« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

雨の朝

8月末になって、全国各地でゲリラ豪雨による被害のニュースが流れてるが、皆さんところで被害はでてないでしょうか。もし被害があれば、ここを借りてお見舞い申します。

うちは昨夜愛知にいる息子から帰宅途中に電車が豪雨の為か、なかなか来ないと家人にメールしてきたようです。

今朝もこちらは小雨が降ってるので、塩尾寺行きは中止して町の中、傘をさしてウォーキングをしてきました。Sp8300495

我が家近所から見える甲子園大学です。

この大学の下に紅葉谷川が流れており、沿って下ると武庫川に合流していて、橋を渡ると阪急宝塚駅があります。

今朝は駅のソリオビルの中を通り抜け、花の路から宝塚大劇場の前を通り宝塚大橋を渡り、阪急宝塚南口駅前から急坂を上り自宅まで約40分のコースでした。

途中でたわわに実った栗の実を見つけたのでカメラで写しました。Sp8300499

休日の朝

ここ10年くらい前から愛犬ゲンキの朝の散歩を引き受けていたが昨年の夏過ぎからゲンキの足の弱りが目立ち、この春頃から家の周りを歩くのがやっとの状態が続いてる。まだ食欲があるので安心はしているが・・・・

そこで散歩ができなくなった小生の健康維持も兼ねて5月初旬から六甲山縦走路の一角にある塩尾寺(えんぺいじ)に登っている。
ここは聖徳太子の開祖と伝えられる浄土宗のお寺で宝塚温泉の根源とされ、潮泉山の山号を持っている。かって大勢の参拝の人で賑わった時代もあったようであるが今ではひっそりと武庫山の中に佇んでいる。

家から急斜面の間道を10分ほど歩く六甲山縦走路に出て、そこから15分程で塩尾寺に着くコースである。

4ヶ月近く続けていると毎朝山登りをしたりお寺に参拝に来たりしている人たちと挨拶を交わし、また顔見知りになり途中で一緒になり話をする人もできてきた。中でも子年(大正13年)生まれ84歳の大先輩が阪神大震災以降、雨の日を除きほぼ毎日登っておられ来年の春には4000回に達するとの話を聞いた。

ゲンキが元気な頃、塩尾寺に通じる狭い間道でこの大先輩と出会うと「この犬噛えへんか」と何回も聞かれた印象が残っている。

この大先輩を見習って朝の塩尾寺行きは長く続けたいと思っている。

今朝は雨が降ってたので登らなかったが、昨日の朝の塩尾寺に向かう途中で写した日の出の画像です。Sp8220481

8月27日朝焼けの画像を写したので貼ります。(追加分)Sp8270489

太陽の光線が下に出てきれいでしたが画像ではイマイチです。やはり帰りは雨になりました。

故郷

早目の盆休暇をとって徳島の実家に帰省してきました。

大正生まれの両親が故郷で健在なのは嬉しいかぎりです。

画像は朝実家から10分ほど歩いた田園地帯の朝日の画像。Sp8100472

この道を山に向かってあと10分弱ほど歩くと四国八十八ヶ所のひとつである、11番札所の藤井寺があります。

おやじは農作業を現役でしてるほど元気ですが、おふくろは膝に水がたまり、歩行はしんどそうだが車での移動は大丈夫と言うので、気分転換に隣の県、高知を走ることになりました。

最初に着いたのが室戸岬です。ここは高知県の最初の24番札所、最御崎寺(ほつみさきでら)があるので、お参りをしました。若い空海が修業した地としても有名です。Sp8100478             

お寺は岬の高い場所にあるのでお参りした帰り道での画像です。

青い空に入道雲、土佐の海と海岸線、手前に写ってるのは国道55号線です。

この55号線を十数分西に走ると25番札所の津照寺(しんしょうじ)があります。漁師町でこのお寺はかじとり地蔵の寺として海の安全を願う地元の人たちの信仰を集めています。Sp8100482

お参り途中で突然風が吹き空が曇り雷が鳴り、大雨かと思ったんですが、一時のパラパラ程度の降りですみました。

続いて55線を少し山側に入ったところにある26番札所、金剛頂寺(こんごうちょうじ)にお参りをしました。Sp8100489

端正なたたずまいの立派な本堂を持ったお寺さんです。

午前中に3ヶ寺を回れたので55線沿い海の見えるレストランで、ハチキン鮨をいただきました。

午後からは国道を8キロほど山奥に入った27番札所、神峯寺(こうのみねじ)に向かいました。標高が450メートルあるだけにかなりの急斜面を曲がりくねり走り登ります。Sp8100497_2

駐車場からの階段もきついのですが、振り返ると土佐の海がきれいに眼下に広がります。ここまでのお寺の参拝はおやじと私だけで行きました。

山を下り、国道55線に出て香美郡の野市町にある28番札所の大日寺Sp8100499_2 に行きます。

ここは駐車場がお寺の近くなのでおふくろも車から降りて、階段のない道を歩いて3人の参拝ができました。

本日最後の予定地、29番札所の国分寺です。ここは柿葺き、寄棟造りの本堂で閑静なお寺さん。Sp8100509セミ取りに来てる家族連れが微笑ましかったです。 

6ヶ寺の参拝が終わり、仁王門から本堂に続く道の横に置かれたベンチに座って寛ぐ両親の画像です。

南国市から、高知自動車道に乗り川之江ジャンクションで徳島自動車道に乗り日が暮れた頃に実家に帰宅しました。Sp8100512

帰宅途中で吉野川の川面に映る夕焼けの画像。尚今回帰省の走行キロ数は737キロでした。

立秋の朝

今日から暦の上では秋になる。

まだまだ夏の高気圧が勢力を保ち、暑い日が続くと思われるが空を見上げると秋のきざしがあらわれているのかも・・・・・・

昨夕視界が悪い一時があるほどドシャ降りと雷に見舞われた関西であったが、今朝はみごとな夜明けに遭遇することができた。

画像で紹介させてもらいます。Sp8070444 Sp8070447 Sp8070450 Sp8070452 Sp8070454 Sp8070455

この時間ゼミの鳴き声はうるさいほど・・・・・・笑

甲子園では熱戦が繰り広げられ、また明日からオリンピックがはじまる。

しばらくテレビに釘付けになるかも~♪

真夏の夜の楽しみ

大正5年から90年の歴史を持つ真夏の風物詩、宝塚観光花火大会が今年もはじまりました。

毎年8月1日と2日の両日にわたり、合計4000発が楽しめます。

今年のテーマは「手塚治虫 生誕80周年記念プログラム」で「ワクワク」「ユラユラ」「ドキドキ」「スヤスヤ」でそれぞれのイメージ合わせた音楽が会場の武庫川観光ダム一帯に流れ、コンピューターと連動して花火が打ち上げられました。Sp8010493 Sp8010501 Sp8010506 Sp8010513 Sp8010512 Sp8010515

画面をクリックすると画像が大きくなります。

これから下の画像は8月2日近所から見た花火の追加分です。Sp8020447 Sp8020474 Sp8020478 Sp8020489 Sp8020491

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

無料ブログはココログ