« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

ニガウリ

6月実家に帰省した時、おふくろから「ニガウリの苗がたくさん出てるから持って帰ったら」と。

丈が20センチくらいの丈夫そうな苗を1本貰い、初めて自宅の狭い庭に植える。

大きくなるから添え木をするように言われていた為、近くの山から取ってきた2メートルくらいの竹を横に置いておいた。

1ヶ月くらいで2メートル近く伸び黄色い花が咲き始める。

8月初旬に花の咲いた後から1センチくらいのミニニガウリを発見~♪

ダンダン大きくなり毎日のように眺めている。P8280088 P8280089

藍より青し

何かのタイトルと勘違いされるかも知れない~笑

「青は藍よりいでて藍より青し」と言う言葉は藍で染めた青色はもとの藍の葉よりもきれいな青になるという意味で使われている。

この藍で栄えた徳島・脇町に「うだつの町並み」を見に行ってきた。P8120075 P8120078 P8120079

カンカン照りの中多くの観光バスが駐車場に停まり大勢の観光客が古い町並みを歩く・・・・夕方から始まる阿波踊り見物にきて昼間の名所めぐりの他府県の客と思われる。

「うだつ」とは町家の妻壁の横に張り出した袖壁で火よけ壁ともいい、防火の役目。昔、裕福な家は立派なうだつをつけていた。ことわざ辞典によると、いつまでもぐずぐずしていて一向に出世のできないことを「うだつが上がらぬ」と記してある。

2枚目の画像は藍、3枚目は蒅(スクモ)

続いて実家より見ることが出来る、阿波富士と呼ばれている高越山(愛称はおこおっつあん)にドライブに行く。標高1133メートルだけに上は涼しく見晴らしがすばらしい。P8120083 P8120086

南方向を見ると、四国で2番目に高い山、剣山(1955メートル)他四国山脈の山並みが見ることができ、北東方向を見ると下に愛称四国三郎の吉野川が流れはるか先に、淡路島がかすかに見える。またかすかではあるがさだまさしの小説のタイトル(映画化も)眉山(ビザン)が右奥にかすかに見ることができる。

ふるさとの紹介でした。

夏・神戸

暑い毎日が続きます。

もう~お盆を迎える準備をされたり、里帰りをされる方もいると思います。

小生も明日から実家に帰省。

昨日、神戸のとあるビルの20階に打ち合わせで行くと窓からすばらしい景色が飛び込んできた。

帰りにカバンに忍ばせていたカメラで写した写真です。P8090049 P8090050

暑気払い

毎年恒例になっている職場の懇親会が昨夜開かれた。

この時期は冷えた生ビールと焼き肉が定番になってる。参加したのは有志二十ウン人だったけど幹事の挨拶が終わるのも待ちきれずに、網に肉やら野菜を乗せる。

飲んで、食べて、喋って 真夏のひとときを楽しむ。

帰りは友人とブラブラ~ 暖簾の下がったカウンターの店で瓶ビールと枝豆、冷奴で口直しをする。

写真はとてもおいしかった焼肉と先日赤いTシャツを買ったダイヤモンドシティー

宝塚駅に着くと、花火大会は終わっていたがまだ大勢の若者が駅周辺で夏の夜を楽しんでる風景に出会った。P8030043 P8030045 P8030050

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

無料ブログはココログ