« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

踊る阿呆に見る阿呆

今年も踊りましたぁ~♪Sp1220039_edited1

本場の阿波踊りの連長をつとめる先輩が同窓会総会に参加で会が大いに盛り上がります。Sp1220044_edited1

アーラ エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイSp1220043

阿波(あわ)の~殿様蜂須賀(はちすか)公が今に残せし 阿波踊り~♪

よしこの節を歌い、美声を聞かせてくれた後輩に今年も感謝です。

この踊りのあと全員が起立して、校歌を高らかに歌い近畿至誠会総会がお開きとなりました。

東お多福山から芦屋ロックガーデン

阪急の芦屋川駅前からバスに乗り、東お多福山登山口で下車し蛇谷沿いを登る。

熊笹の生い茂る場所に出るともう山頂が近く日陰には雪が残っていました。Sp1150001_edited1

山頂(697m)で記念撮影

なだらかな高原が広がっている。Sp1150010_edited1後ろの山は六甲山で南を見ると阪神間の市街地や人口島が箱庭のように広がっていた。

時々雪が舞い風が強い。Sp1150012_edited1

高原を横切り雨ヶ峠から芦屋カントリー娯楽部の中を抜ける。

荒地山(549m)を横に見ながら下るとロックガーデンの一角、風吹岩に着いた。

Sp1150015_edited1

ここは見晴らしが特にいいから大勢の人が休憩やら食事をしています。Sp1150019_edited1

風吹岩の一番東の岩に登っている若人

下を見ると岩場がそそり立っている。Sp1150021_edited1

巨岩が連続しており有名なB懸尾根Sp1150024

カンバンを読むと、この場所の歴史が伝わってきます。

岩場に架かった梯子や鎖につかまりながら無事ここを通過しました。Sp1150028_edited1

高座谷沿いの少し広い場所にイノシシ村の掲示があったので覗くと「いました。いたました」6頭のイノシシが・・・・Sp1150025_edited1

「何か欲しいなぁ~」なんて表情で側までやってきたイノシシ

谷をくだれば高さ約10mの高座の滝にでました。Sp1150041_edited1

昔は修験者の道場として有名であったようで、少し上流の中の滝付近から鎌倉時代の祭器が出土しています。

滝の茶屋、大谷茶屋の前を通り住宅街を抜けると芦屋川の駅でした。Sp1150042

おうち前の庭に咲いてた梅花

開運招福

西宮のえべっさんに開運招福の祈願に行ってきました。

関西では今宮のえべっさんと並んで有名で毎年3日間で百万人を超える参拝客があり、全国で3500社ある恵比寿神社の総本社。Sp1090001_edited1

今年も市役所の駐車場に車を停めて阪神電車沿いに歩くと阪神の西宮駅があります。Sp1090002_edited1

駅から神社まで周辺道路はところ狭しと出店が立ち並び、見て歩くだけでも楽しいものでした。Sp1090007

表大門で豊臣秀頼の寄進と伝えられており、十日の神事福男選びのスタート地点。

早朝6時の開門と同時に一斉に本殿に向かって駆ける姿をテレビなどで見られたと思います。Sp1090009_edited1

ここを通り抜けると境内の参道ですがやはり両側に出店が並びます。Sp1090016_edited1

本殿に入る前にお払いを受けます。Sp1090019_edited1

本年も開運招福をお願いしました。Sp1090020_edited1

奉納されたまくろSp1090022

本殿を出て、正面左の大きな建物に行って福娘さんより福笹を受けます。

今年の神社境内は安全のため完全に一方通行になっており、昨年まで参拝のあとで寄っていた曲芸をするおさるさんの場所に行くには再度大門からはいりなおさないと行けなく、大門前は長蛇の列になっていたので今回はパスしました。Sp1090023_edited1

そこで重要文化財の大練塀の紹介です。

室町時代に作られたと言われ、名古屋熱田神宮の信長塀と京都三十三間堂の太閤塀と並んで日本三大練塀となっています。神社境内の東側から南側にかけて総延長247mの長い築地塀で日本最古のものです。

初登山

朝目覚めると快晴

宝塚から東六甲山縦走路にはいる。Sp1080021_edited1

塩尾寺に着くと庭に薄っすらと雪が残っている。Sp1080033_edited1

途中から登山道の日陰は降った雪がそのまま残っていた。Sp1080064_edited1

石の宝殿神社入り口で六甲山頂から東に1kmの峰の上にあり、1693年(慶長18年)に西宮の氏子により建立されたとのこと。分水嶺上で、建立以前から霊場であったようで、近世以降は雨乞いの場でもあり現在も参拝者がある。Sp1080071_edited1

一軒茶屋から山頂に登る広い坂道で子供がソリに興じてる姿をパチリ!Sp1080073 

最高峰で記念撮影後持参のおにぎりを食べる。Sp1080076_edited1

山頂から約3キロ西にある六甲ガーデンテラスに歩く途中も日陰は雪が深い。Sp1080078_edited1

新しくできた展望台で以前は十国展望台と呼ばれ回転していたが今はしていないようである。Sp1080086_edited1

ガーデンテラスのお店横から神戸の町と海を見る。Sp1080099_edited1

テラス前で居ると冬場は運行していないと思ってたバスが来たので行き先をみると六甲ケーブル山上駅行きであり乗車し乗り換えケーブルで下山した。Sp1080101_edited1

約10分の乗車時間であったが対向のケーブルと出会い撮影する。

六甲ケーブル下駅から阪急六甲駅まで連絡バスがあり帰路についた。

新年2011

あけましておめでとうございます。

12月29日から故郷に帰省していました。

帰省途中で立ち寄った場所Spc290089_edited1

淡路サービスエリアで車で渡った明石海峡大橋が見えます。

翌日はおふくろと吉野川市内のドライブを楽しみました。Spc300101_edited1

最初に行ったのは巨大樹Spc300102_edited1

ここに行く途中小学校時代の同級生の家があり名前と当時の顔を思い浮かべました。

自転車で3年間通った高校のある川島城山公園を散策Spc300103_edited1

下を流れる吉野川と潜水橋

大水が出ると沈んでしまう橋で、見ていると対岸にある札所、四国八十八ヶ所の10番である切幡寺から11番の札所藤井寺に歩いて向かうお遍路さんを見かけました。

大晦日は雪が降ったりやんだりで風の強い寒い日だったので家でノンビリし、夜は紅白歌合戦を楽しみました。

元旦は良い天気に恵まれ、おふくろと近くの天神さんに初詣Sp1010108

お神酒をいただきました。

帰路途中で徳島市内の眉山をドライブSp1010113_edited1

桜の名所の眉山公園内の日陰は雪が残っていました。Sp1010115_edited1

展望所から徳島市内が見渡せます。Sp1010116

モラエス像Sp1010118_edited1

遠くは讃岐山脈、真ん中を流れてる吉野川Sp1010154_edited1

淡路島を走ってる時に見た瀬戸の海と空

本年もよろしくお願いします。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

無料ブログはココログ