« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

夏が行く

朝晩は秋めいてきて、季節の移ろいを感じる今日この頃です。

阪神間では遅い花火大会が猪名川に架かる神津大橋南側の河川敷で開かれ、混み合う大橋の上から写した写真です。Sp8220006 Sp8220041 Sp8220044 Sp8220045 Sp8220046

テーマ「夏の夜空の夢花火」と銘うって3500発が打ち上げられ、約1時間楽しませてくれました。Sp8250021

マンションの屋上から明けていく東の空の光景です。

続いては昆陽池(こやいけ)の上を舞う鳥の写真2枚です。Sp8130021 Sp8180062_edited1

帰宅途中で見た花です。Sp8260067_edited1

塀に良く似合うノウゼンカズラ、中国原産の落葉蔓植物Sp8260077_edited1

別名カッコウアザミと呼ばれているアゲラタムの花で、春から初冬までの長い期間次から次に咲いて楽しませてくれます。

神戸ハーバーランド

出張先での仕事が終わり仲間たちと軽く打ち上げをしたあと別れ、カメラを持って久々のハーバーウォークです。Sp8200072_edited1

はねっこ広場からはいったがここは神戸情報文化ビルの南側にあるイベント広場で、めずらしい跳ね橋が架かっている。Sp8200091_edited1

跳ね橋を渡るとすぐに、レンガ倉庫レストラン街でおしゃれな建物が目につき、またハーバーランドの完成に合わせてつくられたハーバーウォーク(ボートウォーク)路が港先端の神戸旧信号所まで続いている。Sp8200119_edited1

丁度モザイク前から出航した、港クルーズのオーシャンプリンスを見送る。船上に大勢の観光客の姿が見られた。Sp8200166_edited1

モザイクガーデンの観覧車ですが周辺のモノレールなど遊戯施設に遊びに来てる家族連れの姿があった。Sp8200135_edited1

高浜岸壁からの眺めは右からホテルオークラ、中央のポートタワーでその左奥のビルが神戸市役所。ポートタワーは1963年に完成した高さ108メートル、港神戸のシンボルです。Sp8200200_edited1

港めぐりから帰ってきたオーシャンプリンスとモザイク前広場の黄昏ですが、この日は広場でジャズライブが開かれるとかで徐々に人が集まってきてました。Sp8200222_edited1

帰路のキャナルガーデンから見上げると窓越しに、子供達が踊りの練習をしてる微笑ましい光景に出会えました。

お盆

この時期は「日本民族大移動」と言われるように、家族との出会いやお墓参りで生まれ故郷に帰る人も多い。

私もかってはこの時期に故郷に帰省していたがここ数年は7月末か8月初旬に帰っている。Sp8120023

画像は早朝の東の空の光景で昇る前の太陽光が空を照らし雲が焼けている。Sp8080001

続いては夕方の南の空の雲、沈みかけた夕日に照らされ空に泳ぐ魚を連想しました。Sp8130084

昆陽池を覗くと同じ方向を向いた亀さんSp8130078_edited1

アヒルさんとカモさんSp8120163 Sp8120124

帰り道の天神川沿いに咲く黄花コスモスの花とすすきか?

アップで写してみました。Sp8150008_edited1

宝塚動物霊園から見た宝塚の町と遠くに甲山が見えている。Sp8150010_edited1

ゲンキの眠っている協同墓地。

梅雨明け十日

一年で一番暑い期間と言われています。

夏バテせずに元気にこの期間を乗り切りたいと願ってます。

梅雨が明けてからの空を中心に紹介させてもらいますね。

まず最初はマンションから見た日の出Sp8040041_edited1

Sp8040016_edited1 同じ場所から見た、北の空の雲が色づいたところです。Sp8030065_edited1

昆陽池に行くと水面が絵画のような色を見せてくれました。

Sp8030088_edited1 夕方にベランダから見た入道雲

Sp8040145_edited1 昆陽池の生き物、あひるさんのユニークなポーズSp8080031

今朝の昆陽池の夜明けです。

散歩中に見たもの

今日から8月ですね。

最近は画像が主体になってきたのでレイアウトを変更してみました。Sp7310008_edited1

画像は昆陽池のほとりから見た早朝の東の空の雲で最近の不安定な気象を象徴してると思います。Sp7310015_edited1

ここに住みついてる白鳥が岸にあがろうと羽ばたきした瞬間を写しました。Sp7310072_edited1

昆陽池の隣の調整池にいたアオサギの面白いしぐさです。この池が好きらしく数日前も見かけたんですよ。Sp7310094_edited1

帰り道の天神川沿いの家の前のお花に蜜を吸いにきていた、蜂です。早朝からの働き者。Sp7280037

このハイビスカスも道沿いの家の前に咲いており、マクロで写しました。Sp7280059_edited1

我家に近づくとクマゼミの大合唱です。湿ったところにアブラゼミ、乾いたところにクマゼミがいるなんて言葉を聞いたことがありますが、今一番元気な生きものです。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

無料ブログはココログ