« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

案内

5月中旬に宝塚に住んでた時に知り合ったアマチュア写真家から案内状を頂いた。Sp5310018

今回は大阪写真月間「写真家150人の一坪展」での作品の発表で内容は富士山をテーマとしていました。

昨年も友人は「エベレスト街道トレッキング16日間」と言うテーマで写真展を開き14点の作品を出しておりすばらしい内容だったので今年も見に行ってきました。

日曜日に行く予定でしたが台風の影響で風雨が強く今日になったしだいです。

改装なったJR大阪駅に着くと前とは違った構内になっておりカメラに納めました。Sp5310003

これは新しくできたノースゲート ビルディングの一部です。中に三越伊勢丹デパートがはいり大阪周辺で熾烈な商戦を繰り広げています。Sp5310011

同じくJR大阪駅の構内から東方向を見た景色で下は電車が走っており、遠くは大観覧車が見えています。Sp5310014

JR大阪駅構内からも地下鉄乗り場に降りられますがいったん外へ出て改装が終わった阪急デパートを写しました。Sp5310016

それから地下鉄に乗り換え会場のある本町駅で降りました。御堂筋に面したビルで銀杏並木が続いています。

歩いて3分ほどで会場につき、友人が写した展示作品12点を見せてもらい解説を聞きました。

冒頭のハガキに印刷された写真が大きく引き伸ばされており信州の美ヶ原から早朝の富士山を写したところで会心の作品が残せたとのことでした。Sp5290001

いま我家の玄関を飾ってる皐月の花です。

歴史と文化の町・堺をウォーク

朝日・5私鉄リレーウォークの3回目・南海電鉄が幹事会社で今日は下記のコースを歩いてきました。

南海・堺駅→大浜公園【受付】→住吉大社宿院頓宮→本願寺堺別院→高須神社→止止呂支比賣命(とどろきひめのみこと)神社→吾彦観音寺→ 住吉大社→住吉公園【ゴール】→南海・住吉大社駅(約13km)

Sp5220002

受付の大浜公園で南海電鉄堺駅から歩いて約10分の場所で旧堺灯台があった。Sp5220006

本願寺堺別院で堺市内最大の木造建築で「北の御坊」とも呼ばれている。廃藩置県後から10年間堺県庁として使用されてたとの事。ここにゆかりのある人物は親鸞聖人、蓮如上人、与謝野晶子などがいるとの説明書きがあった。Sp5220012

高須神社で堺の鉄砲鍛冶芝辻理右衛門は大阪冬の陣で徳川家康から500丁の鉄砲製造を命じられ、直ちに納品した。その功績を認められ、この地を授けられ、鉄砲鍛冶の繁栄を願い高須神社を建立したとのことです。Sp5220014

