251755
日本最古の市場のあった海柘榴市観音を見学
Sp5251756 
庭の石仏が印象に残りました。
Sp5251758
仏教伝来の地と書いた碑を見て大和川に架かる橋を渡ります。
桜井駅前のお店で打ち上げをしてお開きとなりました。

故郷の山・朝日5私鉄リレーウオーク

先日所用で徳島に帰省、まーくつーさんが里山を案内してくれ携帯カメラで写した画像の紹介です。
130516_1144001
四国八十八ヶ寺の十一番札所の藤井寺近くに車を停めて、十二番札所の焼山寺(ショウサンジ)に続く山道を登りました。
この道は空海が歩いた時代の風景が一番色濃く残ってるコースであり急坂が多く歩いてお四国をまわる人たちにとって遍路ころがしの難所としても知られています。
130516_1200001
登りながら中腹から見た景色ですがうっすらと吉野川が真ん中を流れているのが見えますね。
130516_1302001
途中はオンツツジの真紅色がきれいでした。
130516_1312001
焼山寺に行かずに、樋山路(ヒヤマジ)にある阿波石鎚山の行場を目指します。
130516_1323001
山頂の表示板で標高は545メートルでした。
130516_1324001
見晴らしは抜群に良くて、新緑がとてもきれいでした。
130516_1339001
鎖が下がってる行場
130516_1345001
その説明板
130516_1421001
休憩をした長戸庵。


ここからは今年度第2回目の朝日・五私鉄リレーウォークでタイトルが「潮風の紀淡海峡満喫ルートで紀伊国・加太へ」です。
早朝にバスと伊丹から阪急電車に乗り梅田で大阪市営地下鉄、なんばで南海電鉄に乗りみさき公園駅で下車しました。
Sp5191692_2
公園に着くと時間前でしたが大勢の人たちがいます。
スタート時間がくると国道26号線沿いを歩きます。
かってゴルフコンペをしたシーサイドコースの大阪ゴルフクラブ前を通るとすぐ近くに史跡がありました。
Sp5191694_2
灰賦(ハイブキ)峠で古戦場だったんですね。
多奈川線沿いを深日(フケ)方面に向かい歩きます。
Sp5191698_2
山沿いに入ると葉に班のある珍しいカラーが咲いていました。

Sp5191700_2
ホルトノキの新葉
Sp5191699_2
その説明書き
Sp5191702
産土(ウブスナ)神社の入り口でこの神社は創建年代は不明ですが1574年(天正2年)に織田信長の兵火にかかり焼かれましたが江戸時代の元禄年間に興善寺とともに再建されました。
Sp5191704 
近くにある興善寺の山門ですが852年に文徳天皇の勅願により、慈覚大師が創建したと伝えられており、大正時代に重要文化財に指定されています。
Sp5191707
海岸線を歩いてると海に突出した建造物が見えました。
Sp5191712
道の駅のある小島地区は大阪府の最西端に位地して大阪湾ベイエリアの中できれいな海と美しい自然海岸を有しており関西でも有数の釣りスポットなんですよ。
Sp5191713
釣りを楽しんでるところ
Sp5191715
位置関係を図示した看板

Sp5191716
のどかな小島漁港の風景です。
Sp5191717
紀の国の碑があり過ぎると和歌山でした。
Sp5191719 
大川トンネル入り口
Sp5191720
トンネル出口が混んでたので様子を見ると雨になり皆さんは雨具の用意でした。
Sp5191721
雨のため、ここからは傘をさしてのウォークになります。
Sp5191723
休暇村・紀州加太がゴールになってました。
この先の建物でゴールのスタンプをもらいそこで昼食も食べました。
Sp5191725
加太湾沿いを歩いて加太駅から帰路につきました。

イチニイチニと歩く会とアトレの演奏会

5月12日の日曜日はふたつの会に参加してきたので紹介です。
Sp5121644
伊丹 水とみどりのネットワークの会のウォーキングはJR伊丹駅前のカリオン下に集合でした。
今回は3月に歩いたコースとほぼ同じですが今は新緑の真っ只中なのでその季節の違いを楽しんでくださいとリーダーから話があり、また伊丹市立こども文化科学館のスタップからコース途中に施設があるので時間のある方は新プラネタリウムも見て欲しいと資料付きの案内もありました。
Sp5121645
神津大橋を渡り、猪名川の土手道から旧の堤防沿いの緑道を歩きます。
Sp5121646
土手沿いに咲くノイバラの白い花
Sp5121648
春日神社前の説明風景で本殿は県の文化財の指定を受けている。
Sp5121649
また神社境内に神木の楠があります。もちろん巨木で日本の環境省が調査上での巨樹・巨木を定義しており、地上から約1.3mの位置の幹周が3m以上の木を「巨樹・巨木」と定めているとの説明がありました。

Sp5121650
参道のエドヒガンザクラの花後の実でさくらんぼみたいでしたよ。
Sp5121651
川沿いのテラオオバコで外来種だとのことでした。変わった姿かたちですよね。
続いてある田能遺跡は前回ゆっくり回ったので今回はパスしてスカイパーク公園に入りました。
Sp5121658
前方は飛行場ですが手前は公園になっており、晴天の日曜日のため大勢の家族連れで賑わっていました。
Sp5121660
前回も見ましたがカラフルな飛行機です。
Sp5121661
大空に飛び立つところはいいものですね。
Sp5121642
バラの花もいまきれいです。
Sp5121643
名前は書いてなかったのでわからないのですが目につきました。(後日イチニイチニと歩く会のリーダーからヘラオオバコであると教えてもらいましたので追記です)
Sp5121666
アオスジアゲハも白い花に飛んできてます。
Sp5121663
桑津橋を渡るとJR伊丹駅前のイオンが見えてきています。
午後からの演奏会に一緒に行く友人とイオンモールの中で昼食を食べて、伊丹ホールに行きました。
伊丹ホールの写真は写してないのでさっそく演奏会の様子です。
1部はAged Green Jazz Orchestra
Sp5121668
A String Of Pearls 他5曲
Sp5121669
こおろぎゆきこさんのボーカルもはいります。
2部はNOHEA&Aloha Hula O Ka Lani
Sp5121671
Nani Manoa他5曲
右端のbassが友人のM氏
Sp5121675
Green Dance Mateのフラダンスも楽しませてもらいました。
3部はThe NALCIS
Sp5121677
スタンダードナンバーのDiamond Head やPipeline他9曲
4部は再登場でAged Green Jazz Orchestra
Sp5121678 
The Diary /Rhythm Of The Rain 他5曲でメンバーのボーカルもありました。
Sp5121680
もちろん、こおろぎゆきこさんの情感タップリのボーカルも。
Sp5121686
皆さんの息の合ったステキな演奏に大拍手をした午後からでした。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

無料ブログはココログ