« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

いい習慣

マイミクの日記を読んでるとアクティブエイジングを提唱する朝倉匠子(あさくら・しょうこ)氏の講演内容を紹介していた。

「人は生きるほど、誰でもキタナくなっていくもの。でも食事、適度な運動、いい睡眠。若いうちから意識して習慣づけていくことで、10年後、20年後の肉体を変えることができる」

と言う具体的な内容である。決して若くはないが最近特に腹部の肉付きが良くなりメタポ健診も気になっている。

「よし、いい習慣を」と今朝は過去歩いていた愛犬ゲンキとの散歩コースを早足で歩いた。

いつまでも続けたいが・・・・当面6月の健康診断を目標に・・・・(笑)

画像は今朝散歩から帰ってきて写した隣のうちの牡丹の花と、我が家のエビネ蘭とナルコユリの花Sp4260094 Sp4260100 Sp4260037 Sp4260090

歌劇の街から酒蔵の町へ

今年度第一回目の 「朝日・五私鉄リレーウオーク」に参加

コースは宝塚ガーデンフィールズ(スタート・受付)…小浜宿…荒牧バラ公園…天神川…昆陽池公園…たんたん小道…緑ヶ丘公園…伊丹緑道…猪名野神社…みやのまえ文化の郷…白雪ブルワリービレッジ長寿蔵〔小西酒造〕(ゴール) の約14キロSp4200062

好天とコース設定が良いとの事で、主催者発表で参加者が4、550人。スタート地点は元宝塚ファミリーランドのあった場所です。申し込みをしてから約20分歩くと、旧街道、小浜宿(こはまじゅく)に到着Sp4200065

小浜宿では資料館で伝統文化の展示物や明治大正昭和に渡る資料を見せてもらう。Sp4200069_2

谷風岩五郎の墓や首地蔵さんを参る。また豊臣秀吉が有馬の湯に行く途中で茶会を開いたお寺を見学。Sp4200072

約40分歩いて荒牧バラ公園で休憩をした。残念ながらバラの咲く時期には少し早過ぎつぼみでしたが、周りの棚は藤の花がみごとに咲いてきれいでした。Sp4200073         

天神川沿いに昆陽池(こやいけ)を目指します。Sp4200077

昆陽池は伊丹八景のひとつで、奈良時代に名僧、行基が築造した農業用ため池を昭和になって公園化し、いまでは関西屈指の渡り鳥の飛来地となっており、ここで昼食を食べる。Sp4200081

両サイドが公園として整備された、たんたん小道を通り瑞ヶ池(ずがいけ)公園を横に見ながら、緑ヶ丘公園の中の下池には友好都市、中国の佛山市(ぶつざんし)から送られた賞月亭(しょうげつてい)を見ました。

そこから市民の散歩道として親しまれている、日本ウオーキング協会が選んだ美しい日本の歩きたくなるみち500選の一部を通り、猪名野神社を抜け、みやのまえ文化の郷にあるゴールにはいる。最後の画像は見学させてもらった江戸時代に建てられたという町屋、旧岡田家の建物内部。Sp4200084

六甲山に登る

阪急電車、芦屋川駅を下車し芦屋川沿いの道を歩き、六甲山山頂を目指す。

まだ葉桜になりきらない、残りの桜の花が目を楽しませてくれました。Sp4120038

この芦屋川の下流に芦屋美術館や谷崎潤一郎記念館がある。

住宅街を抜けるとすぐに芦屋ロックガーデンの入り口のトンネルの左右に品物を並べた珍しい商店。Sp4120039

新緑がとてもきれい。Sp4120042

紫の三つ葉つつじが今ちょうど見頃。Sp4120045             

高座ノ滝を過ぎ、急斜面を登ると風吹岩に到着し見晴らしがいいのでしばし、休憩をした。

芦屋ゴルフカントリークラブを横に見ながら登っているとスミレに出会いホット一息。Sp4120047_2

雨ガ峠を過ぎ、東おたふくやまを見ながら七曲りに入る頃からまた傾斜がきつくなり汗が流れ出す。

一軒茶屋が見えるともう山頂も近くなり、元気がでる。Sp4120049_2   

標高931メートルの山頂に到着。

約7キロを休憩もしながらであるが3時間半かかった。昼食に持参のおにぎりを食べる。

しばし眺めを楽しみながら、六甲山全山縦走路の東コース・太平山塩尾寺ルートで宝塚に下山を選ぶ。

Sp4120054

宝塚12キロの表示の下の頑張れ!に元気をもらう・・・・・笑

尾根道の熊笹が茂る中を黙々と歩く。嬉しいのは太い松の木が随所で見られ、六甲山にまだまだ松の木がたくさん残っていることは嬉しい。Sp4120056

西宮に入ると、甲山(かぶとやま)が木々の間から見えはじめ、かなり下山したことがわかる。まだ膝が笑ってないので、少し自信をとりもどすも体が重くなっている。

Sp4120061

塩尾寺(えんぺいじ)を過ぎたところで、桜の花がとてもきれいだったので最後の休憩をとり、それから無事下山した。

いい山歩きの1日であった。

淀川河川敷き公園で遊ぶ

晴天に恵まれた日曜日、恒例の野草オフ会に参加した。

富山・宇奈月や愛知・一宮や名古屋から参加の遠来の友も含め京阪・香里園駅改札口に集まった。

毎年のことだが、行く途中にある満開の桜や、道沿いに咲く菜の花が迎えてくれる。Sp4060001 Sp4060002

幹線道路沿いにある桜なのに排ガスに負けずきれいに咲いている。

淀川の土手に着くと球根が地中にあるノビル堀りに夢中になる。(湯がいて名古屋から持参してくれた味噌ダレをつけていただく)

また、テンプラの材料にする、菜の花やツクシ、タンポポの葉、カラスノエンドウなどを採取しながら歩く。子供の頃に返ったみたい。

公園に着くとテントの設営や採取した野草を洗ったり、昼食の準備が整う。

野草のテンプラを揚げる風景とホタテ貝とコテッチャンを焼いてるところ。Sp4060003 Sp4060004

それぞれ皆さんが持ち寄りの美味しそうな昼食が並ぶ。

たらの芽やフキノトウ、アスパラの揚たて熱々テンプラを食べたり、名古屋から持参の珍しい食べ物、宇奈月の村おこしの品、タンポポコーヒー他や、なぜか~広島名物、もみじ饅頭等などをいただいた。

美味しいアルコール類もたっぷり飲み、うららかな青空の下とてもいい気分。

今回は6歳リク君の特別参加もあり、宴が盛り上がりまた明日からの活力をもらえた一日でした。Sp4060012 Sp4060018 Sp4060035

花とお城に誘われて

花見に行ってきました。

最初の画像は大阪城公園の横を流れている寝屋川と桜です。P4030011

続いて西濠から見た桜です。P4030018

大阪城公園の中の数少ないしだれ桜ですがとてもみごとでした。P4030030_3

                              

                               

続いては大阪城を写す人気ポイントの場所からの画像ですが鳥と飛行機が偶然写ってました。P4030035_2

大阪城の正面からの画像ですが天守閣入り口付近だったため、画像には写ってないのですが、大勢の人で混雑しており異国の言葉が飛び交うほど外国の方が多かったです。P4030039               

刻印石広場から見たお城                  

P4030053

内濠から見上げたお城ですが春の西日を浴びて金色の庇が輝きみごとな光景でした。P4030054                      

好天に恵まれ素晴らしい春の1日を楽しむことができ感謝でした。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