« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

迎春準備

車で10分くらいの場所にある山本園芸地区にお正月用のお花を見に行く。

このあたりは約700年の伝統を持つ日本有数の植木の産地。

阪急宝塚線、山本駅近くに豊臣秀吉に仕えた坂上膳太夫という山本荘司がミカンの接木に成功し、その技術を秀吉に披露したところ「接木太夫」の称号を賜りその建徳碑があります。

園芸センターにシクラメンやクリスマスローズなど今を盛りの花がところ狭しと並んでいるが、今年は寄せ植え用の葉牡丹とパンジーと水仙、福寿草と南天を買う。

帰宅してから昨年買った、小笹とかシダ類と一緒に鉢に植え込み完成した。

皆さんのおうちも迎春の準備は進んでますでしょうか。Spc240092 Spc240093

今年の神戸ルミナリエ

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込め、そして夢と希望を託した13回目のルミナリエが開かれています。Spc140087

「光の紀元」がテーマで昨夜までに約2、589、000人が訪れたと発表されてるように会場は人人人の波でした・・・・・・笑

でも、入り口から中にはいると光の芸術作品と言われるだけに素晴らしい光景です。

昨年は収支が悪く、今後の存続が危ぶまれていると大きく報道機関にとりあげられて、赤字分をカバーしょうとボランティアの若者達が頑張っていました。

募金協力をするとPR用の写真を気持ち良くとらせてくれました。Spc140086

このような若者達の善意で神戸ルミナリエが支えられてるんだなぁ~と思います。

光のアーチを抜けて東公園広場に行くと、「太陽の窓」と名前をつけらた円形の光の輪は今年もすばらしかったです。

昨年に続き今年も市役所の展望室から全体像を眺めました。Spc140089 Spc140092

日付の変わる頃に帰宅すると、娘から「おとうさん、流れ星見た?」と声がかかる。

「友人からしし座流星群が今夜はピークって聞いてたから空を見上げながら帰ったけど見つけれなかったわ」って答えると「私は3個見たよ」と返事があった。・・・・・・・視力が落ちたのかなぁ~☆

近所の風景

子供が小さい頃連れて歩いた近所のお寺とか、滝のコースを二十数年ぶりに歩く。(約2時間半)

中国自動車道の宝塚付近から六甲山を眺めると、住宅街の少し上に白い建物が見えると思うが、今日歩いたコースの一部です。Spc080067 Spc080068 Spc080070

この画像は宝塚の長寿が丘と呼ばれる住宅地の奥に、妙法寺と言うお寺さんの境内につくられた仏舎利塔。

世界平和を祈る目的で作られたとの事で四十三番目の設置と説明書きがあります。

このお寺の境内の斜面に春はつくしがいっぱい出てきて子供達と摘んだ思い出が。Spc080072_2

妙法寺を過ぎて山道を登ると、昔 行者さんが修行をしたと言う、通称 不動の滝に出ます。Spc080075 Spc080078

この滝から少し急斜面を登ると、武庫川を挟んだ長尾山系の山並みと、開発され高層住宅が立ち並んだ、宝塚 すみれが丘の団地群が見えます。

団地群の東隣が、関西で有名な清荒神、通称 荒神さんです。

再び急斜面を登ると、六甲山縦走路にある塩尾寺の裏の竹林に出ます。ここのお寺さんは子供と同級生の子が居て、数珠回しの行事に呼ばれ子供と一緒に参加したことがありました。Spc080079 Spc080082

ここ塩尾寺の境内で少し休憩をして、六甲の清水をペットボトルに汲んで帰路につきました。

途中にみごとな柿がなってたんでパッチリ・・・・・・笑

布引の滝

6月に森林公園に紫陽花を見に行った時に「次回は秋に紅葉を見に行こう」と話したメンバーが中心になり今回も神戸電鉄、谷上駅改札集合に7人集まった。

駅の裏からすぐに谷川沿いの林を森林公園に向かって登るSpc020004_2

木漏れ日が降り注ぐ中を、休憩をとりながら約1時間登ると森林植物園入り口の、黄色に染まった大木メタセコイヤが迎えてくれる。

正面入り口をはいったところで、家族連れの子供が喜ぶ、クリスマス恒例、ソリに乗ったサンタさんを引っ張ったトナカイが飾られその前で記念撮影をする。

売店でおでんと酒を買い、広場で紅葉を見ながら、ワイワイと持参のおにぎりを食べる。

休憩のあと、紅葉を楽しみながらどなたか持参のパンを池の鯉にやり遊ぶ。Spc020014 Spc020017 Spc020018

この池は長谷池と呼ばれ、カキツバタやスイレンの咲く頃はいちだんと華やぐようである。

また、園内にカモシカの広場があり森林動物の代表、天然記念物のニホンカモシカ居る。右の画像の画面左下に小さく体の後ろ半分と足が写ってるのがわかると思います。なかなか思うように動いてくれなかったです・・・・笑

ここを少し下ったとこの谷川沿いを布引の滝に向かって下山Spc020042 Spc020058

途中で布引ハーブ園が見られます。画像の山の上の建物。

また途中にハーブ園に向かう新神戸ロープーウェーを眺めながら 下山の道沿いのモミジが見事でありシャッターを切る。Spc020062モミジが とてもいい色に染まっていた。

続いての画像は布引の滝の画像を2枚Spc020068_2 Spc020071

ここは紅葉と滝を見物に下から登ってこられる人が多くけっこう賑わっていました。

画面でもわかるように午後4時を過ぎると冬山は日が落ちるのがとても早く薄暗い。

神戸の町が見渡せる展望台で下山最後の休憩を取る。

画像は神戸の町と右上奥に新神戸空港がかすかに見える。Spc020065_2

新神戸駅近くの温泉で汗を流し、少し歩いた三宮駅に近い場所にあるベトナム料理に舌鼓をうち、神戸名物、西村コーヒーを飲んでお開きとなりました。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

無料ブログはココログ