« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

故郷

早目の盆休暇をとって徳島の実家に帰省してきました。

大正生まれの両親が故郷で健在なのは嬉しいかぎりです。

画像は朝実家から10分ほど歩いた田園地帯の朝日の画像。Sp8100472

この道を山に向かってあと10分弱ほど歩くと四国八十八ヶ所のひとつである、11番札所の藤井寺があります。

おやじは農作業を現役でしてるほど元気ですが、おふくろは膝に水がたまり、歩行はしんどそうだが車での移動は大丈夫と言うので、気分転換に隣の県、高知を走ることになりました。

最初に着いたのが室戸岬です。ここは高知県の最初の24番札所、最御崎寺(ほつみさきでら)があるので、お参りをしました。若い空海が修業した地としても有名です。Sp8100478             

お寺は岬の高い場所にあるのでお参りした帰り道での画像です。

青い空に入道雲、土佐の海と海岸線、手前に写ってるのは国道55号線です。

この55号線を十数分西に走ると25番札所の津照寺(しんしょうじ)があります。漁師町でこのお寺はかじとり地蔵の寺として海の安全を願う地元の人たちの信仰を集めています。Sp8100482

お参り途中で突然風が吹き空が曇り雷が鳴り、大雨かと思ったんですが、一時のパラパラ程度の降りですみました。

続いて55線を少し山側に入ったところにある26番札所、金剛頂寺(こんごうちょうじ)にお参りをしました。Sp8100489

端正なたたずまいの立派な本堂を持ったお寺さんです。

午前中に3ヶ寺を回れたので55線沿い海の見えるレストランで、ハチキン鮨をいただきました。

午後からは国道を8キロほど山奥に入った27番札所、神峯寺(こうのみねじ)に向かいました。標高が450メートルあるだけにかなりの急斜面を曲がりくねり走り登ります。Sp8100497_2

駐車場からの階段もきついのですが、振り返ると土佐の海がきれいに眼下に広がります。ここまでのお寺の参拝はおやじと私だけで行きました。

山を下り、国道55線に出て香美郡の野市町にある28番札所の大日寺Sp8100499_2 に行きます。

ここは駐車場がお寺の近くなのでおふくろも車から降りて、階段のない道を歩いて3人の参拝ができました。

本日最後の予定地、29番札所の国分寺です。ここは柿葺き、寄棟造りの本堂で閑静なお寺さん。Sp8100509セミ取りに来てる家族連れが微笑ましかったです。 

6ヶ寺の参拝が終わり、仁王門から本堂に続く道の横に置かれたベンチに座って寛ぐ両親の画像です。

南国市から、高知自動車道に乗り川之江ジャンクションで徳島自動車道に乗り日が暮れた頃に実家に帰宅しました。Sp8100512

帰宅途中で吉野川の川面に映る夕焼けの画像。尚今回帰省の走行キロ数は737キロでした。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

無料ブログはココログ