« トホホ~からスタート | トップページ | 「感謝」 »

悲喜こもごも

3月下旬、毎年この時期になると職場で転勤や移動、そして退職の送別会が開かれる。

昨夜も送別の宴があり転勤する人、退職する人の挨拶を聞き、自分の過去とオーバーラップする。

三十半ばで最初の転勤を経験し、それから数多く移り変わったが今思うと移動により新たなキャリアの積み上げが出来たように思う。

中には自分の意に反する転勤等もありほろ苦い思い出として残っているが全体的に考えると心機一転、初心に帰れる良い機会であったと感謝している。

昨夜帰宅途中の公園で、ほころびかけた桜を見ながら後何回送別の宴に連なることができるかなぁ~としみじみ考えたしだいである。

« トホホ~からスタート | トップページ | 「感謝」 »

コメント

私自身は転校も転勤も経験ないので、新しい所に行って、馴染んでやっていく人はすごいなぁ・・と思います。きっとたくさんの得るものがあるんだろうな。

なずなさんに~☆

色々転勤を経験してその土地の食べ物に思い出がありますね。
鹿島(茨城県)は近くに利根川が流れており川魚など美味しかった記憶があります。造り、焼き物、テンプラ、煮物色々な料理方法で食べました。
また愛知県の知多半島ではオオダコの茹でたものが大皿に載って出てきて美味しくいただいたことがあるなぁ~

昨夜の送別会で一番遠くが豊岡であったけど、仕事関係でひとり東北の宮城県の旅立って行きます。行った先での活躍を願ってメールを送りました。

転勤のシーズンですね。

夫は、あまり、転勤のないところにいたのですが、ここ数年は、退職を前にして、あちこち飛ばされてます。^^;

夫は転勤しなかったけど、今週は、送別会オンパレードみたいです。(ーー;)

やすみさんに~☆

会社によってはジョブ・ローテーションなんて言う制度がありいやおうなしに定期異動がありますよね。
早い人は1年か2年で移動してしまいますね。

今週の送別会が終われば、出て行った人の後に新しいメンバーがきますから来週4月からは歓迎会ですね。

昔、桜の花の下で新入社員歓迎会をしてもらい、それからは迎える側で幾度となく宴を開いた記憶が残っています。

そうかぁ・・・春はそんな季節なんやねぇ(^_-)
ウチは転勤もなーんにも関係ないから(^_-)

私が乙女やった頃、勤め先での、歓迎会、送別会を思い出しましたわ。

今はお酒飲めんのやけど、
飲みたいとも思わないんやけど(^o^;
乙女の頃は、ちょっと位飲めましてん(^.^)
笑い上戸でしてんよ(^_-)

私は、父がしょっちゅう転勤していたので(北海道の中で)転校も多かった。

新しい場所、新しい環境に馴染むのが早いほうでした。

歓送迎会の季節ですね。
また夜遊び~☆♪

かずえさんに~☆

結婚前かずえさんはお勤めをしてはったんや!
歓送迎会で笑い上戸の人が居ると場が盛り上がりますよね。
少しアルコールを飲むと気持ちがおおらかになり、乙女の頃は楽しいお酒を飲んで職場の花ですね~♪


いずみさんに~☆

お父さんが転勤族でいずみさん達は一緒について回ったんですね。
そう~ うちの小学校にも中学校にも転校慣れしてる子が居ました。
みんなの前で転校の挨拶が上手ですぐ打ち解けてたなぁ~
いずみさんもきっとそんなお子だったんでしょうね。

歓送迎会好きのいずみさん、besoも必ず参加です~笑

人それぞれですが、一生のうちに何度、
出会い別れがあるんでしょね。
私も、ふと今までの道のりを考えて
ちょっぴり感傷にふけりました。

ワン子さんに~☆

ほんまやね!
人生って出会いと別れやねぇ~~
生まれいでて親や家族と出会い、学校で先生や友人と出会い、社会に出て先輩や同僚との出会い。
その中でまた別れは必ずありますよねぇ~
出合っただけ別れがあるのはわかってるけど切ないね。

