« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

かえるの子

P6240001 久しぶりに沢山のおたまじゃくしを見ましたよ。

たくさんたくさん泳いでました。

場所は四国三郎 吉野川の支流の鮎喰川(アクイガワ)の上流、鬼籠野(オロノ)の少し先にある道の駅神山(カミヤマ)の裏の水田です。

ここは四国八十八カ所の12番札所焼山寺(ショウサンジ)から13番札所の大日寺に行く奥深い道沿いにあります。

下の写真は氏神一ノ宮さんとノンビリした温泉です。

P6240004 P6240006

アジの姿寿司は有名で時々食ますが川魚ヤマメの姿寿司は初めて食べました。

おいしかったですよ。

おたまじゃくしと珍しい地名と食べ物の紹介でした。

雑誌

サライの6月号を読んでいて矢萩春恵氏(1928年生まれ、書家で首相官邸に飾られた「凛」は有名であり、現在も約100人の弟子を持ち活躍中)のインタビュー記事を読んでこの文が印象に残った。

「贅沢の後に残る虚しさや、物欲の浅ましさに気付いていく。 それが年を重ねていくこと」

その年代、時代により読む雑誌も変わり、興味の対象や印象に残る言葉も変わってくる。

学生時代は朝日ジャーナルやプレイ・ボーイを読み、社会人になると週刊文集とか週刊現代、職場では週刊ダイヤモンドなど良く読んでいた記憶がある。

最近週刊誌はほとんど読まなくなり 本屋で立ち読みした時、読みたい内容が載った雑誌があればたまに買う程度になった。

後 手に取るのは理髪店、歯医者での待ち時間とか電車の中や図書館の閲覧室で雑誌、週刊誌を読むくらいかなぁ~

ここ数年ネットの情報で簡単に済ましている事も多いと思う。

 

ホタル

この時期になるとホタルを見に行く。

六甲山麓にある宝塚ゴルフ場で養殖したホタルが住宅街を流れ武庫川に注ぐ逆瀬川の草むらの中で淡い光をつけたり消したりしている。

ホタルの乱舞にはほど遠いがこの時期の風物詩のひとつである。

ぶらっと比叡山

いい天気に誘われて以前に読んだ小説「湖賊の風」の地へ急に行きたくなりJR湖西線・比叡山坂本駅で降りケーブルに乗る。

P6030019_1 ケーブル内より対抗したケーブルを写す。

このケーブルは日本一長いとか。(2キロで約11分)

上からの眺めは残念ながら霞んで琵琶湖が見えなかった。

東塔に着くと邦楽が流れおごそかな行列に出遭う。

開祖伝教大師最澄の命日が明日であり法要がとりおこなわれるとか・・・・

P6030024_1 P6030030

上右の写真は国宝根本中堂を文珠楼より写す。

中に入ると本尊薬師如来像の前には不滅の法灯(1,200年消えることないとか)が灯っている。

P6030035_2 P6030039

西塔のにない堂と浄土院

釈迦堂の前のベンチで持参の昼食、三角おにぎりを食べる。

山の日当たりのいい場所はツツジの群生が見られ赤・白・桃色等など・・・・

P6030040 散策の後、京都洛北に叡山ケーブルで下山し帰路についた。

入梅前の休日を楽しみ、またいい汗を流すことができた。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

無料ブログはココログ