« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

歌劇の街から酒蔵の町へ

今年度第一回目の 「朝日・五私鉄リレーウオーク」に参加

コースは宝塚ガーデンフィールズ(スタート・受付)…小浜宿…荒牧バラ公園…天神川…昆陽池公園…たんたん小道…緑ヶ丘公園…伊丹緑道…猪名野神社…みやのまえ文化の郷…白雪ブルワリービレッジ長寿蔵〔小西酒造〕(ゴール) の約14キロSp4200062

好天とコース設定が良いとの事で、主催者発表で参加者が4、550人。スタート地点は元宝塚ファミリーランドのあった場所です。申し込みをしてから約20分歩くと、旧街道、小浜宿(こはまじゅく)に到着Sp4200065

小浜宿では資料館で伝統文化の展示物や明治大正昭和に渡る資料を見せてもらう。Sp4200069_2

谷風岩五郎の墓や首地蔵さんを参る。また豊臣秀吉が有馬の湯に行く途中で茶会を開いたお寺を見学。Sp4200072

約40分歩いて荒牧バラ公園で休憩をした。残念ながらバラの咲く時期には少し早過ぎつぼみでしたが、周りの棚は藤の花がみごとに咲いてきれいでした。Sp4200073         

天神川沿いに昆陽池(こやいけ)を目指します。Sp4200077

昆陽池は伊丹八景のひとつで、奈良時代に名僧、行基が築造した農業用ため池を昭和になって公園化し、いまでは関西屈指の渡り鳥の飛来地となっており、ここで昼食を食べる。Sp4200081

両サイドが公園として整備された、たんたん小道を通り瑞ヶ池(ずがいけ)公園を横に見ながら、緑ヶ丘公園の中の下池には友好都市、中国の佛山市(ぶつざんし)から送られた賞月亭(しょうげつてい)を見ました。

そこから市民の散歩道として親しまれている、日本ウオーキング協会が選んだ美しい日本の歩きたくなるみち500選の一部を通り、猪名野神社を抜け、みやのまえ文化の郷にあるゴールにはいる。最後の画像は見学させてもらった江戸時代に建てられたという町屋、旧岡田家の建物内部。Sp4200084

淀川河川敷き公園で遊ぶ

晴天に恵まれた日曜日、恒例の野草オフ会に参加した。

富山・宇奈月や愛知・一宮や名古屋から参加の遠来の友も含め京阪・香里園駅改札口に集まった。

毎年のことだが、行く途中にある満開の桜や、道沿いに咲く菜の花が迎えてくれる。Sp4060001 Sp4060002

幹線道路沿いにある桜なのに排ガスに負けずきれいに咲いている。

淀川の土手に着くと球根が地中にあるノビル堀りに夢中になる。(湯がいて名古屋から持参してくれた味噌ダレをつけていただく)

また、テンプラの材料にする、菜の花やツクシ、タンポポの葉、カラスノエンドウなどを採取しながら歩く。子供の頃に返ったみたい。

公園に着くとテントの設営や採取した野草を洗ったり、昼食の準備が整う。

野草のテンプラを揚げる風景とホタテ貝とコテッチャンを焼いてるところ。Sp4060003 Sp4060004

それぞれ皆さんが持ち寄りの美味しそうな昼食が並ぶ。

たらの芽やフキノトウ、アスパラの揚たて熱々テンプラを食べたり、名古屋から持参の珍しい食べ物、宇奈月の村おこしの品、タンポポコーヒー他や、なぜか~広島名物、もみじ饅頭等などをいただいた。

美味しいアルコール類もたっぷり飲み、うららかな青空の下とてもいい気分。

今回は6歳リク君の特別参加もあり、宴が盛り上がりまた明日からの活力をもらえた一日でした。Sp4060012 Sp4060018 Sp4060035

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