« ダイヤモンドシティ・テラス | トップページ | 暑気払い »

四国巡拝(17番から23番)

今回の巡拝は最初に徳島市内の国府にある、17番井戸寺に到着して、治病、長命、貧しい者の衣食を満たしてくださると言う薬師如来をお参りした。

一緒に回ってる仲間が半月前から右足の痺れで歩行に不自由しており、足の回復をお願いしてる姿が印象に残るスタートであった。P7260003 P7260004

ここは朱塗りの山門がみごとであり、四国一と言われている大わらじが左右にお飾ってある。

18番札所は徳島市内を出で隣の小松島市にある恩山寺。

途中に義経が渡ったと言う川に架かった義経橋を渡りしばらく走ると到着した。ここもご本尊は薬師如来。大師のお母さんが出家した時、剃髪した髪を納めてある御母公堂が印象に残っている。

P7260037

同じく小松島市内にある19番札所の立江寺、ご本尊の延命地蔵菩薩の名前を一心に唱えれば、無量の功徳が授かると言われている。

お参りし山門から出たところで、冷えたスイカの接待を受け、流れる汗も拭かずにスイカにかぶりついた・・・・・・・笑P7260025 P7260028  

ここは本堂と大師堂の間にある納経所のたたずまいがすばらしく良かったので思わずシャッターを切った。

20番札所の鶴林寺(かくりんじ)はお寺のある山の姿がインドの鷲峰山に似ているので霊鷲山(りょうじゅざん)と号している。縁ある鶴の置物が多く置かれ別名「鶴さん」と呼ばれてる。P7260009 P7260014 P7260017(標高約600メートル)

ここは勝浦川の上流にあり、勝浦はみかんの産地であり、またこれから収穫するすだちが行く途中の道路沿いに実ってる風景も見られた。

徳島県下で三重塔のある札所もここだけとのことであった。

徳島市内 眉山(びざん)の麓の宿で一泊して、翌日に21番札所のある阿南市 太龍寺に向かう。

抜群の記憶力と知恵を授けてくれる 虚空蔵菩薩が本尊であり大師が若かりし頃、当山にこもり修行された地である。標高610メートルの地にあり木陰にはいるとヒンヤリする場所もあった。P7270043 P7270044 P7270047 P7270048 P7270059

紫陽花の花がきれいに咲いて迎えてくれた。

阿南市にある 22番 平等寺は薬師如来がご本尊であり、ここは弘法の井戸があり、ペットボトルにお水を頂いて帰る。(画像は下の左)

海部郡日和佐町にある 23番 薬王寺も薬師如来がご本尊である。

ここは厄除け寺として全国的に有名であり、小生も過去に家族と数回お参りをしている。

山門を入るとすぐに33段の女厄坂、42段の男厄坂、61段の還暦厄坂があり両側に厄銭が供えてあった。P7270062 P7270064 P7270069

薬王寺からは海が見え、右手の山の上に建物が小さく見えるのは日和佐城である。

今回で徳島「発心の道場」23ヶ寺の参拝は終わりとなる。

« ダイヤモンドシティ・テラス | トップページ | 暑気払い »

コメント

お疲れさまでした。
臨場感たっぷりのお写真と丁寧なご説明に一緒に参拝をしている気分で楽しませて頂いていま~す。
お仲間の方のおみ足は大丈夫でしょうか。
病気平癒にご利益のあるお薬師さまのことです見守ってくださるに違いないです。お優しいお仲間とご一緒の巡拝なのでお心強く励みになると思います。
どうぞお大事になさってください~

青い空・青い海・日和佐城が見えていい景色ですねぇ~♪
太龍寺さんでは紫陽花のお花のお出迎えに…
きれいに咲いていますねぇ~。
ロープウェイからの眺望もいいですねぇ~
鶴さんのお写真、ありがとうございます☆

いいご参拝で、良かったで~す(^-^)


恋四国さんに~☆

暑い中、参ってきました。
足の調子が悪かった同級生は大阪に帰ってきて「足が楽になり、あとは日にちが薬やね」って出発の時と違い、明るい元気な声を聞き、安心したんですよ。ご心配をありがとうございました。
教えて頂いた太龍寺境内の一角から鶴林寺の三重塔が見えました。また101人乗りで西日本一の長いロープーエーからも川越え、山越えのパノラマの先のかなたに鶴林寺を見ることができましたです。画像に写ってるかなぁ~と思い探したのですが・・・・・
西の高野と言われるだけのスケールの大きさをこのお山で堪能させてもらいました。