私は出張は多かったけど、転勤は一度だけ
大阪でした。

大阪で覚えたのは、お好み焼き、焼きそばで
ビールを飲む、

福岡では、焼き鳥屋でビールを飲むけど、
お好み焼き屋でビールを飲む習慣はなかったので
お好み焼きは、ビールに合いますね。
大阪の味と思いました。

ボタ山はんに~☆

たった1度の転勤が大阪やったんですね。
大阪はお好み焼きや焼きソバでビール飲んだり、ご飯食べたり粉物が食生活の中にドンと位置づけられてるんですよね。
近所にお好み屋やたこ焼き屋さんがあってそこに仲間と銭湯帰りに立ち寄ってビール飲んで帰る寮生活も体験しましたわ。
また、ぜひ大阪に本場のお好み焼き食べにきてくださいね。きっと仲間が大勢集まると思いますよ。


おはようございます

花の春は、出会いと別れの季節でもありますね。
今年の春も、転勤、退職の通知が何通か届きました。
それらを拝見しながら、お一人お一人のお顔を思い浮かべ、
ひととき感慨に耽る今日この頃です。

我が家も、息子が4月1日付けで転勤します。
でも、これまでより近くになりましたので、みんな喜んでいるので~す♪

みっちょんさんに~☆

花の春は出会いと別れ・・・・・・・
一般的に転勤や退職の一番多いのが3月末日ですよね。

息子さんの転勤による移動で距離が近くなるのはいいプレゼントになりましたね。
今よりもっと顔を見る機会が増えると思いますよ。
このようなお話を聞くと心ほのぼので~す。


私も数多く転勤しましたが、記憶に残る転勤が二度有りました。

一つは、神奈川県に赴任したときに、転勤でなく「長期観光旅行に来た」と開き直り、湘南海岸近くに社宅を求め、早朝の投げ釣り後に出社したり、富士・箱根・伊豆を家族で巡り多くの想い出を作りました。

二つ目は、北海道への左遷?を、温泉・観光(雪祭り・流氷・花めぐり等々)・グルメを求めて全道を駆け巡ったことです。
また、青函トンネルを抜けて、青森県内も探索しました。

転勤が多くて、地元の友達はいませんが、各地に知人が出来て、今日でも年賀状は全国に発信しています。

イリスさんに~☆

神奈川は良かったと思います。
私は湘南海岸に若かりし頃1回だけ泳ぎに行った思い出があります。残念ながらそこで魚釣りの経験はないんですよ。今息子が神奈川に住んでるからもしかしたら釣りができるかも・・・・・・・・笑
イリスさんは北海道がお詳しいと思ってましたが青森も行かれたんですねぇ~
また、機会がありましたらお話を楽しみにしています。
私は道南は行ったことがあり少しだけわかりますがそれ以外は知らないからいつか行きたいと思っています。

うちの職場も小さな異動があって、ちょっとあれな上司が替わったので、みんなこっそり喜んでます(^_^;)

べつに定年退職される人があって、そちらでは別れの挨拶に涙する人もいて・・・
こちらも悲喜こもごもでした。

まあむさんに~☆

今日から新年度のスタートですね。
ちょっとあれな上司と言う表現に笑ってしまいましたよ。言い得てますね~
どこの職場に行っても居ると思いますわ。相性も少しはあるんでしょうけど・・・・・
定年まで勤め上げる方は退職にあたって感無量なとこがあるんでしょうねぇ~ 自分は途中でリタイアしたけど最後の定年までお勤めの方にホント頭が下がります。
長年この道一筋で頑張っておられた方の最後の挨拶は、感じるところがありますよね。

この時期、本当にいろいろですね。
新入社員さんの初々しい姿があるかと思えば、転勤、退職・・・いろいろなさよならもあって。
そういう節目に、それらをどう捉えるかも、人それぞれですね。10年で神様はなんらかのご褒美をくださるそうですが、30年、35年となると、きっと無形のご褒美があるはず・・・。

pixydustさんに~☆

転勤、退職等の節目節目のとらえ方はおっしゃる通り人それぞれ、千差万別やと思います。
ひとつの機会として前向きにとらえたいと思ってきてるんですが・・・・・・・
ひとつのことを長く続けることは得るものがとても沢山ありますよね~
きっと神様のご褒美でしょう~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲喜こもごも:

« トホホ~からスタート | トップページ | 「感謝」 »

無料ブログはココログ