« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ちょっと、いい話

先日親戚で不幸があり、お通夜に行った。

身内だけの食事の席。

隣席の喪主が会話の中で、「一が二になり、二が八になる」と言う話をした。

最初は何のことか、わからなかったんですぅ・・・・

故人は戦争未亡人で一人っ子を育て(喪主)、その一人っ子が結婚して二人の娘を育てました。

その二人の娘が結婚して、今、長女は五人、次女は三人の子育て真っ只中。

と言うことで、故人は曾孫八人他、家族に見送られ天国に旅立ちました。

「おふくろにとってええ人生やったんじゃないかなぁ~」 

寂しい中、特に印象に残った喪主の話でした。

阿波踊り・たらいうどん

P8120001_1 友人の見舞いに高松に行く。

香川と言えば、讃岐うどん

客の注文を聞いてから麺を打つというこだわりのお店に行く。

時間はかかるがさすがに腰、舌触り抜群のおいしいうどんを堪能した。

P8120002_1実家に着くと親父が手塩にかけて作ったスイカが出てくる。今年は良く出きたと聞くだけあって食べてみると非常に甘い。

土産に3個もらう。

P8130016_1 P8130020_1

地元で小学校の同窓会が開かれ2次会の席で紙飛行機の話になり、同級生が翌日実演してくれるとの事。

彼はセミプロの腕前であり全日本選手権で実績を残している。有志が集まり吉野川河川敷公園で紙飛行機を飛ばすも滞空時間の長さに衝撃を受ける。コーチしてもらい子供時代に帰った気持ちで楽しむ。

たかが紙飛行機、されど紙飛行機。

汗をタップリかき、近くにある御所のたらいうどんを食べに行く。谷川沿いにあり蝉時雨の中、友人達と昔話に花が咲いた。

ここのうどんも手打ちであり大きなタライに入って出てくる。昔は谷川のジンゾク(魚)をすくいダシをだして川原でタライに入ったうどんを食べた記憶が残っている。

P8130025_1 夕方から市内に出て踊り見物をする。

一昨年は踊り広場で踊ったが今年は見る阿呆~になって夜が更けるのも忘れて十二分に楽しんだ。

子供達の多い踊り子連は見ていてほのぼの~~♪

真夏のお客さん

P8070006 風蘭の棚にお客さんが来ていた。

我が家で気付くのは初めてである。

カメラを近づけても逃げない。

良く見ると足を負傷してる。

バッタは秋のイメージがあるのに・・・・・・・・・・・

少し時間を空けて見に行くといなくなっていた。

明日から実家に帰省します。

皆さん~いいお盆をお迎えくださいね。

RAUND1

恒例の納涼懇親会がラウンドワンで開かれた。

今回はボーリングと食事会。

ボーリングを2ゲームしてシニアは1G20ピンのハンディーもあり久々に上位の成績を上げることができた。

スコアーが良かったのでアップしますね・・・・・・・笑

P8050003

食事の会場は素材屋、飲み放題90分コース。

お造り、サラダ、香辛料の効いた鍋(中に豚肉、野菜、麺)等など・・・

すっかりいい気分になり帰路についた。

盛夏

関西は梅雨が明け本格的な夏がやってきました。

昨日はPLの花火大会も終わり、また今週金曜日、土曜日は宝塚も観光花火大会が模様されます。

夏の楽しみのひとつです。

先日、子供がお風呂場で珍しいものを見つけました。

アップしますね。

P7260019

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

無料ブログはココログ