« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

なんでやねん!

コメント欄にコメントを書こうとすると文字化けしてしまう。
かろうじて直接入力は可能である。
キーボードからの変換機能が狂ってしまってるようだ。
ヘルプを見ると「ことえり」の再インストール等など
MACのOSを再インストールしたが問題解決しなかった。
まぁ〜 ここに書き込みできるだけで当面は「よし」とせざるを得ない。
Windowsの入った別のパソコンでコメントの記入ができた。
当分あれやこれややってみる必要がある。
その中でデジカメの画像のアップもうまくできたらいいのになぁ〜

カラス

早朝の犬の散歩中に必ず会うカラスがいる。

ほとんど1羽であるがたまに2羽3羽。

人の気配を感じると電線に飛び立ち様子をうかがっている。

その場所はゴミステーションになっており家庭の生ゴミを捨てるところで金網の箱に捨てるようになっているが中まで入れずに側に置く人がたまに居る。

一度、生ゴミをあさり胃袋を満たしているとこを見かける。

カラスのたくましさを思うとともにテリトリーはどのくらいの範囲かなぁ~なんて考えた。

サフィニア

真夏に似合う真紅のサフィニア

ここ数年毎年、みごとな花を咲かせてくれる。

太陽に負けないような大輪の花サフィニア

鉢いっぱいに咲き誇っている。

デジカメで撮影したけど、PCの機種が古くて画像がアップできないのは

ほんとうに残念である。

エ・アロール

「エ・アロール それがどうしたの」 渡辺淳一著を昨日図書館から借りて読み始めた。

愛知県の友人がブログで本紹介してる文章にひかれてである。

まだ全部読んでないが非常に読みやすく第二の人生の生き様が小説で紹介されている。仏語 エ・アロールの日本語訳が 「それがどうしたの」であるとの事。物事についてそれがどうしたのとの考えた上で対応したらもっと新しい発想がでるかもしれないと思う。

抜け殻

昨日帰宅途中道路脇になにやら落ちている。

近寄って見るとセミの抜け殻であった。

数日前からセミが朝からにぎやかに鳴き出したところである。

地中で長く暮らし、地上にでてからは約1週間の命であると聞く。

脱皮した後、広い空を飛び樹液を吸って、つかの間の生を謳歌するのであろう。

休日

休日の使い方は最近家でのんびりする事が多くなった。

愛犬の散歩、 図書館で借りてきた本を読む、東洋ランの手入れ、また頼まれれば コープに買出しに行き夕食の料理作りなど・・・・・・・

家で居る時は時間の流れがゆっくり進むように感じる。

ギャンブル

ナンバーズ、宝くじ、 今まで当たったのは3,000円までやなぁ~

競馬は中穴まで、でも特券じゃないからなぁ~

パチンコ、ここしばらくやってないけど単身赴任の時80,000円くらい勝った記憶があるけど通算すると大負けやろなぁ~

スロットも一桁しか勝ってないし・・・・・

マージャンは最近回数が減ったけど収支はプラスの気がするなぁ~  強い人とは一回で止める(笑い)

パソコン通信に想う

昨日はパソコン通信時代からの友二人にコメントをもらう。
パソコン通信のなかで何十人またオフ会でも百人を超える方々とおつき合いさせてもらったけど長く続く人とその場で終わってしまう人がいる。
フォーラムの掲示板に初めて書き込む時の不安・・・・・
コメントがついて帰ってきた嬉しさ・・・・
友達の輪がどんどん広がる喜び・・・・
突然音信不通になる人・・・・・
毎年オフ会の時期になると計画をアップしてくれる友人・・・・
ネットを初めてからの体験は今の自分にとって貴重な財産になっている。
これからもネットを楽しんでいきたいと思っている。

七夕祭り

昨日帰りの電車の中で笹を持っている女性を見かけた。「明日七夕なんやなぁ~」と頭の中がタイムスリップした。

子供が小さい頃何回か玄関前に願い事を書いた笹を飾った記憶、また自分が小さい頃おやじがとってきた笹に願い事を書いた記憶がある。

何を書いてあったか、何を書いたかまったく覚えていないのに、七夕が終わると笹を川に流しに行った記憶が残っている。

おいしい水

今朝は久しぶりに愛犬の散歩がてら、おいしい涌き水を汲みに行った。
六甲山の一角に清水の湧き出ている場所がある。着くと先客がおり夫婦でペットボトル十数本に詰めている。毎週1回汲みにきてるとの事。
自分の順番がきたのでペットボトル2本に詰めていると、次の人がやってきた。
日曜日は多いのか、それとも昨日は雨だったので今日くる人が多いのかわからない。
詰めたボトルをリックに入れ山道を下る。
おいしい清水がまた飲める。

これをやらなきゃ始まらない&終わらない!

トラックバックの初挑戦。

指定されたテーマについて記事を書いてみたい。

今の仕事に変わってから我が家の愛犬の朝の散歩を担当するようになったんですわ。

うん年前の2月の寒い時だった記憶がある。30分以上常に散歩を習慣つげられているため散歩中に早く帰ろうと自宅に向かっても抵抗する習性が身についてしまっている。

朝目覚めてゆっくりしてようものなら、鳴いて散歩をせがむし子供レベルのききわけのない愛犬の要求である。

雪の日も台風の日も365日我が家に居るかぎり愛犬の散歩から一日がスタートする。

おふくろに言わしたら「健康つくりの源が愛犬の散歩だよ」と、のたまわく(笑)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

無料ブログはココログ