お疲れ様~☆
写真と説明で、わかりやすくて、
四国が身近に思えます。

いつかは行きたいです。

景色も、人の優しさも自然でいいですね。

純真な心でおまいりしたいです。

お遍路さん、心の旅ですね、
私は、松山の石手寺しか、行ってない、
ありゃ、あれは巡礼じゃなく、
たんなる観光ですね、(^^ゞ

足が悪くても、そうやって、お遍路をしてみえるのですね。バスだから、大丈夫なのでしょうか。それでも、ステップを降りたり、大変でしょうね。

お接待、優しいですね。冷えたスイカ、何よりでしたね。(笑)

お勤めご苦労様でした。
暑かったでしょう。
いつもながら、素晴らしい写真の数々と丁寧な説明に感動いたしました。
紫陽花がまだ咲いてるのですねぇ。
ゆっくりお休みくださいね。

いずみさんに~☆

北海道からもお参りにお見えになる方の話も聞いたことがあります。
北と違った風土もあると思います。

>純真な心でおまいりしたいです。

本堂と大師堂に蝋燭、お線香また般若心経のお参りですから集中力がつきますです。


ボタ山はん~☆

>お遍路さん、心の旅ですね、

そう 思いますね。
人それぞれ想い想いのこころを持って巡拝に望んでるようです。

>私は、松山の石手寺しか、行ってない、
ありゃ、あれは巡礼じゃなく、
たんなる観光ですね、(^^ゞ

松山の石手寺さんに行った時はボタ山さんが言うてたなぁ・・・って思うと思います。


mokoさんに~☆

坂道や階段の上り下りは大変なようでしたが、坂道はうまく金剛杖を使い、階段はほとんどのお寺さんは手摺がついてるのでうまく活用してましたよ。

>お接待、優しいですね。冷えたスイカ、何よりでしたね。(笑)

美味しかったです。
また、あるところでは、フカシタさつま芋を貰いやはり、ありがたく頂きました。


ワン子さんに~☆

汗かきの友人は顔から汗がしたたり落ちていました。

>紫陽花がまだ咲いてるのですねぇ。

標高600メートルを超えると季節もゆっくり進む気がしました。
奥深いお寺さんは大木が多く霊気いっぱい身に受けられる気がし、真夏でもすがすがしさを感じました。

お疲れ様です。いい運動に、またいい癒しの時間になったようですね~。
冷えたスイカは美味しかったでしょうね~。

この暑い中を....。
きっとご利益沢山有るわねぇ。
besoさんも写真のように、白い巡礼服(?)に傘?手には金剛杖?
見てみたいわぁ~~~=^-^=♪

薬王寺は自分も何度か行きました。
淡路の親の実家を明け方に出て
日の出間もない頃に着く。というのばかりですが。
厄よけ寺として全国的に有名だったのというのは知らなかったです。
親の実家の淡路島で親や親戚が厄年にいつも
薬王寺に行ってたんで、そういうお寺なんだろうとは思ってましたが。

聞くところによると今でも弘法大師が88カ所を歩いておられるのだとか・・。
 あまり早く歩くと追いついてしまいますね。
 あちこちにもてなしがあるようで、楽しそうです。

 で、いつ頃完結するご予定?

なずなさんに~☆

おっしゃる通り、いい運動と癒しです。
今回から泊りになったんで日帰りと違いゆっくり回れます。部屋は4人で奥さんを亡くされたばかりの年が一回り先輩と少しだけ先輩の方と同級生の4人でした。
夜は食事のあとで別の部屋に泊まってる同級生がきて7人でとてもにぎやかに阿波の夜がふけましたよ。

お接待され、人の温かさを感じいい旅になってます。


Tonちゃんに~☆

>きっとご利益沢山有るわねぇ。

もう~巡拝中から、たあ~~んともろうてますわ・・・・笑

>besoさんも写真のように、白い巡礼服(?)に傘?手には金剛杖?

同級生3人はおっしゃる遍路装束やねん。
自分だけは輪ゲサを下げてる格好で、でも念珠、仏前勤行集、納め札(願いを書いた)線香、ローソクはチャンと持参して参ってますよ。


H-BUSさんに~☆

>薬王寺は自分も何度か行きました。
淡路の親の実家を明け方に出て
日の出間もない頃に着く。というのばかりですが。

四国では厄除けで有名なお寺さんで、厄払いに皆さん参られます。
初詣に参られる方も多いようですが、海がめの産卵で有名な大浜海岸が近いから次回行く機会があればぜひ回られることをお進めしますね。


茂グリさんに~☆

>聞くところによると今でも弘法大師が88カ所を歩いておられるのだとか・・。

お話は聞いたことがあります。
また回った後で、お礼参りに行く高野山に大師さんは常にいらっしゃるようですよ。

>で、いつ頃完結するご予定?

