« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

四国巡拝(12番から16番)

昨日は晴天に恵まれいつもの大阪梅田をバスで出発、一路四国路に、最初のお参りは十六番札所の観音寺でご本尊は現世利益の仏さま「千手観音菩薩」である。P6230013

鐘楼門(写真)をはいるとすぐ右に「夜泣き地蔵」と言う名高い石仏があり、子供の夜泣きを封じてもらいに遠方からお参りにくると聞いた。

続いては十三番札所の大日寺でここのご本尊は災難よけの仏さま「十一面観世音菩薩」であった。P6230016

P6230018道路を挟んだお隣が阿波一ノ宮神社でここも参拝をした。P6230020             

 

続いて吉野川の支流の鮎喰川(あくいがわ)沿いの道をドンドン遡り標高800mの地にある焼山寺を目指す。流れてる川の水は青く清流そのものである。

前回の十一番札所藤井寺からこの十二番札所焼山寺までの山の中の道が1200年前空海が歩いた時の自然がそのまま残っている唯一の遍路道として5月には毎年記念ウオークが行われているが小生も昔歩いたなつかしくかつ険しい道である。

焼山寺は修験道の開祖である役の小角が開基し山深いP6230038地にある。P6230025_1 P6230032_1   

ご本尊は虚空蔵菩薩で知恵と記憶力を授けて下さる仏さま。

十四番の常楽寺はご本尊が弥勒菩薩で平和と希望を約束する仏さま。このお寺はあららぎの木の股のところに小さな弘法大師が祀られている。

また境内では断層のある大岩盤が自然に露出し流水岩の庭として有名である。P6230045 P6230044 P6230041

この常楽寺から次の十五番札所 国分寺までは歩いて移動した。ご本尊は薬師如来で病気を治す仏さま。P6230051 P6230052 P6230056

 

このツアー日帰りの行程は今回で終了し次回からは一泊二日になる。

仲間達と今後の日程調整も踏まえ梅田のアジア家庭料理店 asian kitchen で打ち上げを行った。

ワラビ

今朝ゲンキの散歩に近くの公園に行くと、季節外れのワラビがたくさん出ている。

幼い時代に戻ってワラビを摘んだ。収穫したワラビP6120012 の写真。

小学校の低学年頃だったように思う。

山好きの祖父が毎年春になると、薬草のセンブリやワラビを前の山に取りに行くのにお供した記憶がある。籠にいっぱいになるまで摘んでいた。

宝塚に住んですぐの頃、谷川沿いを散歩すると毎年ワラビがでており近所の人は摘んで食べないんかなぁ~なんて思ったことがあったが数年経ち谷川沿いに雑木林が茂り出すとワラビも出なくなってしまっている。

最近復活したスケッチP6120013 P6120014

ムクドリ

先日、裏の家の庭の木に小鳥の巣を娘が見つける。

ムクドリが2羽巣の近くを動いており産卵の準備であろうか・・・・・・・・

カラスが家の周辺に数羽来て鳴き声が聞こえてくると、ムクドリの姿が見えなくなる。

数年前にムクドリが金木犀の木に巣を作り2羽の雛を育てて巣立ったことがありムクドリが帰ってきて卵を産んで育てることを楽しみにしている。

写真は巣のある裏の家の庭P6070010_1 、真ん中の写真は実家で見たホタル袋の花、3枚目は先日帰省した時に両親と行った源義経が太刀を奉納した忌部神社P6020005 P6030009

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

無料ブログはココログ