« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

森の中のあじさい散策

Sp6240006 25種5万株 日本有数のあじさい園に今年も行ってきました。

神戸地下鉄、谷上駅から神戸市立森林植物園まで山田道を登る。約1時間余りの道程ですがこのコースを初めて歩いた時は山の中だった場所が一部開発が進んでます。Sp6240015

正門を入ると園児達が先生の引率で植物園に来ています。Sp6240022

入ってすぐ見頃の高麗沙羅(コウライシャラ)の樹の花が迎えてくれます。

あじさいの花の期間特別公開されている北苗園にあじさいの花を見にいきました。Sp6240025

珍しく丹精を込めて咲かせたあじさいの花の展示があり専属のスタップが説明をしてくれます。Sp6240029

ここは雨で花を傷めないように屋根が設けられていました。Sp6240043

苗畑は屋根がなかったけど名前を書いた掲示板があります。Sp6240047

あじさい園にたくさんあるお花で最盛期はもっと花が大きくなっています。

下の画像は六甲ブルーの姫アジサイ。Sp6240049

あじさいの花色は土壌の酸度で左右され、弱酸性では青色が美しく、逆に中性や弱アルカリ性だと紅色や桃色があざやかにでるようです。Sp6240050

ブルースカイ

六甲山に自生するあじさいは弱酸性の花崗岩の風化土の影響で色づきが美しく冴える青色のあじさいが多いようです。Sp6240060

味わい深く見とれたあじさいSp6240062

苗畑から西洋あじさい園に行く途中の様子Sp6240078

西洋あじさい園も色々な種類のあじさいがたくさん植えられてます。Sp6240092

お昼になったので芝生広場で昼食です。奥の方には遊具があるちびっこ広場や冒険の丘が見えます。

管理事務所前であじさいの展示即売会が開かれてるとこのとで見に行きました。Sp6240095

楊貴妃と名前が書かれてました。Sp6240097

赤色が出てます。

即売場を後にしてあじさい通りは見に来てる人も多くて左右にたくさんのあじさいが咲いていました。

あじさい園の奥の方に行くと正門で出あった園児達と再会でやはり幻のシチダンカの説明を聞いてました。Sp6240108

シチダンカ

植物園を東門から出て毎回下山するトエンチィクロスから布引コースでなく徳川道を目指しシェール道から穂高湖に行きました。Sp6240120

着いた頃、天気が変わり濃霧が広がりはじめます。この穂高湖の近くに六甲山牧場や神戸市立自然の家や摩耶山があります。Sp6240129

杣谷峠(そまだにとうげ650m)付近に咲いていたささゆりの花Sp6240150

徳川道の杣谷を下る途中で見たつつじSp6240153

徳川道のいわれを書いた掲示板でこの道が官道として作られた経緯を知りました。

阪急六甲駅に下山しましたが、ええ汗をしっかりかいた1日でした。

Taiwan

関西空港を発ち台湾の台北空港に着き専用バスでその日は高速道路を移動し台湾中部にある苗栗のホテルでの宿泊でした。Sp6110021

朝早く宿泊したホテル前の公園を散歩してると木に咲いた花が目につきました。名前はホウオウボクの花とのことで旅行中あちこちで見ることができます。Sp6110072

日月潭(ニチゲツタン)は、台湾最大の湖畔リゾートで、台中からも近く人気の観光地でもともと日本統治時代に水力発電所を建設するために造られた人造湖で台湾では最大の湖で周囲が24キロメートル、標高は764メートルの位置にありここに行く途中先住民の住んでる場所もありました。

この文武廊は孔子と岳飛を祭っており日月潭を見下ろせる場所に建てられて景色が良かった。Sp6110091

次に行ったのは玄奘寺で1965年に建立された寺とかで2階建てになっており、玄奘(三蔵法師)の遺骨と金の釈迦像がそれぞれに奉られていました。このお寺の庭に見晴らしの良いテラス風の場所があり寛いでる人たちを見ると絵になります。Sp6110093

また庭に胡蝶蘭や蓮の花が咲いてたので蓮の花をパチリ~☆

日月潭を後にして台南に向かいますが途中のレストランで郷土料理を食べました。Sp6110096

台南で赤崁楼(せきかんろう)に行きオランダ人によって築城された旧跡であるが長崎生まれの漢人の鄭成功(母親は日本人)がオランダ軍を追い出すのに活躍して台湾の英雄になっていました。そのお城と銅像です。Sp6110108

鄭成功の功績をたたえ、鄭成功が38歳で死去したその年に、民衆によって廟が建てられ延平郡王祠と呼ばれていた。Sp6110115

その庭で見たリス。Sp6110130

高雄に移動して中国の西湖を模した最清湖でその湖畔でミツバチを飼っていたので写真に写しそこでロイヤルゼリーを売ってたので購入しました。Sp6110136

そこからバスで移動して龍虎塔の見学、龍の口から中にはいり虎の口から外に出ました。台湾の考え方は、龍は最も善良な動物、虎は最も凶暴な動物とされており、この龍の口から入り、虎の口から出てくることで悪戯が清められ、出てきた時は気分もすっきり、さらには災いも消えるとの話でした。Sp6110161

夕食の台湾料理を食べたあとは六合二路夜市を見学でした。大勢の人が出ており色々なものが売られ見て歩くことで台湾の民衆のパワーを感じました。

翌日は台湾の新幹線で高雄から台北に移動、高雄から専用車で市内観光です。Sp6120183

最初に行ったのが龍山寺で台湾のお祈り風景を見ました。Sp6120189

世界の四大博物館のひとつの故宮博物院で80万点所蔵のうちの約20万点が展示されて日曜日と言うこともありなかは超満員でした。撮影が禁止なので外観だけの紹介になりましたが目玉の翡翠を加工して白菜にとまるキリギリスとイナゴの置物はしっかり見て目に焼き付けてきました。Sp6120200

衛兵交代中の忠烈祠は主に戦争で亡くなった英霊を祀る祠であり、ここを警備する若者の溌剌とした姿が印象に残りました。

その夜は北京料理に舌鼓。Sp6120207

北京ダックはとてもおいしかったです。Sp6130208

翌朝専用バスで市内を走ってる時にみたバイク通勤してる人たちの様子です。Sp6130212

中正紀念堂の入り口の建物で奥に小さく写ってるのが専用バス。

梅雨の中の台湾でしたが好天に恵まれ見所が多くいい旅ができました。

北山緑化植物園

地元のコミュニティ新聞に6月の中旬から北山緑化植物園内のアジサイの花が見頃をむかえますとあり少し早いが見に行ってきました。

場所は隣町の西宮市の北部にあり1982年に市営の植物園として開園し9ヘクタールの広さがあります。Sp6040001

阪急神戸本線夙川駅からバスで十数分の場所にありますが自宅から車で約30分でした。

Sp6040002

昼過ぎに着いたので園内で食事中の家族連れがの姿が見られました。Sp6040003

中央の通路両側にバラの花が見頃です。Sp6040008

噴水はおしゃれです。

Sp6040020

棚に這わしたツルバラもたくさん咲いています。Sp6040009

黄色いバラもきれいでした。Sp6040010

あざやかなバラもいいですね。Sp6040018

白いバラは高貴です。Sp6040023

赤いバラは情熱的でカルメンを連想しました。Sp6040024

薄紫のバラもステキです。Sp6040006

アジサイはまだこれからで色づきはじめたばかりの1枚だけの紹介になりました。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

無料ブログはココログ