« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

地鎮祭

ウォーキングを兼ねて登っている中山寺奥の院の建替えのための地鎮祭の場面に出会いました。Sp10200331
上記画像は今年の1月に登った時の奥の院ですがまわりの木が切られ解体に向けて準備がはじまっていました(紹介ずみ画像)
Sp4181434 
地鎮祭前日は全て片付けられ整地作業がほぼ終わり、最後の仕上げをしていました。
仮の社務所は見えないですが工事事務所は左奥に少し見えていますね。
Sp4191445
会場の奥の院に着いたのが地鎮祭のはじまる約30分前でした。
Sp4191455
10時になると中山寺の関係者の方々や工事関係の人が集まり地鎮祭がはじまります。
Sp4191456
式典のアップ

ここからの画像は最近我家から中山寺奥の院に行く道中で見たものです。
Sp4181435
トカゲが活動をはじめました。
Sp4171398
川沿いはアゲハ蝶やモンシロ蝶、またつばめが舞いはじめました。
Sp4181433
シジュウガラは時々見かけます。
Sp4171412
川沿いで見かけることはまれになりましたがいかにもモズらしい格好で電線にとまってました。
Sp4191438
出会いが初めてなので図鑑で調べると、たぶんケリでないでしょうか~
Sp4171391_2
参道で咲いてるサイフリボクの花
Sp4171417
川沿いに咲いてるアヤメの花でしょう。
Sp4171419
同じく川沿い咲くシャクヤクの花
Sp4171420
シャクヤクの花のアップでした。

葛城山麓を歩く

近鉄南大阪線・尺土駅前ふれあい公園【スタート】→柿本神社・影現寺→屋敷山公園→葛城山麓公園→置恩寺→かつらぎの森→孝女伊麻旧跡→長尾神社→竹内街道→當麻寺→石光寺→葛城市相撲館【ゴール】→近鉄南大阪線・当麻寺駅(約14キロ)

日曜日に今年度の第1回目の朝日・五私鉄リレーウオークが上記コースで開かれたので参加してきました。
スタート地点は好天のため大勢の参加者でした。
Sp4141314
葛城市のマスコットの蓮花ちゃんの見送りです。
Sp4141317
最初に見学したのは万葉の歌人、三十六歌仙の一人にあげられてる柿本人麻呂を祭神とした柿本神社。
Sp4141321
この画像の柿の木の実る秋には近所の子供達に柿を分けると、葛城市のボランティアガイドより説明がありました。
Sp4141323
屋敷山公園で葛城山麓にあり、屋敷山古墳を中心にした中で公民館や体育館を持つ総合史跡公園でした。正面の山が葛城山でこれからつつじと秋にはススキの関西有数の名所ですね。
Sp4141331
山麓は気持ち良く歩けます。
Sp4141332
奈良時代のはじめに行基が創設したと伝えられる置恩寺(ちおんじ)で入り口は花が咲いてきれいでした。
Sp4141335
観音堂に設置してある十一面観音立像は国の重要文化財に指定されており今回特別公開があり、桧の1本造りとのことでした。
Sp4141338
山裾を歩いてると大和平野の中にある、大和三山の畝傍、耳成、香具山が遠くに一望できます。
三山は真ん中のこんもりした小山ですね。
Sp4141343
昼食地のかつらぎの森で通路はつつじの花が満開でここで持参のおにぎりを食べました。
Sp4141344
池や人工の川が流れ四季を通じて楽しめる公園になっています。
Sp4141345
年末に登った二上山(にじょうさん)が見えてきました。
Sp4141348
長尾神社の鳥居
Sp4141350
この辺りを支配していた長尾一族の氏神と言われてるが定かでなく神祭は天照大神 豊受大神でした。
Sp4141353
Sp4141351
竹内街道とその説明板
途中に芭蕉がこの地に泊まった時に読んだ句碑、綿弓塚などを見学しました。
Sp4141361
當麻寺(たいまでら)は大勢の人で賑わっています。
ここでもボランティアガイドの説明がありこの當麻寺のご本尊は木造でなく、中将姫が一夜で織ったという當麻曼荼羅(織物)でありその物語を聞きました。また珍しい2つの宗派(真言宗と浄土宗)が並存していることや国宝が8つあるなどなど・・・
Sp4141363
境内で見たつばめですが道中あちこちで飛んでいるところは見かけました。
Sp4141379
約1キロほど歩くと石光寺で牡丹の名所ですが山門の枝垂れ桜がみごとでした。
Sp4141380
また珍しい柄のつばきの花
Sp4141381
牡丹の花でした。
Sp4141382
山手を見ると當麻寺の国宝の東塔と西塔が見え、背後の山は新緑で萌えてます。
Sp4141384
ゴール地点の葛城相撲館前にある當麻の蹶速塚(けはやづか)
當麻の蹶速は日本の相撲の始祖と知られており、垂仁天皇の時代に自分の強力さを自慢していた當麻の蹶速と出雲の野見宿禰が初の天覧試合をして蹶速はわき腹を蹴り折られ死んでしまい、そのお墓がこの地に建てられたとのこと。
Sp4141387
相撲会館の入り口にある、この像は有名力士二人を合わせた作品との説明書きがありました。