奈良に源を発し大阪湾に流れ込む一級河川の大和川でこの川を渡る頃から雨が降りだした。Sp5220017

吾彦観音寺入り口でここは我国最古の観世音菩薩の寺院Sp5220025

粉浜商店街Sp5220027

住吉大社の有名な太鼓橋で淀殿の寄進

この頃から雨があがり持参のお弁当を食べたあと参拝する。Sp5220030

太鼓橋を渡る。

「すみよっさん」の愛称で親しまれ、大阪の総鎮守と言われ今年が御鎮座1800年を迎えまた毎年初詣の参拝者の多さでも全国的に話題を集めています。

江戸時代まで住吉公園は海に面しており、源氏物語の舞台にもなっている。Sp5220035

本殿 は第一殿より第四殿まであり四棟の建物からなっていて珍しいものでした。Sp5220039

木立と朱塗りの建物が調和を見せてくれます。Sp5220053

帰り道でおめでたい行列に遭遇しました。Sp5220057

近くにある住吉公園がゴールでした。

有馬から六甲山山頂、下山は宝塚

晴天の朝に山に行きたくなりバスで有馬まで行く。

魚屋道は下ったことが2回あったので今回は裏六甲登山道としてポピュラーな紅葉谷コースを登り極楽茶屋を目指します。Sp5140001

有馬から登るのははじめてのため温泉街の地図でコースを確認し、金の湯の横から登りはじめました。Sp5140010

旅館街を抜けて山道にはいるとまだ椿の花が残っていました。Sp5140049

少し前を子連れの登山者がいたので「お先に」と声をかけると2歳くらいの女の子が摘んだ花を見せてくれホットな気分になる。Sp5140050

2時間ほど登ると六甲ブナの植樹の看板があり、皆さんの努力によって広葉樹林が維持されてるんだなぁ~と思った。Sp5140017

この極楽茶屋跡で六甲全山縦走路に交わり左折し山頂を目指す。Sp5140051_2

山頂(931m)の記念撮影

食事をして15分程ウタタネのあと縦走コースにはいる。Sp5140053

神戸から淡路方面を見ると霞んでいたが白い雲が流れて風は気持良い。Sp5140052

水無山(804m)を下ったあたりで見た大岩でカエル岩と書いてあり遠くから見るとカエルに形が似ていた。Sp5140030

赤色のツツジはほとんど咲き終わっていたがまれに残っている。Sp5140054

岩倉山(488m)の反射板のある場所から見た西宮方面で甲山が見える。Sp5140044

ピンク色のツツジの花はまだこれから咲くようであった。

塩尾寺(えんぺいじ)を過ぎ、2年前宝塚に住んでた時Sp5140046 に良く朝日を写しに行ったビューポイントから宝塚の町を写す。レンガ色の屋根は宝塚劇場です。Sp5140048

下山し蓬莱橋を渡ってる時に話題になってる阪急電車が走っていました。

古代ロマンいっぱいの奈良・山の辺の道

近鉄・桜井駅-桜井中央児童公園[受付]-大神神社(三輪明神)-桧原神社-景行天皇陵-崇神天皇陵-天理市トレイルセンター-長岳寺-夜都伎神社-天理観光農園-内山永久寺跡-石上神宮-稲田酒造-近鉄・天理駅[ゴールまで約16キロ]

2011年第2回目の今回は近鉄電鉄主催のリレーウオークに参加してきました。

山の辺の道は奈良盆地の東側に連なる山々の裾を縫うように南北に三輪から奈良の町部にむかっていて、日本最古の道といわれています。Sp5080053

大神(おおみわ)神社の大鳥居で中に見えるのが御神体の三輪山です。Sp5080006

大神神社(三輪明神)で大和の一宮として貫禄十分、酒の神さまでもあります。Sp5080054

狭井神社の前を通り玄寶庵を過ぎると絵原神社Sp5080010

ここは三ツの鳥居が珍しかった。Sp5080020

柿畑やみかん畑の中を気持良く歩けます。

景行天皇陵の横を通り、櫛山古墳と崇神天皇陵の間を抜けると昼食ポイントの天理市トレイルセンターに着きおにぎりを食べる。

空海開基と伝えられている長岳寺の前を通り念仏寺、夜都技神社、天理観光農園横を抜けると芭蕉の句碑があったので説明書きをパチリ。Sp5080055

しばらく歩くと石上(いそのかみ)神社の入り口に着く。Sp5080056

山辺の道の大きな案内板がある。Sp5080057

神社の境内にいた変わった鶏Sp5080030

また木に登った尾長鶏が放し飼いになっていた。Sp5080058

この石上神社は伊勢神宮と共に日本書紀に出てくる最古の神社と聞く。Sp5080044

天理教施設のど真ん中を歩く。Sp5080045

どちらを見てもすばらしい建物が並ぶ。

天理商店街を歩くと宗教都市らしくハッピ姿の信者さんと出会う。Sp5080052

商店街の中にある稲田酒造を見学・お酒を試飲しその後ゴールの天理駅に着いた。

藤の花と牡丹の花のお寺さん

コールデンウィーク前半は徳島に里帰りをしてきました。

実家から四国霊場11番札所の藤井寺に行く途中の朝の風景です。Sp5020013

黄砂の影響で太陽が白く見え全体が霞んでいます。Sp5020039

本堂横に鎮座、参拝に来る人を迎えてくれます。Sp5020027

藤井寺は藤の花で有名なんですよ。Sp5020029

これは丸藤の花と言われ、また下の池に亀がいます。Sp5020071

弘法大師お手植えの藤だと伝えられています。Sp5020057

紫色の花は優雅ですね。

帰り道で見た楓かなぁ・・・Sp5020076

新葉で淡くいい色です。

翌日は吉野川の上流域、池田にある箸蔵(はしくら)寺にドライブ、仁大門前に車を停めました。

ここは香川県にある有名な金毘羅大権現の奥の院になってるんですよ。弘法大師が四国行脚の途中、金毘羅大 権現の神託を受けて創建したと伝わっており、四国札所の別格第十五番のお寺です。Sp5020084

りっぱな仁大門で周囲は赤いつつじが咲いていました。Sp5020087

山道の急な道は石段が続きます。神仏一体となっており鳥居もあり、護摩殿·鐘楼·薬師堂·本殿·観音堂などなど建ち並んでいます。Sp5020089

本堂から下を見た景色で、ここは標高600mの場所なんですよ。Sp5020095

庭にぼたんが植えられ丁度見頃でした。Sp5020102

牡丹園から本堂を見たところです。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

無料ブログはココログ