« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

先輩

今朝宝塚は雪化粧です。

全国的に寒波が日本列島を襲ってますが、風邪など引かずにお元気でしょうか。

昨日は古都奈良の春を告げる行事のひとつ、若草山の山焼きのニュースが流れていましたね。

暖かい春本番が待ち遠しい今日この頃です。

さて、昨日は恒例、我が母校の同窓会総会が開かれ、今年も先輩の乾杯の音頭の発声で懇親会が開かれました。画像は参加者がビンゴゲームを楽しんでる風景です。Sp1240008

挨拶の中で先輩はこの会に毎年参加するのを楽しみにしながら生活をしてるが、1年が飛んでいくとおっしゃってられました。そしてまた来年も皆さんとお会いしたいとの話で締めくくられましたが、ちなみに先輩は旧制中学4回卒業、年齢は95歳とのことです。来年もまた元気な先輩の話を聞きたいと思いました。

早朝、東六甲山から写した日の出の画像です。拡大してもらえばわかると思いますが丁度、大阪空港から飛び立った飛行機が一緒に写りました。下の街は昨日近畿至誠会が開かれた大阪天満橋のOMMビルもどこかに写ってると思います。Sp1240081_2

高野山満願御礼参り

一昨年の春、四月にスタートした四国八十八ヶ寺参りが昨年の十月に第八十八番札所、大窪寺をまわり終わり、お礼参りに高野山に行ってきました。

和歌山にはいると山に雪が積もっており、高野山登り口のドライブインで積雪を見ました。バスのタイヤにチェーンを巻き雪の中を、高野山奥の院を目指す。Sp1120100_edited1

奥の院の駐車場から奥の院まで雪の中を歩きます。

右側は有名企業の殉職者をまつってあるお墓も並んでいました。Sp1120120

この橋から向こう側が聖域で、帽子やカメラ撮影が一切禁止の地区です。Sp1120153

奥の院でのお参りも終わり、安養院で昼食の精進料理をいただきました。

ご飯はかやくご飯でおいしかった。Sp1120160_edited1

1593年 豊臣秀吉が母親の菩提を弔うために建てた金剛峯寺であるが、現在は高野山真言宗の総本山となっている。

お寺の人が雪かきを一生懸命していた姿が印象に残ります。

金剛峯寺をお参りのあと高野山の大門を出る時に支柱についてる、デジタル温度計がマイナス5、7℃であった。

Sp1120170高野山を下り、大師の母親が四国の讃岐からでてきて大師を待った山麓にある慈尊院で住職さんの講話を聞いた。

約1200年前の時代に高野山の案内犬がいたという伝説があり、弘法大師の案内犬の生まれ変わりと呼ばれテレビ、新聞等でとりあげられた犬、ゴンのエピソードを聞いた。Sp1120168_edited1_2

慈尊院の門前に咲いていた白梅。

えべっさん

「えべっさん」の総本社として知られる、西宮市の西宮神社に今年も行ってきました。Sp1100012_edited1

この画像の鳥居の奥にある大門が太鼓の音と共に、朝の6時に開き参拝者が一番札を求めて疾走します。

夕方のテレビで福男の勇姿とインタビュー画面が流れていました。Sp1100021_edited1

境内も参拝の人々で溢れていました。

不況の影響で神頼みしたい心境もあるんでしょう。Sp1100025_edited1

毎年漁業関係者から奉納されるまぐろ

鳥取産の体長2、5mで重さが220㎏だとか、とにかく大きい。Sp1100031_edited1

参拝した後、境内で2年続けて見ているおさるさんの曲芸を見に行ったが、ちょうどお昼の休憩中とかで舞台を片付けていた。

お願いして椅子に腰掛けてるおさるさんの写真だけ撮らせてもらう。

元旦の訪問

今年も玄関に飾った注連縄についてる、稲穂をついばみに小鳥達がやってきた。

鳴き声が楽しそうに聞こえる。Sp1010033           

見てると、飛びながら空中でつついたり縄にとまって食べている。Sp1010018

カメラをより近づけると、一斉に飛び立った(すりガラス越しに写した画像)Sp1010005_edited1

元旦に初日の出を見に行こうと近所のウォーキングメンバーと六甲山の鉄塔まで登ったが雲に覆われ見えなかった。下山したあと近所の公園で見た菜の花。落ち葉の上はうっすらと雪化粧している。Sp1030122

今朝、見た日の出。

まるでUFOのような姿を見せてひとときを楽しませてくれた。

末尾になりましたが訪問してもらった皆さん、今年も昨年同様によろしくお願い致します。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

無料ブログはココログ