伊丹 緑道コースを歩く

伊丹 水とみどりのネットワークの会主催の緑道コースの散策に参加してきました。
Sp4121247
集合場所に行く途中の桜並木の中で近くにいたイソヒヨドリを見つけて写しました。
Sp4121251
また、市役所前広場でツグミを正面から写すのに成功です。首をやや傾けてカメラ目線~(^_-)-☆
Sp4121261
集合場所の猪名野神社境内に着くと間もなくリーダーからこのイチニと歩く会が4年目を迎えたことと、今日の樹木観察等の資料とともにコース概要の説明がありました。
Sp4121264
神社内でムクロジの木の案内があり出口では新芽が出たユズリハなどの紹介がありました。新芽が出ると古い葉が新葉にゆずるように落葉するからついた名前だそうです。
Sp4121269
伊丹緑道(約1、4キロ)の両側の樹木の中でエノキの新芽がやわかそうで新鮮でした。
Sp4121274
緑ヶ丘公園の梅林に着くと今見頃のみごとな枝垂れ桜がありました。
Sp4121283
公園の中はアセビがかわいい花をたくさんつけていました。
緑ヶ丘公園と瑞ヶ池(ずがいけ)公園と昆陽池(こやいけ)公園を結ぶたんたん小道(せせらぎに沿った1、5キロ)を歩きます。
Sp4121287
瑞ヶ池(ずがいけ)公園の八重桜はきれいでした。
Sp4121292
コアラが好むユウカリの木が並んでます。
Sp4121295
たんたん小道の桜は通り抜けで有名な大阪造幣局と同じ種類の木が多いようです。
Sp4121297
桜のボンボリですね。
Sp4121304
リーダーが説明してましたが桜に見とれて内容は聞き漏らしました・・・苦笑
Sp4121310
今回は昆陽池公園の昆虫館前で解散となりました。
Sp4121312
公園内で初めて見つけた野鳥、シメを写して〆としますね。

強風の中の野草オフ会

この日曜日に今年も恒例の野草オフ会が淀川河川敷公園で開かれました。
前日から強風が吹き開催も危ぶまれてましたが、当日はなんとか雨があがり木曽・白馬や名古屋、また島根の出雲、和歌山の橋本の遠くからのメンバーも参加し会場に向かうところです。
Sp4071185
毎年きれいに咲いてる桜並木も、今年は散った花びらの上を歩きます。
Sp4071188
淀川の土手で野草を摘む風景
Sp4071186
掘ったノビル
Sp4071189
強風のため外出を控えるようニュースで流れていたので河川敷公園は人が居なく、我々に貸切状態です。
Sp4071192
設営後、野草のテンプラを揚げてるところ
Sp4071191
焼肉
Sp4071194
時々強風が吹いて、テントの補強をしてくれたり、焼き肉の調理風景です。
Sp4071190
食べて、飲んで、歓談の楽しい時間です。
Sp4071199
帰り道で見た住宅街の枝垂れ桜
香里園駅でまた来年の再会を約束して野草オフ会のメンバーと別れました。
ここからは別の日の画像です。
Sp4041143
中山寺奥の院参道の木にとまったシジュウガラで木の実を咥えてます。
Sp4051162
中山駅近くの電柱の上のイソヒヨドリ
Sp4081205
中山寺境内の雑木林のキツツキの仲間、コゲラは初めて見ました。
Sp4051171
ホトケノザの花
Sp4051152
ヤマブキの花

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

無料ブログはココログ