このツアーは毎月1回行けば、12回で完結の予定ですが、8月は一緒に回ってる4人の日程調整が難しく、2年くらいかけて無理しないで巡拝しょうね、と言う話になってます。
四国巡礼ツアーバスは関西の大きなターミナル駅から毎日出発してるから、選ぶこともできますよ。

 暑いですねー。四国遍路、バスだからそれほど歩かないと思うけど、でも炎天下のお参りは大変だったことでしょう。
 私も27日にバスハイクで安曇野散策へ行って来ました。暑かった~。

マサエ。さんに~☆

夏本番! 暑い! 暑い! 暑いですね・・・・・笑
小生は寒さより暑さに強いほうなんですよ。
また、バスの移動やからウツラウツラもでき、ひと眠りすれば疲れはとれました。

>私も27日にバスハイクで安曇野散策へ行って来ました。暑かった~。

過去数年、毎年信州に行ってたんですよぉ~

安曇野は良かったでしょうね。
風や水が里と違いますもんね~☆


今回からお泊まりなんですね。日帰りよりも2日間続けてお参りなさると身も心もお大師さまにもっとお近づきになられたのでは(笑)
般若心経も唱えておられるのですよね。先日、般若心経のカラオケを見つけました。普通のカラオケと同じように字の色が変わっていくんです。今の世の中をお大師様はどんな思いで見ておられるんでしょうね。
お参りされたお寺と詳しい説明で勉強させていただき、いっぱい楽しませていただきました。ありがとうございました。
次回の四国巡礼のブログを今から楽しみにしております。

めめさんに~☆

大師さまに近づくなんて恐れ多いことでございますが大師さまの足跡を、長い時間たどらせて貰うんは幸せなことと思っています。

般若心経のカラオケって出来てるんですねぇ~ 
仲間から貰ったCDの般若心経をたまに聞くんですが子守歌に聞こえてきてツイ、ウツラ~ウツラ~と眠くなってしまう小生であり、まだまだ発心まで至ってないんですよ。

めめさんにつたないブログ楽しんでいただいてとても嬉しく思っています。


besoさんのブログでもう一度巡拝させてもらってます~。大汗かきの小生真夏のこの時期お堂の中での読経は殊の外蒸し暑くきついですね。しかし密集を避けて木陰に入るとそよ吹く風がわたってきてほっとしました。

ホテルでの夕食時の余興では例のbesoさんの赤いシャツがひときわ目を引いて唯一のご指名がきてbesoさんが踊りを小生が歌をお披露目することに!いい思い出になりました~。

暑いなか、お疲れ様でした。
写真を見ると、さわやかな風が吹いてるような雰囲気が感じられますが、ほんとは汗がしたたってるんですね。

自分はできそうにないので、気分だけ味合わせてもらってます(^.^)

三太郎さんに~☆

大変お世話になり楽しいお遍路の旅ができました。
先達さんのおっしゃる「楽しくなければ遍路じゃない」の言葉をさらに実感した今回です。
山奥の霊場のおごそかさ、また宿で食事の後のハプニング・・・・まさか余興に指名されるとはネ 三太郎さんも三味線の伴奏で舟木一夫の「高校三年生」を歌うとは夢にも思ってなかったと思いますよ。
これが旅の楽しさでしょうね。
また、9月にまたよろしくお願いいたします。


まあむさんに~☆

>写真を見ると、さわやかな風が吹いてるような雰囲気が感じられますが、ほんとは汗がしたたってるんですね。

気温が33度を超えてたようです。
軒下とか木陰で吹く風は湿気が少なくとても爽やかでしたが、なにせ日陰がなければ炎天下、自然に汗が流れ出ます。
移動のバスに乗ってホッと一息でした。

まあむさんでしたら春と秋を中心にして数年かけて回られたらいいと思いますよ。


巡礼お疲れさま
今回で、私のなじみのところはおしまいですね~寂しいなぁ

これからも無事に、88箇所を回れますように~お祈りしています

大木さんに~☆

ありがとうございます。
お陰さまで徳島県内は今回で無事卒業しました。
宿が大木さんの地元であれば連絡させてもらおうと思ったんですが宿泊先が徳島市内やったんで断念したんですよ。
いつかお会いできることを楽しみにしていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114133/15924969

この記事へのトラックバック一覧です: 四国巡拝(17番から23番):

« ダイヤモンドシティ・テラス | トップページ | 暑気払い »

無料ブログはココログ